スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年07月06日 (10:54)

瑞浪小3年生が農家の仕事を知る【JAとうと掲載依頼記事】

【お断り】
JAとうと経済部の久保渚様(29歳)より、
掲載依頼がありましたので、
いただいた原稿を、ほぼそのまま、
載せさせていただきます。
なお、写真は、
瑞浪市より、提供していただいたものです。
原稿は、下記の通りです。
01DSC_8114_20170706101156774.jpg02DSC_8060.jpg
7月4日(火曜日)、
瑞浪市立瑞浪小学校の3年生約130人は、
社会科の授業で、
「農家の仕事~野菜を知る~」と題し、
同市山田町の岩嶋貞夫さん(69歳)の
圃場(農地)を見学した。
岩嶋さんは、瑞浪市農産物等直売所
きなぁた瑞浪」(土岐町)の出荷農家でもある。

岩嶋さんは、定年退職後に本格的に農業を始め、
現在、70アールの圃場にビニールハウスが、
7棟(総面積約6アール)あり、
ハウスと露地の両方を見学した。
03DSC_8038_20170706101231fa9.jpg04DSC_8053.jpg
ハウスでは、アスパラガスやトマト、
キュウリなどが栽培され、
児童らは実際に触ったり、
匂い(におい)を嗅いだり(かいだり)した。
岩嶋さんとJAとうと職員が講師となり、
それぞれの野菜の説明をした。
露地では、ミニトマト、カボチャ、
ピーマンなどの夏野菜が栽培され、
ミニトマトの収穫体験も行った。

児童らは、収穫したミニトマトを口に頬張り(ほおばり)、
「甘い。おいしい」と満足し、
トマトの苦手な子も恐る恐る口に入れ、笑みをこぼした。
05DSC_8084.jpg06DSC_8099_2017070610133096a.jpg
児童らの「機械や道具は使っていますか」や、
「たくさん作っている野菜は何ですか」の質問に対し、
岩嶋さんは、「1日に、だいたい8時間くらい働きます。
ずっと手で作業をしていると大変なので、
土を起こす機械やビニールを敷く機械も使っています。
これからは、ミニトマトが盛んに収穫できるけど、
秋にはサトイモやレタス、サツマイモをたくさん作ります」と、
丁寧に答えた。

児童らは、「畑が広くて、びっくりしました。
ミニトマトも食べられたし、星形とハート形のキュウリの作り方が、
分かったのでよかったです。夏休みも来たい」と感想を述べた。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。