スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年01月16日 (11:05)

セラテクノ土岐のX線回折装置を更新【寄付金1千万円を活用】

土岐市は、昨年12月末に、
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(土岐市肥田町肥田)の
分析機器装置(X線回折装置)を、
更新した。
01DSC_1700.jpg02DSC_1706_201701161123293dd.jpg
X線回折装置は、分析対象が、
どのような結晶構造をしているのか、調べる装置。
窯業においては、
鉱山で採掘された原料や、
製造段階の中間製品、完成品などを対象に、
測定を行い、品質の判定に使用している。
03DSC_1710.jpg04DSC_1715.jpg
従来あったX線回折装置は、
平成7(1995)年に導入。
試験場が研究開発に利用するほか、
地元の企業が持ち込んだ試料の依頼試験など、
年間300件程度、実施してきた。
しかし、20年以上の使用により、老朽化。
保守部品の入手も、困難となっていた。
05DSC_1719.jpg06DSC_1737_20170116112336a40.jpg
新たに買い替えた、X線回折装置は、
約1250万円で購入。
購入には、
地場産業の振興に役立ててほしいと、
土岐市内の企業が寄付した、
1000万円を活用。
残りは市費で賄った。
07DSC_1728.jpg08DSC_1740.jpg
新装置は、株式会社リガクの
試料水平型多目的X線回折装置 Ultima IV」。
従来の装置に比べ、感度が50倍以上、向上した。
また、測定時間も、25分程度掛かっていたが、
10分程度に短縮した。
さらに、未知試料中の鉱物含有量の推測も、
できるようになった。
09DSC_1746_20170116112340cd8.jpg10DSC_1752.jpg
X線回折分析試験の料金は、
1試料に付き、2500円。
ただし、料金改定により、
今年の4月1日からは、
土岐市内の人は2500円に、
土岐市外の人は3700円になる。

問い合わせは、
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐
(TEL0572─59─8312)まで。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。