スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年04月16日 (12:34)

陶史の森のヒツジが衣替え【6頭が涼しげな姿に】

陶史の森(土岐市肥田町肥田)で、
羊(ヒツジ)の毛刈りが行われた。
01DSC_7842.jpg02DSC_7840_201804161152461df.jpg03DSC_7847.jpg
04DSC_7849.jpg05DSC_7858.jpg06DSC_7856.jpg
陶史の森では、
平成3(1991)年から、
ヒツジ(綿羊)を飼い始め、
翌年の平成4(1992)年からは、
毎年この時期に、毛刈りを行っている。
現在は、1歳から7歳まで、6頭を飼育
(雄1頭・雌3頭・去勢2頭)。
シェットランド種や、
チェビオット種も混じった、
コリデール種系の雑種で、
本日は、6頭すべてが刈られた。
07DSC_7863.jpg08DSC_7884_20180416115706b52.jpg09DSC_7893.jpg
10DSC_7906_20180416115734528.jpg11DSC_7920_201804161213382cc.jpg12DSC_7924.jpg
陶史の森で活動する、
子育てサークルの親子ら、
約50人が見学。
中津川市畜産センターの職員、
原久寿雄さん(久壽雄・70歳)が、
電動バリカンを使って、1頭につき、
13分ほどで、刈り上げた。
興奮したヒツジが、脱走しないように、
「牧童役」として、土岐市職員が待機。
ヒツジが暴れるたびに、
素早く駆け寄り、取り押さえた。
最後に、服部明獣医師
(土岐市職員《日日雇用》・67歳)が、
フィラリア(寄生虫)の予防注射を打った。
13DSC_7928.jpg14DSC_7931.jpg15DSC_7933.jpg
16DSC_7936.jpg17DSC_7941.jpg18DSC_7950.jpg
なお、1頭で、4キロほどの毛が取れ、
選別すると、スーツ1着分になるという。
刈った毛は、見学者のお土産になったほか、
9月に開かれる「陶史の森まつり」の際、
毛糸つむぎ体験やマスコット作りなどで使う。
19DSC_7954.jpg20DSC_7960.jpg21DSC_7967.jpg
22DSC_7985.jpg23DSC_7987.jpg24DSC_7996.jpg
かなり早い「衣替え」になったが、
ウール100パーセントを脱ぎ捨て、
身軽になったヒツジたちは、
「ヴェ~~」と、口々に鳴いていた。
25DSC_7999.jpg26DSC_8005.jpg27DSC_8013.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年04月14日 (19:45)

桜花学園大学が土岐市で第4回「フィールドワーク」

土岐市は、桜花学園大学(愛知県豊明市)と、
平成26(2014)年3月24日に、
観光連携に関する協定」を締結。
桜花学園大学は、本日、協定に基づき、
「観光フィールドワーク」を、土岐市で行った。
01DSC_7315.jpg02DSC_7318.jpg
フィールドワークは、学生に、
土岐市の歴史や文化、商業などを教えるとともに、
地場産業の陶芸を、体験させようという企画。
授業の一環として開催し、
最後に、学生から、リポートを提出してもらい、
土岐市の観光行政や施設の運営に生かす。
土岐市観光ガイドの会」のメンバー6人が、
学生の案内役として、協力した。
03DSC_7330.jpg04DSC_7322.jpg
過去、土岐市でのフィールドワークは、
平成26(2014)年
平成27(2015)年
平成28(2016)年に開催。
今後は、隔年で実施することとし、
昨年は行わなかった。
05DSC_7336.jpg06DSC_7354_20180414201119a2c.jpg
今年は、桜花学園大学
学芸学部英語学科で学ぶ、
2・3年生、43人が参加。
バスで、土岐市へやって来た一行は、
最初に、泉町久尻にある、
国指定史跡「元屋敷陶器窯跡」と、
土岐市美濃陶磁歴史館を見学した。
07DSC_7339.jpg08DSC_7348.jpg
続いて、セラトピア土岐
(土岐津町高山)へ移動し、
第22回・土岐市美濃焼祭り・
水辺の陶器マルシェ
」を楽しんだ。
学生たちは、この後すぐに、
道の駅「どんぶり会館」(肥田町肥田)で、
昼食をとる予定だったが、
「キッチンカー広場」に引き寄せられた。
空揚げなどで、腹ごしらえをした後は、
陶磁器が並ぶ「テント市」をのぞき、
美濃焼の魅力について、
窯元から学んでいた。
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年04月14日 (14:55)

