スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2020年02月22日 (17:06)

土岐市が在宅医療の市民講座【介護者の負担を減らすには】

土岐市は、市民講座「在宅医療ってなあに?
~いつまでも住み慣れた地域で暮らし続けるために~」を、
土岐市文化プラザ・ルナホール
(土岐津町土岐口)で開いた。
土岐市民を中心に、約80人が聴講した。
01TN1_3973.jpg02TN1_4070_2020022219471172a.jpg03TN1_3979.jpg
市民講座は、令和元(2019)年度の
「土岐市在宅医療・介護連携推進事業」として開催。
2部構成で行い、第1部の「講演会」では、
医療法人社団至髙会たかせクリニック(東京都大田区)の
高瀬義昌理事長(髙瀬・たかせよしまさ)が講師を務めた。
04TN1_3989.jpg05TN1_4001.jpg06TN1_4014.jpg
第2部は、高瀬義昌理事長をコーディネーターに、
「パネルディスカッション」を開催。
「このまちの在宅医療
~在宅医療の現場から~」をテーマに、
陶生堂医院(土岐市駄知町)の山口浩一院長・
川越クリニック(土岐市妻木町)の川越孝次院長・
訪問看護ステーション高井(土岐市妻木町)の
浦本愛子管理者の3人が、パネリストを務めた。
07TN1_4012.jpg08TN1_4032.jpg09TN1_4062.jpg
パネリストの3人は、医師や看護師として、
自身が担当した、在宅医療や訪問看護の事例を紹介。
要介護者の夫を、ショートステイに預けることで、
妻の負担を減らそうとしたが、
かえって妻が不安になってしまい、
「夫の面倒は、わたしが見る」と、
介護サービスの利用を断ってしまった事例や、
最愛の夫を、自宅で亡くしたことで、
自分自身に落ち度があったと、
後悔の念にかられた妻の事例などを話した。
10TN1_4065.jpg11TN1_4073.jpg12TN1_4079.jpg
高瀬義昌理事長とパネリストは、
①在宅医療には、医師や看護師だけではなく、
歯科医師や歯科衛生士なども含めた、連携が必要。
②医師やケアマネジャーは、
要介護者の家族と、信頼関係を築くこと。
③介護する家族は、肩の力を抜き、
医師や看護師など、専門職をうまく利用する。
④自分の最期は、どうありたいのか、
主治医に話しておく。
⑤不用意に救急車を呼ばない。
ことなどを教えた。
13TN1_4077.jpg14TN1_4075.jpg15TN1_4083.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。