スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2021年04月12日 (13:39)

土岐アクアシルヴァの里山に展望台が完成【散策路も整備】

ボランティア団体「久尻の里山を愛する会」
(河合哲心会長)は、土岐市泉町久尻の里山
「やすらぎの森」(土岐市有地)を整備し、
約180メートルの散策路を設置した。
やすらぎの森は、標高353メートル。
工業団地「土岐アクアシルヴァ」の北方、
アサヒフォージ株式会社・土岐工場の近くにある、
「アクアシルヴァ高区配水池」に隣接している。
01TN1_2715.jpg02TN1_2708.jpg03TN1_2445.jpg
04TN1_2453.jpg05TN1_2447.jpg06TN1_2456.jpg
久尻の里山を愛する会は、久尻区が、
土岐アクアシルヴァに進出した企業から、
「北側の山に、散策路を設けて、
展望台を設置できないか」との提案を受けたため、
昨年、令和2(2020)年6月2日に発足。
50歳代から80歳代まで、久尻区民ばかり、
約20人の会員で、ボランティア組織を立ち上げた。
同会では、この里山を「やすらぎの森」と名付け、
昨年10月から、伐採作業を開始。
101段の階段を手作りし、
頂上までの散策路(遊歩道)を整備した。
07TN1_2477.jpg08TN1_2500.jpg09TN1_2526.jpg
10TN1_2535.jpg11TN1_2538.jpg12TN1_2543.jpg
久尻の里山を愛する会の活動を受け、
土岐アクアシルヴァ内の企業10社でつくる、
「土岐アクアシルヴァ連絡協議会」は、
やすらぎの森の山頂に、展望台を建設。
展望台は、木製のデッキ構造で、
高さは約4メートル・上部は3・6メートル四方。
建物としては、土岐市環境センターが見える。
13TN1_2552.jpg14TN1_2561.jpg15TN1_2565.jpg
16TN1_2576.jpg17TN1_2578.jpg18TN1_2610.jpg
本日は、展望台の竣工(しゅんこう)式を開き、
関係者約40人が出席。
来賓として、安藤義雄久尻区長や、
日本芸術院会員で、日展副理事長の彫刻家・
神戸峰男さん(※神は異体字)のほか、
地元選出の市議らを招いた。
19TN1_2617.jpg20TN1_2626.jpg21TN1_2632.jpg
22TN1_2639.jpg23TN1_2652.jpg24TN1_2663.jpg
神事が執り行われた後、展望台の贈呈式を開催。
土岐アクアシルヴァ連絡協議会の前会長で、
株式会社アドマテックスの安部賛代表取締役社長が、
久尻の里山を愛する会の河合哲心会長に、
目録とプレートを手渡した。
25TN1_2669.jpg26TN1_2518.jpg27TN1_2514.jpg
28TN1_2682.jpg29TN1_2700.jpg30TN1_2695.jpg
河合哲心会長(82歳)は、
「土岐アクアシルヴァ連絡協議会の皆さまには、
展望台を寄贈していただき、感謝します。
今後は、久尻の里山を愛する会が、責任を持って、
展望台の維持管理に努めます。
そして、やすらぎの森周辺を、自然環境と調和した、
憩いの広場にするため、整備を続けていきます。
展望台をシンボルタワーとし、
土岐アクアシルヴァで働く社員の皆さんにも、
喜ばれるような活用を推進します」と述べ、
安部賛前会長(すすむ)に感謝状を贈った。
31TN1_2689.jpg32TN1_2467.jpg33TN1_2677.jpg
なお、久尻の里山を愛する会では今後、
案内看板やベンチなどを設置する予定。
また、シデコブシが観察できるように、
やすらぎの森の東側、「北畑池」の方へ、
散策路を延伸するとのこと。
※アクアシルヴァ高区配水池は、下の地図を参照。
カテゴリ : 人物&団体記事のURL

2021年04月11日 (22:21)

東濃5市の新型コロナの感染動向【岐阜県内では5136例目】

岐阜県は、
4月10日(土曜日)・4月11日(日曜日)に、
新型コロナウイルスに関連した、
感染症の症例の報告があったと、発表した。
検査の結果、陽性が確認されたもので、
岐阜県での患者の発生は、5136例目を数えた。
東濃5市での感染者の発生状況は次の通り。

