スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年07月16日 (20:37)

東濃鉄道の駄知線を懐かしむ【土岐市図書館で展示会】

東濃鉄道の旧駄知線を振り返る、
展示会「なつかしの駄知線」が、
土岐市図書館(土岐津町土岐口)で、
本日、7月16日(日曜日)から、始まった。
会期は、9月3日(日曜日)まで。
web-dachi02.jpgweb-dachi01.jpg
土岐市教育委員会文化振興課が主催。
東濃鉄道の駄知線は、
大正11(1922)年1月11日に、
「新土岐津駅」と「下石駅」間が開通。
全線単線で、開業当初は蒸気機関車だったが、
昭和4(1929)年にはガソリン動力に、
昭和25(1950)年には全線電化された。
最終的な路線の総延長は、10・4キロ。
01DSC_3425.jpg02DSC_3390.jpg03DSC_3367.jpg
窯業原料や陶磁器製品を大量に輸送し、
地場産業の発展に寄与したが、
昭和47(1972)年7月の豪雨により、
土岐川に架かる鉄橋が流失(47災害)。
膨大な復旧費用が、捻出(ねんしゅつ)できず、
昭和49(1974)年に、廃線が決まった。
04DSC_3376.jpg05DSC_3381.jpg06DSC_3379.jpg
07DSC_3404.jpg08DSC_3403.jpg09DSC_3401.jpg
会場には、駄知線が通った線路を示した、
土岐市の地形図をはじめ、
駅舎や列車の写真、時刻表や切符の画像、
電車の模型など、約40点を展示している。
10DSC_3364_20170716225756ba2.jpg11DSC_3428.jpg
土岐市教育委員会文化振興課史料整理室の
加藤勝史さん(68歳)は、
「平成26年に、土岐津公民館で、
旧駄知線の模型が展示された際、
駄知線を懐かしむ人が、多いことを知った。
また、小学生に、駄知線について、
研究してもらいたくて、展示会を企画した。
駄知線について、1冊にまとめたいので、
写真や資料などをお持ちの方は、
ぜひ、連絡をお願いします」と話している。
問い合わせは、史料整理室
(TEL0572─54─4443)まで。
web-minoyaki001.jpgweb-minoyaki002.jpg
なお、ギャラリートークが、
8月3日(木曜日)午後1時30分から、
土岐市図書館で開かれる。
テーマは「なつかしの駄知線」で、
講師は山内博文さん
土岐市観光ガイドの会会長)。
参加費無料で、申し込み不要。
問い合わせは、土岐市図書館
(TEL0572─55─1253)まで。
03DSC_5809.jpg21DSC_5861.jpg23DSC_9042.jpg
25DSC_9061.jpg26DSC_9063.jpg27DSC_9071.jpg
【上の写真6枚は、過去記事より参考写真】
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。