スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2019年05月01日 (15:51)

丸森の来訪者が2万人を達成【夢づくり交付金2事業が完了】

瑞浪市大湫町の観光施設、
丸森(まるもり・旧森川訓行家住宅)が、
今年、平成31(2019)年2月3日に、
来訪者2万人超えを達成した。
01TN1_6812.jpg02TN1_6517.jpg03TN1_6522.jpg
04TN1_6536.jpg05TN1_6544.jpg06TN1_6551.jpg
丸森の指定管理者を務める、
大湫町コミュニティ推進協議会は、
本日、令和元(2019)年5月1日
(水曜日・即位の日)に、大湫公民館で、
「丸森来訪者20000人達成記念式典」と、
瑞浪市夢づくり地域交付金事業
「本陣山登山道整備事業」・
「大湫宿古民家再生活用事業」
(旧小木曽家住宅《通称=米屋》修復事業)の
完成式(祝賀式)を開いた。
07TN1_6545.jpg08TN1_6565.jpg09TN1_6584.jpg
10TN1_6615.jpg11TN1_6611.jpg12TN1_6625.jpg
丸森は、旧中山道大湫宿にあり、
江戸時代の末期に建築されたという。
旅籠(はたご)と商家(塩の専売)の雰囲気があり、
平成18(2006)年8月3日に、
「森川訓行家住宅主屋」
(もりかわのりゆきけじゅうたくしゅおく)として、
国登録有形文化財(建造物)に登録された。
13TN1_6580.jpg14TN1_6532.jpg15TN1_6594.jpg
16TN1_6638.jpg17TN1_6657.jpg18TN1_6650.jpg
19TN1_6669.jpg20TN1_6687.jpg21TN1_6678.jpg
しかし、平成26(2014)年2月に、
積雪により、庇(ひさし)が破損
所有者の森川訓行さん(愛知県春日井市)が、
瑞浪市に寄付したため、市は観光施設
(観光案内所・無料休憩所・見学施設など)
にしようと、修復工事を行った。
平成29(2017)年1月5日(木曜日)に開所。
平成29(2017)年12月17日(日曜日)に、
来訪者10000人を達成した。
22TN1_6702.jpg23TN1_6694.jpg24TN1_6708.jpg
25TN1_6728.jpg26TN1_6734.jpg27TN1_6716.jpg
28TN1_6739.jpg29TN1_6744.jpg30TN1_6749.jpg
本陣山登山道整備事業は、
本陣山(標高633メートル)を目指す登山道を、
平成30(2018)年6月3日(日曜日)から、
平成31(2019)年3月7日(木曜日)まで、
4回にわたって、大湫町民らが整備したもの。
邪魔な木々の伐採や下刈り作業に汗を流したり、
案内看板を設置したりした。
登山道の出入り口は3カ所あり、コースは、
「大登の森コース」(1・94キロ)・
「森林浴コース」(1・5キロ)・
「琵琶峠(樹木観察)コース」(1・15キロ)・
「氷餅(池)コース」(460メートル)の4つ。
事業費は70万円で、うち交付金は67万円。
なお、本日は午後から、登山を予定していたが、
雨天のため、中止となった。
okute2019-EPSON039.jpgokute2019-EPSON036.jpg
大湫宿古民家再生活用事業の1つ、
旧小木曽家住宅(通称=米屋)の改修工事は、
大正時代または昭和初期の建物を、
観光振興と地域のにぎわいにつながる、
モデル建築物にするというもの。
米屋は、駐車場を挟んで、大湫公民館の隣にあり、
雨漏りがする瓦屋根を、地元の大工がふき替えた。
また、町並みにふさわしい景観にしようと、
今年の2月21日(木曜日)には、
大湫町の町民有志が、白色だった側面のトタンを、
黒色に塗り替えた。
大湫宿古民家再生活用事業の事業費は495万円で、
うち交付金(ステップアップ事業)は300万円。
web01-komeya01-bosyuuyoukou.jpgweb02-komeya02-bosyuuyoukou.jpgweb-mizukita-EPSON035.jpg
米屋は今後、夫が庭師で、妻が小学校の教諭という、
愛知県在住の30歳代の夫婦が活用する。
大湫町には、今年の9月ごろに移住してくる予定で、
庭師の事務所として、活用するだけではなく、
芸術家の宿泊施設・交流の場、
作品を展示するギャラリーにもなるとのこと。
31TN1_6755.jpg32TN1_6766.jpg33TN1_6769.jpg
34TN1_6773.jpg35TN1_6783.jpg36TN1_6792.jpg
37TN1_6796.jpg38TN1_6816.jpg39TN1_6827.jpg
40TN1_6861.jpg41TN1_6829.jpg42TN1_6834.jpg
本日の記念式典・完成式(祝賀式)には、
水野光二市長をはじめ、小川祐輝県議や、
熊谷隆男市議会議長、市議らが出席。
瑞浪市立瑞浪北中学校の生徒でつくる、
「瑞浪北中ブラスバンドクラブ」が出演し、
軽快な演奏を披露した。
また、祝いの餅投げ(もち投げ)も行われ、
子供からお年寄りまで、盛り上がった。
43TN1_6844.jpg44TN1_6848.jpg45TN1_6843.jpg
46TN1_6839.jpg47TN1_6854.jpg48TN1_6858.jpg
49TN1_6864.jpg50TN1_6876.jpg51TN1_6885.jpg
大湫町コミュニティ推進協議会の
小栗司会長(70歳・つかさ)は、
「今日は、令和の始まりの日。
あえて本日を選び、記念式典を開いた。
丸森の建物は、老朽化し、
前の所有者が困っていたところ、
瑞浪市の英断によって、受け取っていただいた。
そして、歴史の残る素晴らしい建物へと、
改修していただき、現在に至っている。
しかしながら、大湫町には、
古い建物が、まだたくさんあります。
順次、改修を進めながら、この町並みを、
永代まで残していくため、頑張っていきたい。
瑞浪市にも、頑張っていただけることを、
期待しています。
丸森は、大湫町を知ってもらう良い場所であり、
また、瑞浪市の観光産業の場所としても、
だいぶ整備が進んできた。
こうした建物を大事にしながら、
大湫町を、ますます元気で、
住みよい町になるように努めます。
これからも、瑞浪市大湫町を、
よろしくお願いいたします」と述べた。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。