《5009例目》多治見市(60代・男性)
[発症日]4月7日(水曜日)
[陽性判明日]4月10日(土曜日)
[渡航歴]─
[備考]─

《5010例目》土岐市(70代・女性)
[発症日]4月6日(火曜日)
[陽性判明日]4月10日(土曜日)
[渡航歴]─
[備考]4995例目の濃厚接触者(家族)

【多治見市】289人(+1人)
【土岐市】147人(+1人)
【瑞浪市】72人
【恵那市】39人
【中津川市】96人
【東濃5市】計643人(+2人)
【岐阜県】計5136人
《岐阜県内検査分》5022人
《他自治体検査分》114人
【岐阜県死亡者数】129人
※空港の検疫で陽性が確認された人は含まず。

2021年04月11日 (16:34)

下石陶磁器工業協同組合が記念誌「下石焼陶祖四百年史」を発刊

下石陶磁器工業協同組合
(加藤晃一理事長・組合員数=78社)は、
記念冊子「下石焼陶祖・四百年史」を発行。
本日、組合会館(土岐市下石町)の敷地内、
下石陶祖碑(陶祖之碑)の前で開かれた、
令和3(2021)年「下石町陶祖祭」
(下石焼陶祖四百年祭)の席上で、披露した。
01TN1_2435.jpg02TN1_2316.jpg03TN1_1977.jpg
04TN1_1983.jpg05TN1_1992.jpg06TN1_1998.jpg
07TN1_2007.jpg08TN1_2019.jpg09TN1_2028.jpg
下石の陶祖(初代)は、江戸時代の前期に生きた、
加藤庄三郎氏家とされる。
庄三郎氏家は、現在の土岐市泉町定林寺の人で、
下石村(当時)の庄屋・林清兵衛吉重の娘と結婚。
加藤家が世襲していた定林寺の「窯株」を用いて、
下石村の桜ヶ根で、築窯したとされる。
加藤庄三郎氏家の開窯時期については、
元和年間(1615─1624)とされるが、
正確な年月日が記された文献は、見付かっていない。
下石陶磁器工業協同組合では、
元和7(1621)年とし、今年、
令和3(2021)年を、開窯400年とした。
10TN1_2035.jpg11TN1_2049.jpg12TN1_2053.jpg
13TN1_2170.jpg14TN1_2177.jpg15TN1_2192.jpg
16TN1_2202.jpg17TN1_2233.jpg18TN1_2264.jpg
下石町陶祖祭は、陶祖の遺徳をしのぶため、
毎年4月の第2日曜日に開催。
下石町陶祖祭協賛委員会
(加藤晃一委員長)が主催し、
下石町区長会の宮地喜博会長ら、
関係者約50人が出席した。
来賓として、加藤淳司市長や、
山内房壽県議らを招き、神事を執り行った。
19TN1_2279.jpg20TN1_2219.jpg21TN1_2284.jpg
22TN1_2281.jpg23TN1_2289.jpg24TN1_2296.jpg
25TN1_2297.jpg26TN1_2211.jpg27TN1_2425.jpg
下石町陶祖祭協賛委員会の委員長で、
下石陶磁器工業協同組合の理事長を務める、
加藤晃一さん(株式会社山志製陶所社長・
下石陶祖第15代・60歳)は、
「400年前の1621年に、
下石の陶祖・加藤庄三郎氏家公によって、
この地に陶業が運ばれてきた。
それ以降、下石は陶器のまちに生まれ変わり、
400年にわたって、発展してきた。
庄三郎氏家公の功績は、非常に大きく、
本日は、陶磁器関係者はもちろん、
下石町の各組織の代表者の皆さんにも、
集まっていただき、遺徳をしのぶことができた。
現在、新型コロナウイルス感染症の影響を、
陶磁器業界も受けており、厳しい時期が続いている。
しかし、戦争や災害など、
幾多の困難を乗り越えられてきた先人を思う時、
強い志(こころざし)があれば、
私たちもコロナを乗り越えられると、信じている。
今後は、時代の流れに沿いながら、
一番必要としているものは何かを考え、行動し、
次の世代へと引き継いでいくことが、我々の責務。
そのためにも、皆様方には今後も、
ご指導・ご支援をよろしくお願いします」と述べた。
28TN1_2325.jpg29TN1_2331.jpg30TN1_2332.jpg
31TN1_2370.jpg32TN1_2385.jpg33TN1_2399.jpg
34TN1_2409.jpg35TN1_2417.jpg36TN1_2413.jpg
陶祖祭終了後には、組合会館の2階で、
「下石焼陶祖四百年記念講演会」を開催。
「下石焼と陶祖」を演題に、
前土岐市立陶磁器試験場長の林順一さんと、
公益財団法人土岐市文化振興事業団の学芸員・
中嶌茂さんが、講師を務めた。
2人とも「下石焼陶祖・四百年史」の執筆を担当した。
【下の画像4枚は、記念誌より抜粋】
web01-oroshi400-EPSON149.jpgweb02-oroshi400-EPSON150.jpg
web03-oroshi400-EPSON151.jpgweb04-oroshi400-EPSON152.jpg
記念誌「下石焼陶祖・四百年史」は、
A4判・57ページ(カラー)。
500部を印刷した。
非売品だが、読みたい人は、
下石陶磁器工業協同組合
(TEL0572─57─6101)に、
問い合わせること。
カテゴリ : 人物&団体記事のURL

