スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年04月15日 (19:34)

深沢獅子舞を貴船神社に奉納【雌獅子が華麗に舞う】

瑞浪市日吉町深沢地区の「貴船神社」で、
瑞浪市指定無形民俗文化財の
「深沢獅子舞」が奉納された。
01DSC_7586.jpg02DSC_7580.jpg03DSC_7594.jpg
04DSC_7601.jpg05DSC_7611_20180415231710954.jpg06DSC_7620.jpg
07DSC_7624.jpg08DSC_7638.jpg09DSC_7642.jpg
地元住民らでつくる、
深沢獅子舞保存会(宮川浩仁会長)が主催。
深沢獅子舞は、約300年前の元禄年間
(江戸時代中期)に、悪病が流行した際、
疫病退散を祈願したのが、始まりという。
10DSC_7646.jpg11DSC_7662.jpg12DSC_7665.jpg
13DSC_7673.jpg14DSC_7679.jpg15DSC_7684.jpg
16DSC_7687.jpg17DSC_7691.jpg18DSC_7698.jpg
今年も、30~50歳代のメンバー23人が、
「悪魔払い三ツ歌」を奉納。
深沢獅子舞保存会の渡邉孝文さん
(39歳・たかふみ)が、
御幣と鈴を持って、雌獅子を演じた。
渡邉孝文さんが舞うのは、
平成25(2013)年からで、6回目。
19DSC_7702.jpg20DSC_7707.jpg21DSC_7715.jpg
22DSC_7717.jpg23DSC_7721.jpg24DSC_7734.jpg
25DSC_7740.jpg26DSC_7746.jpg27DSC_7762.jpg
歌や笛、太鼓による、
「十六七(とろひち)」・「道行き」・
「幕しぼり」などの楽曲に合わせて、
雌獅子が華麗に舞った。
子供たちは、
獅子頭の中をのぞき込もうとしたり、
御幣と鈴の動きに見入ったりしていた。
28DSC_7764.jpg29DSC_7768.jpg30DSC_7774.jpg
31DSC_7777.jpg32DSC_7780.jpg33DSC_7787.jpg
34DSC_7805.jpg35DSC_7819.jpg36DSC_7821.jpg
参拝者らは、
もち投げ・菓子投げに夢中になった後、
花串を持ち帰った。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。