スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年03月14日 (10:47)

【瑞浪市議会一般質問】樋田翔太市議【H29・3月】

平成29年第1回瑞浪市議会定例会
【一般質問】
樋田翔太氏
樋田翔太市議
「『みずなみの子ども』について。
目の屈折異常に対する取り組みは、
どのようか」

教育委員会事務局次長
「屈折異常とは、視力低下になること。
学習・読書・テレビ・ゲームなどを、
長時間、近くで見ることで、
目が疲れることが、原因とされている。
学校生活の中での取り組みとしては、
正しい姿勢の保持がある。
小・中学校では、
年3回の身体測定などを利用し、
机やイスの高さを、調節している。
また、近くを見続けたら、
遠くを見るように、指導もしている。
家庭への働き掛けとしては、
テレビ・パソコン・ゲームなどを、
長時間利用しないように、
啓発している。
また、視力低下を招いた、
1・0未満の児童・生徒の保護者へ、
眼科への受診を、促している」

樋田翔太市議
「今後の対策は、どのようか」

教育委員会事務局次長
「大切なのは、現在の対策を、
地道に続けること。
特に、保護者に対する、
通知方法を工夫し、
治療につなげたい。
今後も、個別の懇談を大切にし、
児童・生徒が通院できるように、
保護者・家庭に対して、
粘り強く、働き掛けていきたい」
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。