土岐市美濃焼祭りは明日まで【土岐川河川敷でマルシェ】

「第22回・土岐市美濃焼祭り・
水辺の陶器マルシェ」が、
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)と、
土岐川堤防道路(土岐川河川敷)で、
本日、4月14日(土曜日)から、始まった。
明日、4月15日(日曜日)まで。
雨天決行で、入場無料。
01DSC_7170_20180414155901fbe.jpg02DSC_7165.jpg03DSC_7171_20180414155904f91.jpg
04DSC_7176_20180414155906bf1.jpg05DSC_7194_20180414155908e18.jpg06DSC_7208.jpg
07DSC_7220.jpg08DSC_7226.jpg09DSC_7232.jpg
昨年までは、「TOKI─陶器祭り」として、
開催してきたが、今年から、名称を変更。
開催回数は、そのまま継続していく。
土岐市美濃焼祭り・水辺の陶器マルシェ」は、
土岐市美濃焼祭り実行委員会
(実行委員長=玉樹成三・
土岐商工会議所名誉会頭)が主催。
10DSC_7236.jpg11DSC_7241.jpg12DSC_7243.jpg
13DSC_7245.jpg14DSC_7248.jpg15DSC_7249.jpg
16DSC_7161.jpg17DSC_7259.jpg18DSC_7253.jpg
水辺の陶器マルシェの会場で、
美濃焼を買った人には、
購入金額の多寡にかかわらず、
各日先着500人に、たまご6個パックを、
プレゼントする(協賛・JAとうと)。
19DSC_7262.jpg20DSC_7261.jpg21DSC_7271.jpg
22DSC_7274.jpg23DSC_7272.jpg24DSC_7268.jpg
25DSC_7279.jpg26DSC_7275.jpg27DSC_7265.jpg
3大イベントの1つ「テント市」には、
土岐市内の陶磁器商社やメーカーを中心に、
23ブースが出店。
土岐川堤防道路にテントを並べ、
自慢の器を、お値打ち価格で販売している。
28DSC_7281.jpg29DSC_7284.jpg30DSC_7283.jpg
31DSC_7296.jpg32DSC_7292.jpg33DSC_7286.jpg
34DSC_7291.jpg35DSC_7305.jpg36DSC_7302.jpg
手作り品コーナー「クラフト市」と、
飲食コーナー「キッチンカー広場」は、
土岐川河川敷に開設。
「クラフト市」には、
革製品や木工品、アクセサリーなど、
34ブースが並んでいる。
クラフト(手工芸品)だけではなく、
子供が楽しめる射的や、
色鮮やかなメダカの販売もある。
37DSC_7300.jpg38DSC_7304.jpg39DSC_7312.jpg
40DSC_7311.jpg41DSC_7314.jpg42DSC_7332.jpg
また、「キッチンカー広場」には、
出来立てのご当地グルメなどを売る、
キッチンカー、11台が集合。
黒豚やきそばや鴨(カモ)ロース丼、
大分からあげ、たこ焼きなどがあり、
来場者の人気を集めている。
web01-EPSON327.jpgweb02-EPSON329.jpg
開催時間は、午前10時から午後5時まで。
14日(土曜日)と15日(日曜日)の両日は、
土岐川堤防道路・セラトピア土岐の周辺が、
歩行者天国になる。
問い合わせは、
祭り本部【開催日のみの臨時電話】
(TEL0572─55─0419)まで。
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年04月12日 (11:09)

