スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年03月22日 (12:44)

瑞浪市が高規格救急自動車を更新【陶分署に配備】

瑞浪市は、高規格救急自動車
(災害対応特殊救急自動車)1台を更新した。
新車両を、瑞浪市役所の駐車場に持ち込み、
水野光二市長や、石川文俊市議会議長、
市議らに、お披露目した。
01DSC_6034.jpg02DSC_6031.jpg03DSC_6026.jpg
04DSC_6036.jpg05DSC_6027.jpg06DSC_6041.jpg
07DSC_6042.jpg08DSC_6112.jpg09DSC_6133.jpg
瑞浪市には、救急車が3台あり、
瑞浪市総合消防防災センター(土岐町)に2台、
瑞浪市消防本部陶分署(陶町水上)に1台、
配備している。
新車両は、陶分署の車両を、更新するもの。
旧車両は、トヨタのグランビアで、
平成15(2003)年6月に配備。
新車両は、トヨタのハイエースで、
従来より、車内が広くなった。
旧車両と同じ、4輪駆動で、寒冷地仕様。
購入費は、約3100万円(市費のみ)。
10DSC_6137_20170322114024799.jpg11DSC_6045.jpg12DSC_6049.jpg
13DSC_6142.jpg14DSC_6090.jpg15DSC_6053.jpg
16DSC_6085.jpg17DSC_6083.jpg18DSC_6057.jpg
資機材の特徴としては、
①小児の除細動(電気ショック)にも対応する、
新型のAED(自動体外式除細動器)を採用。
②搬送に時間を要する場合や、
狭隘(きょうあい)場所での搬送時にも、
効果的な胸骨圧迫ができる、
『自動心臓マッサージ器』を導入。
③ドライブレコーダーの設置。
④ステップに、すべり止めを設置。
⑤側面と後面に、作業灯(LED)を設置。
などが、挙げられる。
また、これまでは、赤色のシールだったが、
今回、瑞浪市の緊急車両としては初めて、
車両の周囲に、反射材を取り付けた。
19DSC_6092.jpg20DSC_6108.jpg21DSC_6128.jpg
22DSC_6116.jpg23DSC_6125.jpg24DSC_6126.jpg
25DSC_6062_20170322114350a0e.jpg26DSC_6068.jpg27DSC_6074.jpg
小倉秀亀消防長は、
「新車両は、夜間の視認性が、向上した。
新しい救急車を、正確に作動できるように、
すべての機能を熟知し、訓練を積んだ後、
陶分署に配備したい。
非常に高価な車両であり、
大切に扱います」と語った。
運用開始日は、4月1日(土曜日)。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。