スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年04月12日 (11:09)

山神保育園の4歳児がホタルとカワニナを放流【下石自然を守る会】

土岐市立山神保育園
(下石町・藤田佳代園長)の園児が、
山神保育園の近くを流れる小川へ、
ゲンジボタルの幼虫と、
餌(えさ)のカワニナを放流した。
01DSC_1087.jpg02DSC_1086.jpg
放流は、ギフチョウやヒメヒカゲなどの
保護活動にも取り組んでいる環境団体、
下石自然を守る会
(日比野雅弘代表)が主催。
平成22(2010)年から行っており、
今年で9回目(第1回と第2回は、
園の近くを流れる大平川で実施)。
03DSC_1088_20180412161613c1d.jpg04DSC_1089.jpg
ゲンジボタルの幼虫は、
下石自然を守る会のメンバーが育てた。
今年は、ゲンジボタル育成研究員の
奥村了さん(瑞浪市明世町戸狩・りょう)から、
体長1ミリ以下の幼虫、
約2000匹をもらい受けて、飼育。
本日は、2~3センチほどに育った幼虫、
約60匹を放した。
カワニナ1キロ分は、購入した。
05DSC_1091.jpg06DSC_1092.jpg
放流には、
下石自然を守る会のメンバー、8人が協力。
山神保育園からは、4歳児16人が参加した。
園児らは、下石自然を守る会のメンバーや、
先生に手伝ってもらいながら、
ホタルとカワニナを、小川へ放した。
07DSC_1090.jpg08DSC_1095_2018041216185267e.jpg
日比野雅弘代表(下石町・72歳)は、
「6月中旬ごろに、ホタルが舞うと思う。
残念ながら、昨年は、
成虫になったホタルが、少なかった。
奥村了さんによると、
一般的なホタルの放流は、3月中旬で、
私たちの放流は、かなり遅いとのこと。
来年は、もう少し早めにできないか、
検討したい」と語った。

【写真提供=土岐市】
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。