スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年06月18日 (22:19)

日吉中3年の堀部愛さんが代表に【第38回・瑞浪市主張大会】

第38回「瑞浪市主張大会」が、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で開かれ、
市民ら約300人が、若者の叫びに耳を傾けた。
01DSC_6632.jpg02DSC_6583.jpg03DSC_6602.jpg
瑞浪市内にある、公立・私立を含め、
全小・中・高の各学校から選ばれた、
代表の児童や生徒が熱弁。
将来の夢や、日ごろの思いなどを語った。
司会は、地元の高校生5人が、
審査員は、舘林辰郎市議を審査員長に、
五嶋久年瑞浪市教育長職務代理者ら7人が、
それぞれ務めた。
ちなみに、今年も、
「一般の部」での発表者は、いなかった。
04DSC_6605.jpg05DSC_6615_2017061822443021e.jpg06DSC_6654.jpg
「小学生の部」には、6年生ばかり、7人が登壇。
審査の結果、
瑞浪小学校の渡邉愛友さん
(わたなべ・あゆ)が、
最優秀賞に選ばれた。
01DSC_6743.jpg02DSC_7488_20170618223151e93.jpg03DSC_7498.jpg
優秀賞は、次の皆さん(発表順)。
田中昂輝(日吉小)・森川未来翔(土岐小)・
町野春風(陶小)・和田陽菜花(稲津小)・
小池悠朔(明世小)・藤本禾帆(釜戸小)
04DSC_6696_20170618223154bfc.jpg05DSC_6774.jpg06DSC_6807.jpg
07DSC_6828.jpg08DSC_6847_201706182232000d7.jpg09DSC_6884.jpg
「中学生の部」には、3年生ばかり、6人が登壇。
審査の結果、
日吉中学校の堀部愛さん
(ほりべ・まな)が、
最優秀賞に選ばれた。
01DSC_7118_201706182236011d4.jpg02DSC_7505.jpg03DSC_7516.jpg
「伝統の中で生きる」を演題にした、
堀部愛さんは、3年前から、
瑞浪市無形民俗文化財「美濃歌舞伎」を、
習っている。
昨年は、演目「戎詣恋釣針・釣女」で、
醜女(しこめ)の役に挑戦。
「醜い女性を演じるため、
ひどい化粧や、おかしな動き。
大好きだった地歌舞伎に、行きたくないとか、
三味線を担当する、同級生がうらやましいなどと、
家族や友達にぶつけてしまい、困らせた。
しかし、地歌舞伎の先生から、
『嫌な役でも、誰かがやらなければ、
地歌舞伎の伝統と誇りが、
途絶えてしまう』と、教えられた」と語った。
後継者不足についても触れ、
「歌舞伎には、人に笑顔を与える力がある。
本来の役者ではない、
一般の人々が受け継いできた伝統を、
私たちの代で、途絶えさせたくはない。
私たち後継者が、先人たちの思いと伝統を、
未来へとつなぐべき」と、力強く述べた。
07DSC_6664.jpg08DSC_7358.jpg09DSC_7393.jpg
堀部愛さんは、瑞浪市の代表として、
7月6日(木曜日)に開かれる、
「東濃地区選考委員会」(テープ審査)に、
推薦された。
なお、東濃地区からは、3人が、
8月8日(火曜日)に中津川市で開かれる、
県大会へ出場する。
10DSC_7398.jpg11DSC_7409.jpg12DSC_7416.jpg
優秀賞は、次の皆さん(発表順)。
齋木祐舞(麗澤瑞浪中)・河口めぐ(瑞浪中)・
浅井勇馬(瑞陵中)・岩島萌夏(瑞浪南中)・
與川美佑(釜戸中)
04DSC_6929.jpg05DSC_6943_201706182236061b2.jpg06DSC_6988.jpg
07DSC_6992.jpg08DSC_7174_20170618223612937.jpg
「高校生の部」には、2年生ばかり、3人が登壇。
審査の結果、
麗澤瑞浪高校の伊藤優花さん
(いとう・ゆうか)が、
最優秀賞に選ばれた。
01DSC_7279.jpg02DSC_7523.jpg03DSC_7532.jpg
優秀賞は、次の皆さん(発表順)。
水野杏菜(瑞浪高)・安達璃香(中京高)
04DSC_7210.jpg05DSC_7299_201706182240447c9.jpg
表彰式の前には、アトラクションがあり、
「MJC」(みずなみ児童合唱団)のメンバーが、
歌や踊りを披露した。
MJCは、昭和47(1972)年から、活動しており、
現在のメンバーは、幼児園の年長児から、
高校1年生まで、35人。
6年前から、ミュージカルを取り入れている。
13DSC_7426.jpg14DSC_7453.jpg15DSC_7475.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年06月16日 (20:49)

