スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年07月12日 (17:20)

瑞浪中学校の1年生が絵付け体験【地場産業を知ろう】

瑞浪市立瑞浪中学校
(土岐町・藤井雅明校長)の1年生116人が、
瑞浪市産業振興センター(上平町)で、
絵付け体験を行った。
01DSC_2717_2018071217403539e.jpg02DSC_2722.jpg03DSC_2723.jpg
04DSC_2735.jpg05DSC_2745.jpg06DSC_2741_20180712174042694.jpg
瑞浪中学校では、
本年度、平成30(2018)年度から、
瑞浪市の陶磁器産業について学んだり、
ものづくりの魅力を感じたりすることで、
郷土愛や職業観を養おうと、
総合的な学習の時間を使った、
「生き方追究学習」を開始。
今年の6月には、
瑞浪市産業振興センター内にある、
瑞浪市唯一の陶磁器販売専門店
ちゃわん屋みずなみ」を見学し、
種類とデザインの両面から、
商品の良さを感じ取った。
07DSC_2783_20180712174044c53.jpg08DSC_2750.jpg09DSC_2780_201807121740466ca.jpg
10DSC_2789.jpg11DSC_2730.jpg12DSC_2807_20180712174131da9.jpg
また、7月10日(火曜日)には、
陶芸家の松尾剛さん
(瑞浪市明世町山野内・38歳・つよし)を、
学校に招いて、市松模様・青海波模様など、
日本古来から伝わっている図柄や、
陶磁器のデザインについても学習。
本日の絵付け体験を前に、
器の使用場面を具体的に考えた、
デザイン画を描いた。
13DSC_2802.jpg14DSC_2794.jpg15DSC_2801.jpg
16DSC_2805.jpg17DSC_2827.jpg18DSC_2761.jpg
絵付け体験の講師は、
松尾剛さんをはじめ、
瑞浪陶磁器卸商業協同組合の
野口智夫専務理事や、
陶磁器メーカーで陶磁器商社でもある、
桜山(土岐町・おうざん)の渡辺恒光社長
瑞浪市窯業技術研究所の
大野万里子管理係長の4人が務めた。
19DSC_2766.jpg20DSC_2772.jpg21DSC_2768.jpg
生徒らは、素焼きがされた、
大・小の茶わんと大・小のフリーカップの
計4種類から、1つを選択。
事前に描いてきたデザイン画を基に、
まずは鉛筆で、下書きをした。
筆を使った下絵付けでは、
細かな図柄を丁寧に描き込む生徒もいれば、
ろくろを回して、一筆で仕上げる生徒もおり、
バラエティーに富んだ作品が、完成した。
22DSC_2834.jpg23DSC_2812.jpg24DSC_2821.jpg
なお、焼成は、
瑞浪陶磁器卸商業協同組合のメンバーが担当。
今年、瑞浪市産業振興センターに導入された、
「電気窯」で焼き上げる。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月12日 (13:38)

