スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年07月04日 (12:00)

石原進画伯が紺綬褒章を受章【邂逅の池を土岐市に寄付】

土岐市出身の日本画家、
石原進さん(埼玉県さいたま市・75歳)が、
平成28(2016)年2月7日に、
日本画「邂逅の池」(かいこうのち)を、
土岐市に寄付。
この寄付により、
平成29(2017)年2月24日の閣議で、
「紺綬褒章」の授与が、決まった。
土岐市役所で、「伝達式」が開かれ、
加藤靖也市長が石原進さんに、
章記と飾版を手渡した。
01DSC_0822_20170704105717702.jpg02DSC_0815.jpg03DSC_0805.jpg
04DSC_0829_20170704105955f55.jpg05DSC_0836_201707041100478a3.jpg06DSC_0843.jpg
日展会員の石原進さんは、
土岐市土岐津町土岐口大洞地区の出身。
「邂逅の池」は、
平成27(2015)年に制作した、
150号の作品。
土岐市の鶴里町に伝わる民話、
「椀貸池(わんがしいけ)」を題材に、
心象風景を描いた。
平成28(2016)年2月に開かれた、
作品寄贈記念展」以降は、
土岐市が保管しており、
新しい土岐市役所が完成した際は、
新庁舎に飾る予定。
美術評論家による評価額は、720万円。
03DSC_9252.jpgweb民話02
紺綬褒章は、
公益のために、多額の私財を寄付した、
功績者に授与されるもので、
寄付を受けた自治体が、国に申請する
(※個人では、500万円以上が対象)。
石原進さんは、
昭和56(1981)年
(申請者=土岐市)と、
平成28(2016)年
(申請者=多治見市)にも、
紺綬褒章を受章しており、3回目。
07DSC_0888.jpg08DSC_0849.jpg09DSC_0850.jpg
10DSC_0859.jpg11DSC_0877.jpg12DSC_0880.jpg
石原進さんは、
「『万物に使命あり
心優しく気遣えば 善となす』
という言葉を、心の軸にしている。
どんなものでも、丁寧に扱えば、
光り輝くという意味で、
色の役目や空間構成など、
絵画にも通じる言葉。
私が今あるのは、
多くの人たちの支えのおかげ。
感謝のしるしとして、
今回の寄贈を、思い立った。
この受章を、
新たな出発点としたい」と語った。
13DSC_0867.jpg14DSC_0882.jpg15DSC_0886.jpg
16DSC_0892.jpg17DSC_0906.jpg18DSC_0899.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。