2021年04月10日 (21:41)

東濃5市の新型コロナの感染動向【岐阜県内では5122例目】

岐阜県は、
4月9日(金曜日)・4月10日(土曜日)に、
新型コロナウイルスに関連した、
感染症の症例の報告があったと、発表した。
検査の結果、陽性が確認されたもので、
岐阜県での患者の発生は、5122例目を数えた。
東濃5市での感染者の発生状況は次の通り。

《4995例目》土岐市(80代・男性)
[発症日]4月7日(水曜日)
[陽性判明日]4月9日(金曜日)
[渡航歴]─
[備考]─

《4998例目》多治見市(10代・女性)
[発症日]4月2日(金曜日)
[陽性判明日]4月9日(金曜日)
[渡航歴]─
[備考]大阪市の陽性者の濃厚接触者(親族)

《5008例目》恵那市(70代・男性)
[発症日]調査中
[陽性判明日]4月10日(土曜日)
[渡航歴]調査中
[備考]─

【多治見市】288人(+1人)
【土岐市】146人(+1人)
【瑞浪市】72人
【恵那市】39人(+1人)
【中津川市】96人
【東濃5市】計641人(+3人)
【岐阜県】計5122人
《岐阜県内検査分》5008人
《他自治体検査分》114人
【岐阜県死亡者数】129人
※空港の検疫で陽性が確認された人は含まず。

2021年04月09日 (23:47)

東濃5市の新型コロナの感染動向【岐阜県内では5098例目】

岐阜県は、
4月8日(木曜日)・4月9日(金曜日)に、
新型コロナウイルスに関連した、
感染症の症例の報告があったと、発表した。
検査の結果、陽性が確認されたもので、
岐阜県での患者の発生は、5098例目を数えた。
東濃5市での感染者の発生状況は次の通り。

《4962例目》多治見市(30代・男性)
[発症日]4月7日(水曜日)
[陽性判明日]4月8日(木曜日)
[渡航歴]─
[備考]4941例目
(美濃加茂市・40代・男性)の接触者(職場)

《4963例目》多治見市(60代・男性)
[発症日]4月3日(土曜日)
[陽性判明日]4月8日(木曜日)
[渡航歴]─
[備考]愛知県の陽性者の接触者(職場)

【多治見市】287人(+2人)
【土岐市】145人
【瑞浪市】72人
【恵那市】38人
【中津川市】96人
【東濃5市】計638人(+2人)
【岐阜県】計5098人
《岐阜県内検査分》4985人
《他自治体検査分》113人
【岐阜県死亡者数】129人
※空港の検疫で陽性が確認された人は含まず。
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。