スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年02月27日 (17:30)

釜戸中学校がヘルメットとボードを寄贈【アルミ缶で地域貢献】

瑞浪市立釜戸中学校
(釜戸町、間宮弘一校長)の生徒会は、
アルミ缶回収による収益金
(1万2600円)で、
地域に役立つ物を贈ろうと、
「防災ヘルメット」4個と、
「ヘルメットボード」1枚を購入。
生徒会長の山崎翔哉さん
(3年生、15歳、しょうや)ら、
生徒会の役員3人が、
大湫公民館(瑞浪市大湫町)を訪れ、
長谷川明館長(69歳、あきら)に手渡した。
01DSC_1508.jpg02DSC_1514.jpg
釜戸中学校の生徒会は、
本年度、重点活動の1つとして、
「感謝の地域貢献」を掲げている。
アルミ缶回収による、地域貢献活動としては、
平成26(2014)年度は、
校区内の大湫町に、「マッサージ器」3台を、
同じく校区内の釜戸町に、幼児用の遊具を、
それぞれ贈った。
平成27(2015)年度は、釜戸町への寄贈とし、
遊具「てのひらけっと」を、釜戸公民館に贈った。
03DSC_1518.jpg04DSC_1506.jpg
平成28(2016)年度は、
昨年4月から、アルミ缶の回収を開始。
年8回、回収週間を設けたほか、
昨年度に引き続き、釜戸コミュニティーセンターに、
「回収ボックス」を設置した。
本年度は、大湫町への寄贈とし、
大湫公民館が希望した「防災ヘルメット」と、
それを掛けておく「ヘルメットボード」を贈った。
05DSC_1490.jpg06DSC_1521.jpg
山崎翔哉生徒会長は、
「アルミ缶は、なかなか集まらないので、
現在は、インクカードリッジや、
ベルマークも集めている。
防災ヘルメットは、人の命を守る物。
公民館は、多くの人が集まる場所なので、
万一の災害時には、ヘルメットを、
しっかり活用してほしい」と語った。
なお、来年度は、釜戸町に寄贈するため、
アルミ缶回収に取り組む、とのこと。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。