スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年01月21日 (22:54)

土岐市が外国人住民向けの「防災啓発講座」【5カ国が参加】

土岐市のまちづくり推進課は、
外国人住民向けの「防災啓発講座」を、
土岐市文化プラザ(土岐津町土岐口)で開いた。
01DSC_2685.jpg02DSC_2680.jpg03DSC_2693.jpg
04DSC_2700.jpg05DSC_2708.jpg06DSC_2716.jpg
土岐市は、岐阜県内において、
外国人集住数が高く、東濃5市では1番多い。
言葉・文化・慣習の違いや、
災害時における情報不足などにより、
災害弱者になりかねない外国人に対して、
防災啓発を図ろうと、企画。
岐阜県が実施している、
「外国人向け防災啓発出前講座」を活用した。
県では過去に、美濃加茂市や各務原市などで、
外国人向けの防災啓発出前講座を開催しているが、
土岐市で行うのは、今回が初めて。
07DSC_2711.jpg08DSC_2740.jpg09DSC_2727.jpg
10DSC_2723.jpg11DSC_2728.jpg12DSC_2753.jpg
岐阜県・土岐市のほか、
土岐市国際交流協会(籠橋一貴会長)が協力し、
地元に住む外国人に、参加を呼び掛けた。
中国・ベトナム・スリランカ・
マレーシア・インドネシアの5カ国から、
土岐市在住者を中心に、約30人が参加。
講師は、岐阜県危機管理部防災課防災企画係の
野崎禎暁主査(よしあき)が務めた。
レジュメ(資料)は、日本語のほか、
英語・中国語・タガログ語に翻訳された、
4種類を用意した。
13DSC_2730.jpg14DSC_2735.jpg15DSC_2756.jpg
16DSC_2741.jpg17DSC_2704.jpg18DSC_2773.jpg
野崎禎暁主査は、
「災害から命を守るために」と題して、
日本や岐阜県における地震の発生状況や、
南海トラフ巨大地震の被害想定、
万一の災害に備えて、
事前に用意しておく物などを説明。
日本語が分かる参加者が、
分からない参加者のために、通訳を務めた。
19DSC_2770.jpg20DSC_2765.jpg21DSC_2791.jpg
22DSC_2787.jpg23DSC_2778.jpg24DSC_2785.jpg
参加した外国人らは、最後に、
土岐市内の「洪水ハザードマップ」を見ながら、
自宅から一番近い避難所の場所や、
浸水想定区域などを、熱心に確認していた。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。