陶小学校の4年生が「アート狛犬」を作陶【中京学院大学プロジェクト】

瑞浪市立陶小学校
(瑞浪市陶町水上・加納素介校長)の4年生18人が、
「陶与左衛門窯」(すえよざえもんがま)に隣接する、
「陶房」(瑞浪市陶町大川)で、
作陶体験「アート狛犬(こまいぬ)づくり」に励んだ。
01DSC_2613_201807121359109d4.jpg02DSC_2614.jpg03DSC_2624.jpg
陶小学校では、毎年、
各学年ごとにテーマを決め、作陶。
6連房式登り窯「陶与左衛門窯」で、焼成している。
4年生は、「動物のすむ器」をテーマに、
今年の6月に、作陶を済ませたが、
今回は、それとは別に、
中京学院大学短期大学部(瑞浪市土岐町)の
保育科の学生が企画した、地域活性化プロジェクト
アート狛犬2018─美濃焼・陶町の狛犬展─」の
一環として、陶製の狛犬づくりに取り組んだ。
04DSC_2622_20180712135915db2.jpg05DSC_2630.jpg06DSC_2628.jpg
07DSC_2631.jpg08DSC_2634.jpg09DSC_2644.jpg
作陶指導は、陶芸家の村瀬昌平さん
(瑞浪市学園台・閑月窯)のほか、
陶町明日に向って街づくり推進協議会与左衛門部会
(水野博文部会長)のメンバー、5人が務めた。
10DSC_2645.jpg11DSC_2647_20180712135957031.jpg12DSC_2653.jpg
13DSC_2655_2018071213595982f.jpg14DSC_2668.jpg15DSC_2667.jpg
児童らは、新聞紙で包んだ、
トイレットペーパーの芯(しん)に、
板状の粘土「たたら」を巻き付けて、
狛犬の胴体を制作。
丸めた新聞紙に粘土をかぶせて、頭部にした。
口を開けた狛犬と、口を閉じた狛犬で、
「あ・うん」の対になるように、1人2体を作った。
舌を出したり、まゆ毛を太くしたりして、
ひょうきんな狛犬に仕上げた。
16DSC_2707.jpg17DSC_2712.jpg18DSC_2675.jpg
19DSC_2686.jpg20DSC_2694.jpg21DSC_2698.jpg
狛犬は、陶与左衛門窯にある電気窯で、
素焼きをした後、児童が絵付けを行う。
その後、6連房式登り窯
「陶与左衛門窯」で、本焼成する。
今年の陶与左衛門窯の焼成は、
9月20日(木曜日)から、
9月24日(月曜日・祝日)まで。
完成した狛犬は、10月31日(水曜日)まで、
陶町の「本町通り」に、展示する予定。
web-EPSON564.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月11日 (11:45)

日吉幼児園で交通安全教室【H30「夏の県民運動」がスタート】

瑞浪市立日吉幼児園(日吉町・伊藤聡美園長)で、
「交通安全教室」が開かれた。
01DSC_2296.jpg02DSC_2300.jpg03DSC_2311_20180711121029241.jpg
日吉幼児園では、年7回、「交通安全教室」を開催。
今回は、平成30(2018)年度の
夏の交通安全県民運動
(7月11日~7月20日)に合わせて、実施した。
04DSC_2320.jpg05DSC_2327.jpg06DSC_2335_2018071112103215b.jpg
交通安全教室には、
3歳児から5歳児まで、計29人が参加。
講師として、
多治見警察署日吉警察官駐在所の市川幸夫巡査部長、
東濃地区交通安全協会瑞浪支部の市川晴宣支部長、
同瑞浪支部日吉分会(大竹徳久分会長)のメンバー2人、
瑞浪市交通指導員2人が、来園した。
07DSC_2344_20180711121033fb3.jpg08DSC_2349.jpg09DSC_2355.jpg
園庭には、信号機を立てたり、
横断歩道の線を引いたりして、「模擬道路」を設置。
市川幸夫巡査部長と瑞浪市交通指導員が、
信号機の色の意味や横断歩道の渡り方などを、
分かりやすく教えた。
10DSC_2362_20180711121038028.jpg11DSC_2368.jpg12DSC_2369.jpg
園児たちは、指さしをしながら、
「1回止まって、右見て、左見て、右見て、
信号見て、渡って良し」と元気な声で叫び、
横断歩道を渡った。
13DSC_2374.jpg14DSC_2376.jpg15DSC_2396.jpg
最後に、園児らは、
パトカーの前で、記念写真を撮ったり、
ハンドルを握ったりして、喜んでいた。
16DSC_2401.jpg17DSC_2385.jpg18DSC_2392.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月10日 (18:15)

