スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年02月03日 (16:47)

瑞浪高校が南相馬市の園児に「布コップ入れ」を【6回目】

岐阜県立瑞浪高等学校
(瑞浪市土岐町、小池泰彦校長)の
生活福祉科3年生66人が、
「布製のコップ入れ」を制作。
手作りした「150袋」を、
福島県南相馬市の園児に、プレゼントする。
01DSC_5810.jpg02DSC_5812_201702031618252ec.jpg03DSC_5819.jpg
瑞浪高校の教諭が、東日本大震災の被災地で、
ボランティア活動に参加。
「生活福祉科の生徒ができることで、
何か役に立つことを考えよう」と、
生徒に呼び掛けたところ、
布製のコップ入れを手作りし、
被災地の新入園児に、贈ることにした。
コップ入れの寄贈は、今年で6回目で、
毎年、南相馬市に贈っている。
04DSC_5822_201702031618431d7.jpg05DSC_5826_201702031618522f6.jpg06DSC_5832_201702031619022ec.jpg
生徒らは、「子どもの発達と保育」の
授業の一環として、制作。
作業を分担しながら、
昨年10月から、3カ月ほどかけて、
縦20センチ・横15センチの袋を、
ミシンで縫い上げた。
布コップ入れには、飛び出す仕掛けや、
「おめでとう」と書いた、メッセージカードを同封。
来週の頭に、南相馬市教育委員会あてに、
発送するとのこと。
07DSC_5838.jpg08DSC_5855.jpg
写真の生徒たちは、
生活福祉科の3年生6人。
生活福祉科の内木彩音さん
(3年生、18歳、ないき・あやね)は、
「小さい子どもが使うので、
男の子用は、青色を基調にかっこよく、
女の子用は、ピンクを基調にかわいらしく、
それぞれ仕上げた。
長く使う物なので、布と布がずれないように、
きれいに縫い上げた。
時間がたつと、被災地のことを忘れがち。
東日本大震災を、忘れないためにも、
コップ入れの寄贈は、後輩たちに、
引き継いでいきたい」と語った。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。