土岐小学校の5年生53人が土岐川で環境学習

瑞浪市立土岐小学校
(土岐町・清水憲雄校長)の5年生53人が、
学校の横を流れる土岐川で、
環境学習「カワゲラウオッチング」を行った。
01DSC_5738.jpg02DSC_5750_20170616205053911.jpg03DSC_5757.jpg
04DSC_5767.jpg05DSC_5778.jpg06DSC_5784.jpg
土岐小学校の5年生は、毎年、
土岐川について学ぼうと、
川の水質検査を行ったり、
生き物の種類を調べたりしている。
自分たちが住んでいる周辺の自然や、
土岐川の様子を理解することで、
環境保護について考える、
きっかけにしている。
07DSC_5780.jpg08DSC_5790.jpg09DSC_5798.jpg
本日の環境学習には、
土岐川観察館(多治見市)から4人、
岐阜県多治見土木事務所から2人、
瑞浪市役所環境課から1人、
それぞれ職員が来校し、
講師や児童のサポート役を務めた。
10DSC_5803.jpg11DSC_5818.jpg12DSC_5827.jpg
13DSC_5833.jpg14DSC_5842.jpg15DSC_5835.jpg
児童らは最初に、土岐川観察館の職員から、
「タモ」の使い方や、魚の捕り方などを学習。
堤防を越えて、土岐川へ入ると、
タモを足元に構え、足で川底をこすりながら、
ガサゴソ・ガサゴソと、生き物を探した。
5年生は、2クラスあり、
1クラスは、土岐川の本川を、
もう1クラスは、土岐川河川敷にある、
水辺の楽校」の水路(豆沢川)を、
それぞれ調べた。
16DSC_5861.jpg17DSC_5866.jpg18DSC_5876.jpg
再び、学校に戻ると、
採集した生き物の種類を確認。
カワヨシノボリをはじめ、
シマドジョウや、ミナミヌマエビ、
オイカワ、カワムツなどが見付かった。
児童らは、指で魚を触ってみたり、
土岐川観察館の職員から、
外来生物の扱い方を、学んだりした。
19DSC_5880.jpg20DSC_5894.jpg21DSC_5889.jpg
22DSC_5900_20170616205214afc.jpg23DSC_5909.jpg24DSC_5920_20170616205215f24.jpg
また、代表児童が、水質検査も実施。
土岐川本川の「水温」は27度で、
「pH(ペーハー)」は、
7の中性(数字が小さいほど酸性)、
「透視度」は42センチ、
「COD(化学的酸素要求量)」は10
(普段の土岐川なら7~8)だった。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年06月15日 (12:13)

【瑞浪市議会一般質問】成瀬徳夫市議【H29・6月】

平成29年第3回瑞浪市議会定例会
【一般質問】
成瀬徳夫氏
成瀬徳夫市議
「農業集落排水事業について。
現状は、どのようか」

建設部長
「瑞浪市では、
月吉・日吉南部・大湫の
3地区において、
農業集落排水事業を実施している。
月吉地区は、平成10(1998)年4月に、
日吉南部地区は、平成14(2002)年4月に、
大湫地区は、平成17(2005)年4月に、
それぞれ供用を開始した」

成瀬徳夫市議
「経営上の課題は、何か」

建設部長
「農業集落排水事業は、
公共下水道事業と比較すると、
事業規模が小さいため、
経営効率が、極めて悪い。
特に、汚水処理施設にかかわる、
維持管理経費が、
経営の大きな負担となっている」

