スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年02月02日 (16:27)

瑞浪高校で災害図上訓練【みずなみ防災会のL・E・Tを活用】

岐阜県立瑞浪高等学校
(瑞浪市土岐町、小池泰彦校長)の1・2年生、
約300人(普通科・生活福祉科)が、
2月2日(木曜日)と、
2月9日(木曜日)の2日間、
災害図上訓練(DIG)に取り組む。
01DSC_5573_201702021453412fc.jpg02DSC_5576.jpg03DSC_5564.jpg
04DSC_5557.jpg05DSC_5580.jpg06DSC_5577.jpg
瑞浪高校では、2年前に、
全学年を対象にした、災害図上訓練を実施。
高校在学中に、災害図上訓練を、
1度は体験しておこうと、
既に取り組んだ、現在の3年生を除き、
実施することにした。
07DSC_5567.jpg08DSC_5584.jpg09DSC_5586.jpg
10DSC_5592.jpg11DSC_5594.jpg12DSC_5600.jpg
講師は、
みずなみ防災会(伊藤道廣代表)のメンバーや、
瑞浪市消防本部の消防職員、
瑞浪市生活安全課の市職員、計10人が務めた。
今回は、みずなみ防災会が考案した
災害図上訓練(豪雨災害・土砂災害編)、
「L・E・T」(レット)を活用。
L・E・T(レット)は、
豪雨災害から命を守るため、
避難すべきタイミングを学ぶもの。
「Learn the evacuation timing」
(ラーン ジ エバキューエーション タイミング)の略。
13DSC_5605.jpg14DSC_5612.jpg15DSC_5614.jpg
16DSC_5622.jpg17DSC_5620.jpg18DSC_5640.jpg
本日は、1年生が受講。
訓練の想定は、梅雨の6月14日に、
豪雨となり、下校すべきかを判断するもの。
最初に、生徒らは、瑞浪高校や、
JR瑞浪駅がしるされた地図を使って、
道路・広場・避難所・緊急避難場所などを、
色分けしたり、シールを張ったりした。
続いて、瑞浪高校からJR瑞浪駅までの
帰宅ルートを検討した。
最後に、代表の生徒が発表。
「駅へ行くには、橋を渡る必要がある。
無理に帰らず、学校に残る」という意見が、
大半を占めた。
19DSC_5624.jpg20DSC_5629.jpg21DSC_5631.jpg
22DSC_5644.jpg23DSC_5653.jpg24DSC_5659.jpg
みずなみ防災会の伊藤道廣代表は、
「避難場所や避難所への経路が、
安全ではないなら、無理に行くべきではない。
また、必ずしも、瑞浪市内で逃げる必要はない。
安全が確認できるなら、市外に出てもいい。
いずれにしても、早めの避難が大事。
まずは、土砂災害ハザードマップで、
自分の地域のことを知ろう」と教えた。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。