スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年02月14日 (11:53)

加藤保幸さんが個展「彩華錦展」【テラスゲート土岐・まちゆい】

土岐市下石町の陶芸家、加藤保幸さん
(74歳、やすゆき)による個展、
「彩華錦(いろどりはなにしき)展」が、
本日、2月14日(火曜日)から、
テラスゲート土岐(土岐市土岐ケ丘)内、
まちゆい(ギャラリーとき)で、始まった。
会期は、2月27日(月曜日)まで。
01DSC_8072_201702141115065c5.jpg02DSC_8016.jpg03DSC_8036.jpg
加藤保幸さんは、
家業の上絵付けに従事していたが、
50歳代のころ、下石大橋に設置した、
陶製こま犬の制作に、携わったのを機に、
陶芸の道へと進んだ。
現在は、日展会友で、
公益社団法人「美濃陶芸協会」の監事。
土岐市下石町に、穴窯を構えるとともに、
陶芸ギャラリー&茶せんラテの店、
玄保庵」(げんぽあん)を営んでいる。
土岐紅陵高校の特別非常勤講師でもある。
04DSC_8070.jpg05DSC_8022.jpg06DSC_8034.jpg
会場では、抹茶茶わんをはじめ、
香炉や湯飲み、オブジェなど、
新作を中心に、約30点を展示・販売。
「彩華錦」(いろどりはなにしき)は、
加藤保幸さんの独自の技法で、
焼き締めの上に、金彩・銀彩で、
薄(ススキ)を描いたり、
唐草模様をあしらったりしている。
また、日展に出品したシリーズ作品、
「魂琉」(こんりゅう)もある。
07DSC_8042.jpg08DSC_8049.jpg09DSC_8064.jpg
加藤保幸さんは、
「焼き締めの侘び(わび)と、
華やかな金彩・銀彩との調和を、
楽しんでもらいたい。
ラテックスで抜いた部分に、
幾何学模様を描いた新作も、
ぜひ、見ていただきたい」と語った。

会期中無休。
開設時間は、午前10時から午後6時まで
(最終日は、午後3時まで)。
加藤保幸さんは、
土曜日と日曜日の午後に在廊。
問い合わせは、まちゆい
(TEL0572─53─3333)まで。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。