山神保育園の4歳児がホタルとカワニナを放流【下石自然を守る会】

土岐市立山神保育園
(下石町・藤田佳代園長)の園児が、
山神保育園の近くを流れる小川へ、
ゲンジボタルの幼虫と、
餌(えさ)のカワニナを放流した。
01DSC_1087.jpg02DSC_1086.jpg
放流は、ギフチョウやヒメヒカゲなどの
保護活動にも取り組んでいる環境団体、
下石自然を守る会
(日比野雅弘代表)が主催。
平成22(2010)年から行っており、
今年で9回目(第1回と第2回は、
園の近くを流れる大平川で実施)。
03DSC_1088_20180412161613c1d.jpg04DSC_1089.jpg
ゲンジボタルの幼虫は、
下石自然を守る会のメンバーが育てた。
今年は、ゲンジボタル育成研究員の
奥村了さん(瑞浪市明世町戸狩・りょう)から、
体長1ミリ以下の幼虫、
約2000匹をもらい受けて、飼育。
本日は、2~3センチほどに育った幼虫、
約60匹を放した。
カワニナ1キロ分は、購入した。
05DSC_1091.jpg06DSC_1092.jpg
放流には、
下石自然を守る会のメンバー、8人が協力。
山神保育園からは、4歳児16人が参加した。
園児らは、下石自然を守る会のメンバーや、
先生に手伝ってもらいながら、
ホタルとカワニナを、小川へ放した。
07DSC_1090.jpg08DSC_1095_2018041216185267e.jpg
日比野雅弘代表(下石町・72歳)は、
「6月中旬ごろに、ホタルが舞うと思う。
残念ながら、昨年は、
成虫になったホタルが、少なかった。
奥村了さんによると、
一般的なホタルの放流は、3月中旬で、
私たちの放流は、かなり遅いとのこと。
来年は、もう少し早めにできないか、
検討したい」と語った。

【写真提供=土岐市】
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年04月10日 (12:26)

中部国際自動車大学校がH30「第55回・入学式」を挙行

中部国際自動車大学校(齋木裕司校長)は、
「平成30年度・第55回・入学式」を、
同校(土岐市肥田浅野朝日町)で開いた。
01DSC_6657.jpg02DSC_6664.jpg03DSC_6668.jpg
04DSC_6674_2018041011455502a.jpg05DSC_6677.jpg06DSC_6680.jpg
本年度、平成30(2018)年度は、
「専門課程・自動車整備科」と、
「高等課程・自動車科」に、
計12人が入学した。
07DSC_6695.jpg08DSC_6689.jpg09DSC_6702.jpg
10DSC_6706_2018041011492430c.jpg11DSC_6726.jpg12DSC_6734.jpg
入学式には、
加藤靖也市長や山田恭正教育長、
自動車関連企業の役員らが出席。
齋木裕司校長が、
『入学許可』を読み上げた後、
「現在、自動車業界は、
世界レベルで、技術革新が進んでいる。
自動車業界の構図は、
大きく変わろうとしており、
これから必要とされる整備士像も、
変わってくるだろう。
これまでの職業イメージだけではなく、
今後は、時代をとらえた、
知識と技能の習得が、必要になる。
これからの自動車業界に対応するためにも、
新入生の皆さんは、高い目標を持ち、
上級進学を志してほしい。
先生・先輩・友人など、
さまざまな人と触れ合い、心を磨き、
人としての優しさを身に着けよう」と、
式辞を述べた。
13DSC_6746_20180410120504251.jpg14DSC_6750_20180410120217051.jpg15DSC_6756.jpg
16DSC_6761.jpg17DSC_6763.jpg18DSC_6766_201804101206081b9.jpg
入学生を代表して、
専門課程自動車整備科2級の
佐藤駿哉さん(川辺町・18歳・しゅんや)が、
「入学後は、先生のご指導に従い、
学校の規則・交通法規を順守します。
建学の精神を受け継ぎ、
校訓である『役に立つ人になろう』を目標に、
学業に励みます。
中部国際自動車大学校の名に恥じない、
優秀な整備士になりたい。
私たち新入生は、
『自動車整備士全員合格』を目標に、
努力する覚悟です」と、高らかに宣誓。
19DSC_6778.jpg20DSC_6784.jpg21DSC_6787.jpg
22DSC_6793.jpg23DSC_6798.jpg24DSC_6803.jpg
続いて、齋木裕司校長が、
総代の佐藤駿哉さんをはじめ、
専門課程自動車整備科1級の
鈴木勇輝さん(ゆうき)や、
高等課程自動車科3級の
五十子雅俊さん(いらこ)に、
「メカニックスーツ」
(ワークスーツ)を授与した。
25DSC_6804.jpg26DSC_6813.jpg27DSC_6649.jpg
なお、中部国際自動車大学校では、
情操教育の一環として、
茶道や詩吟にも、取り組んでいる。
「校歌斉唱」や「校詩合吟」を行い、
学生らは決意を新たにした。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。