成瀬徳夫市議
「農業集落排水事業の今後を、
どのように考えているか」

建設部長
「総務省からの要請もあり、昨年度、
公共下水道事業および、
農業集落排水事業の
経営戦略プランを、策定した。
経営戦略プランにおいて、
月吉地区と、
日吉南部地区の農業集落排水を、
公共下水道に統合する、計画とした。
今後、地元住民に、
事業説明を行った上で、
都市計画決定などの手続きを行いたい。
施設の財産処分が可能となる、
平成33(2021)年度の事業開始を、
目標に進めたい。
大湫地区については、
汚水処理施設の処分制限期間を過ぎる、
平成38(2026)年度に合わせて、
汚水処理施設を、
適正規模に縮小することや、
処理方式の見直しを、検討したい」
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年06月15日 (11:18)

【瑞浪市議会一般質問】大島正弘市議【H29・6月】

平成29年第3回瑞浪市議会定例会
【一般質問】
大島正弘氏
大島正弘市議
「『株式会社生活の木』企業誘致の
進捗(しんちょく)状況について。
事業費の内訳は」

経済部長
「市による、事業用地の取得は、
完了している。
現在、生活の木側からは、
用地取得の意向を得ており、
事業計画の提出を、待っている。
事業費用の
2億3千万円プラス1億円の認識は、
市による土地の取得から、
造成工事までの事業費のこと。
生活の木の計画書に掲載されている、
工場・ハーブガーデン・
ショップカフェなどの建設費は、
この事業費には、入っていない。
市と生活の木との間には、
市が行う造成工事までの総事業費について、
共通認識はできている」

大島正弘市議
「今回の企業誘致について、
最終期限は、どのようか」

経済部長
「事業用地の取得が遅れた
という事情もあり、現時点では、
生活の木工場用地造成事業の
最終期限は、定めていない。
しかし、生活の木からは、
用地の取得と、
その活用の意向は得ており、
今後の協議において、
一定の期限を定める必要があると、
認識している。
現在は、生活の木の
新たな操業に向けたスケジュールや、
期限を定めるための交渉を、続けている」

大島正弘市議
「期限について、希望はあるか」

経済部長
「早期に実施していただきたい、
というのが希望だが、
何年度ということは、申し上げられない」
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年06月14日 (14:40)

【瑞浪市議会一般質問】熊谷隆男市議【H29・6月】

平成29年第3回瑞浪市議会定例会
【一般質問】
熊谷隆男氏
熊谷隆男市議
「新たな財源確保について。
ふるさと納税の納税実態で、
直近過去3年の
『ほかの自治体への納付額』と、
『ほかの自治体からの納付額』の実績は、
どのようか。
また、今後の推移を、
どのように予測しているか」

まちづくり推進部長
「ふるさとみずなみ応援寄付金の総額は、
平成26年度は、
164万5千円で、
翌年度の市民税寄付金控除額の合計は、
108万7379円。
ただし、控除額については、
ふるさと納税分と一般寄付分を含んだ数字。
同様に、平成27年度の寄付金額の合計は、
759万5千円で、
翌年度の控除額の合計は、
757万2088円。
平成28年度の寄付金額の合計は、
755万150円で、
翌年度の控除額の合計は、
1258万7641円。
今年の4月より、
インターネット経由での寄付の申し込みや、
クレジットカード決済の導入、
返礼品の拡充を行った。
4月・5月の寄付金額の合計は、
393万5千円。
既に、平成28(2016)年度中の寄付金額の
52パーセントに達している。
平成29(2017)年度の予算においては、
4000万円の寄付金の受け入れを、
見込んでいる。
引き続き、積極的にPRしていきたい」

熊谷隆男市議
「本年4月1日付、
総務省からの『返礼品見直し』の通知を、
どのように把握しているか」

まちづくり推進部長
「総務省は、本年4月に、
全国の自治体に対して、
返礼品に関する、実態調査を行った。
その結果から、約100の自治体に対して、
直接、見直しを求める通知を行った。
瑞浪市は、この対象になっていない。
しかし、瑞浪市においても、
高額な返礼品や、
3割を超える返礼割合の返礼品もある。
高額な返礼品の取り下げなど、
自主的に見直しができる部分は、対応するが、
返礼割合については、導入しておいて、
早速に見直すということは、
返礼品の提供事業者と、協議が必要。
来年度に向けて、事業者と協議の上、
検討していきたい」
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。