スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年05月18日 (12:23)

土岐津保育園の園児がコイを放流【高山公園内に稚魚100匹】

土岐津保育園(土岐市土岐津町高山、
福冨泰岳園長・たいがく)の園児が、
地元にある高山公園内の池に、
コイの稚魚などを放流した。
01DSC_6949.jpg02DSC_6950_2017051811382506a.jpg03DSC_6954.jpg
04DSC_6959.jpg05DSC_6961.jpg06DSC_6964.jpg
この池は、土岐市が、
平成15(2003)年に造成。
地域住民らでつくる環境整備団体
「土岐里山の会」(長谷川富雄会長)や、
高山区自治会(区長会、深萱宗男区長)などが、
13年前から、コイを放流している。
土岐津保育園の園児が、放流を手伝うのは、
平成21(2009)年からで、9回目。
07DSC_6984_20170518113928f23.jpg08DSC_6997_201705181139397d3.jpg09DSC_6999.jpg
10DSC_7002.jpg11DSC_7008.jpg12DSC_7015.jpg
今年は、体長5~15センチほどの
ニシキゴイの稚魚、約100匹を放した。
コイは、「土岐里山の会」のメンバーが育てたり、
中津川市にある養鯉(ようり)場から、
購入したりして、用意。
コイのほか、エビや金魚、メダカなども放流した。
13DSC_7021.jpg14DSC_7026.jpg15DSC_7029.jpg
16DSC_7032.jpg17DSC_7033.jpg18DSC_7067.jpg
放流には、3~5歳児46人をはじめ、
保護者や保育士ら、計約100人が参加。
親子による遠足の一環として、高山公園を訪れた。
園児らは、2人1組になって、
バケツに入ったコイを、放流。
手づかみで放す子もいたほか、
「バイバイ」、「大きくなってね」と叫んだり、
名残惜しそうに、泳ぎ出したコイに向かって、
手を振ったりしていた。
19DSC_7040.jpg20DSC_7045.jpg21DSC_7047.jpg
22DSC_7060.jpg23DSC_7062.jpg24DSC_7078.jpg
長谷川富雄会長(71歳)は、
「昔は、子供たちが釣りをしながら、
この池に、ゴミを捨てていた。
幼いころに、コイの放流を、体験しておけば、
今後、池を汚すことはないだろうと、始めたもの。
実際のところ、ほとんどのコイが、
カワセミやカワウ、サギなどに食べられてしまう。
生き物には、天敵がいることも含めて、
子供たちに教えたい。
自分が放したコイが、大きくなったかどうか、
また見に来てほしい」と語った。
25DSC_7081.jpg26DSC_7084.jpg27DSC_7089.jpg
28DSC_7095.jpg29DSC_7097.jpg30DSC_7101.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。