スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年07月10日 (22:58)

核融合科学研究所が平成29年度「市民説明会」を開始

核融合科学研究所
(土岐市下石町・竹入康彦所長)は、
「平成29年度・市民説明会」を、
東濃西部3市で開く。
今年で、12年目を迎えた市民説明会は、
土岐市(7会場)・多治見市(15会場)・
瑞浪市(1会場)の順に、全23会場で行う予定。
01DSC_2076.jpg02DSC_2083.jpg03DSC_2096_201707110041390e7.jpg
本日は、土岐市下石町の下石公民館で、
本年度第1回目の市民説明会を開催。
地元住民ら、11人が参加した。
「核融合研究の進展と
大型ヘリカル装置(LHD)の研究成果」と題して、
竹入所長自ら説明を行った。
04DSC_2110.jpg05DSC_2113_20170711004141cae.jpg06DSC_2116.jpg
07DSC_2120.jpg08DSC_2123.jpg09DSC_2137.jpg
核融合科学研究所では、
平成29(2017)年3月7日から、
大型ヘリカル装置(LHD)を用いて、
重水素実験」を開始。
平成29(2017)年3月15日には、
イオン温度が、1億度を超えた
重水素実験を開始した、初年度としては、
先週の7月7日(金曜日)をもって、
「重水素ガス」を用いた実験は、ひとまず終了。
大きな成果を挙げるとともに、
安全に実験が行われたことを、報告した。
10DSC_2140.jpg11DSC_2154.jpg12DSC_2158.jpg
なお、明日、7月11日(火曜日)から、
今年の8月3日(木曜日)までは、
従来の「軽水素ガス」を用いた実験を行う。
その後、1カ月かけて、
マイナス270度の超電導(超伝導)コイルを、
ゆっくり昇温(しょうおん)させ、
常温にまで戻すとのこと。
13DSC_2181_20170711004309595.jpg14DSC_2185.jpg15DSC_2189.jpg
16DSC_2194.jpg17DSC_2198.jpg18DSC_2231.jpg
質疑応答では、参加者から、
「ヒューマンエラーを起こさないためにも、
実験に慣れないでほしい」とか、
「サイバー攻撃に対する、セキュリティーは万全か」、
「巨大地震で、建物が壊れた際、
トリチウムが入った容器から、
水は漏れないか」といった、
3つの要望・質問が出た。
19DSC_2237.jpg20DSC_2243.jpg21DSC_2244.jpg
市民説明会の日程・会場については、
お知らせ記事」を参照。
問い合わせは、核融合科学研究所
(TEL0572─58─2222)まで。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。