長谷川世奈さんが全国こどもチャレンジカップへ

瑞浪市立瑞浪小学校の1年生、
長谷川世奈さん(瑞浪市穂並・6歳・せな)が、
「全国こどもチャレンジカップ・第11回全国大会」
(大田区総合体育館《東京都大田区》・
7月21日《土》~22日《日》開催)に出場する。
指導者・母親・妹と一緒に、瑞浪市役所を訪れ、
水野光二市長に、全国大会への意気込みを語った。
01DSC_2193.jpg02DSC_2197.jpg03DSC_2207.jpg
長谷川世奈さんは、3歳から、「スタジオf
(スタジオ.エフ・中津川市手賀野)を主宰する、
荻野房子さん(フィットネス・インストラクター、
おぎの・ふさこ)の指導を受けている。
今年の2月25日に、
長野県で開かれた「地区大会」において、
エアロビクス部門で、3位に入り、
全国大会への出場権をつかんだ。
04DSC_2216.jpg05DSC_2221_201807101903253b0.jpg06DSC_2223.jpg
「全国こどもチャレンジカップ・第11回全国大会」は、
一般社団法人日本こどもフィットネス協会
全国こどもチャレンジカップ大会運営委員会が主催。
長谷川世奈さんは、
チャレンジサーキット(個人戦)の
リトル部門(2歳~小学1年生)に出場する。
全国大会では、「アクティビティ」
(ボールを使ったエクササイズ)を10分、
「エアロビクス」を10分披露。
5分間の休憩(着替え)後、
さらに「ヒップホップ」を10分踊る。
07DSC_2227.jpg08DSC_2231.jpg09DSC_2234_2018071019033158c.jpg
10DSC_2237.jpg11DSC_2242.jpg12DSC_2259.jpg
長谷川世奈さんは、
「入賞の7位までに入りたい。
頑張ります」と抱負を述べた後、
元気いっぱいのダンスを披露した。
13DSC_2272.jpg14DSC_2282.jpg15DSC_2276.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月09日 (16:10)

釜戸中学校で不審者対応訓練【H30第2回「命を守る訓練」】

瑞浪市立釜戸中学校
(間宮弘一校長・釜戸町)で、
「平成30(2018)年度・
第2回・命を守る訓練」が行われた。
01DSC_1916.jpg02DSC_1922_20180709163547bf5.jpg03DSC_1925.jpg
04DSC_1927.jpg05DSC_1932.jpg06DSC_1935.jpg
釜戸中学校では、年5回、
「命を守る訓練」を実施。
本年度の第1回目は、
「地震」と「火事」の発生を想定し、
4月12日(木曜日)に行った。
第2回目の本日は、
「不審者」の侵入を想定し、
全校児童78人と、
学校職員12人が取り組んだ。
07DSC_1939.jpg08DSC_1940.jpg09DSC_1942.jpg
10DSC_1945.jpg11DSC_1954.jpg12DSC_1957.jpg
訓練は、多治見警察署が協力。
多治見警察署スクールサポーター兼
地域安全活動アドバイザーの
富松高行さん(元警察官)と、
多治見警察署生活安全課の
警察官(巡査長)が来校した。
13DSC_1960.jpg14DSC_1967.jpg15DSC_1975.jpg
16DSC_1983.jpg17DSC_1986.jpg18DSC_1991.jpg
現職の警察官が、不審者役を熱演。
「オレの子供はどこや!」などと叫びながら、
手にした棒で、教師や生徒を威嚇した。
教師が、不審者の対応をしている間に、
生徒らは速やかに、反対側へと避難した。
当初、侵入は、
1年生の教室だけ、という想定だったが、
不審者役の警察官は、階段を駆け上がり、
そのまま2年生の教室にも突入。
想定外の事案に対しても、教師や生徒が、
冷静な行動がとれるかを、確認した。
19DSC_1994.jpg20DSC_2000.jpg21DSC_2004.jpg
22DSC_2023.jpg23DSC_2037.jpg24DSC_2041.jpg
教師らは、トランシーバーを使って、
互いに連絡を取り合いながら、
不審者役を追い込むと、
刺股(さすまた)などで、取り押さえた。
25DSC_2047.jpg26DSC_2054.jpg27DSC_2056.jpg
28DSC_2063.jpg29DSC_2066.jpg30DSC_2069.jpg
訓練終了後には、体育館で、
「反省会」を開催。
富松高行さんが、手をつかまれたり、
羽交い締めにされたりした際の護身術や、
刺股の使い方などを教えた。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。