スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年01月12日 (12:42)

ミュージアム中仙道で「酉展」【常設展もリニューアル】

「新春 絵画 酉(とり)展」が、
ミュージアム中仙道
(瑞浪市明世町戸狩、小栗幸江館長)で、
開かれている。
会期は、2月26日(日曜日)まで。
01DSC_1231.jpg02DSC_1262.jpg
今年、平成29(2017)年は、
酉(とり)年。
ミュージアム中仙道が所蔵する、
作品の中から、鳥が描かれた作品を、
一堂に集めた。
円山応挙や柳沢淇園、雪村など、
絵師・文人画家・禅僧らの作品で、
時代は、室町後期から昭和までと、幅広い。
掛け軸や屏風(びょうぶ)、陶板、
色紙など、約20点が並ぶ。
03DSC_1221.jpg04DSC_1235.jpg
『土岐の鷹』と呼ばれ、
鷹(タカ)の絵を好んで描いた守護大名、
土岐頼芸(1502─1582)による、
屏風「鷹の図」や、
昨年、生誕300年を迎えた絵師、
伊藤若冲(1716─1800)による、
「孔雀の図」・「双鶏図」などに、
注目が集まっている。
web-EPSON495.jpg
また、ミュージアム中仙道では、
地歌舞伎「美濃歌舞伎」を特集した、
常設展をリニューアル。
衣装・小道具・絵画などが並び、
地歌舞伎の歴史と文化を、
たどることができる。
05DSC_1275_20170112114400cdf.jpg06DSC_1268.jpg
瑞浪市明世町戸狩331/
開館時間は午前9時から午後5時まで。
入館は午後4時30分まで/休館日は月曜日/
入館料は一般が200円で、中学生以下は無料/
TEL0572─68─0505/
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。