スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年02月01日 (20:00)

陶芸家の秋山仁恵さんが大湫町の魅力を【瑞浪ライオンズクラブ】

瑞浪ライオンズクラブ
(瑞浪LC、井澤康樹会長)は、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で、
例会「瑞浪グランプリ光輝く人」を開いた。
瑞浪LCのメンバーら、約40人が参加した。
01DSC_5355_20170201161637429.jpg02DSC_5368.jpg03DSC_5375.jpg
今回は、副実行委員長として、
旧中山道大湫宿(瑞浪市大湫町)を舞台にした、
交流イベント「オオクテ・ツクルテ」の開催に、
尽力している陶芸家、
秋山仁恵さん(34歳、ひとえ)を、
講師に招いた。
演題は、「ツクルテと移住と私
~だって大湫が好きになったんだもん~」。
04DSC_5388.jpg05DSC_5395.jpg06DSC_5392_20170201161736ebf.jpg
土岐市出身の秋山さんは、
多治見工業高校のデザイン科を卒業後、
助産師の母親のアドバイスを受けて、
看護師の資格を取得。
看護師として働いていたが、
「子供のころから、絵描きになりたかった。
看護師の仕事も、面白かったが、
陶芸を、あきらめきれなかった」と、
振り返った。
多治見工業高校の専攻科で、陶芸を学ぶと、
平成22(2010)年には、
陶芸家の秋山佳吾さんと結婚した。
07DSC_5398.jpg08DSC_5383.jpg09DSC_5404.jpg
秋山仁恵さんは、
平成24(2012)年から、
平成26(2014)年までの3年間、
旧大湫小学校で開かれた、
おおくて廃校プロジェクト」に、
参加したのを機に、
大湫町とのかかわりができた。
平成27(2015)年6月に、
土岐市駄知町から、
瑞浪市大湫町に移住した。
10DSC_5418.jpg11DSC_5412.jpg12DSC_5408.jpg
秋山仁恵さんは、
「移住先は、山の中の一軒家だったが、
主人が、大湫町を気に入り、決めた。
勇気を持って移住したが、
今は、大正解だったと思う」と述べた。
13DSC_5421.jpg14DSC_5423.jpg15DSC_5429.jpg
また、「大湫町は、
『用事がなければ、行かない町』。
だから、みんなが来たくなるような
『用事をつくろう』と、イベントを企画した。
おおくて廃校プロジェクトは、
旧大湫小学校の耐震の問題で、幕を閉じたが、
自分の子供が、大人になったときに、
大湫町を、寂れた町にしたくないと思った。
そこで、町おこしのイベントとして、
オオクテ・ツクルテを、開催することにした。
オオクテ・ツクルテは、
おととし』と『昨年』の2回開催したが、今後も、
宿場町での出会いを楽しんでもらえる、
息の長いイベントにしていきたい」と語った。
16DSC_5438_201702011620295b7.jpg17DSC_5446.jpg18DSC_5449.jpg
なお、今年の「オオクテ・ツクルテ」は、
9月23日(土曜日)・9月24日(日曜日)・
9月30日(土曜日)・10月1日(日曜日)の
延べ4日間の開催を、予定している。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。