スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年11月29日 (22:26)

曽根氏庭園(磁叟庵庭園)が国登録記念物に【岐阜県初】

瑞浪市陶町猿爪(ましづめ)の
曽根氏庭園(磁叟庵庭園)が、
国登録記念物(名勝地)に、登録された。
岐阜県内で、登録記念物が登録されたのは、
今回が初めて。
瑞浪市内の文化財名勝地としては、
昭和9(1934)年1月22日に、
国指定となった、
日吉町の「鬼岩」に次いで、2件目。
01DSC_3111.jpg02DSC_3119.jpg03DSC_3121.jpg
曽根氏庭園(そねしていえん)
《磁叟庵庭園》(じそうあんていえん)は、
平成28(2016)年10月3日付で、
文化財登録原簿に、正式に登録された。
文化庁から交付された、
「登録書」と「登録プレート」の伝達式が、
瑞浪市役所で開かれ、平林道博教育長が、
所有者の曽根昭太さん(71歳)に手渡した。
04DSC_3127.jpg05DSC_3129.jpg06DSC_3146_2016112915422154a.jpg
曽根氏庭園(磁叟庵庭園)の面積は、
887・99平方メートル
(建物部分の敷地面積を含む)。
現在は、曽根昭太さんの自宅と、
曽根昭太さんが店主を務める、
茶房「磁叟庵」(じそうあん)になっている。
07DSC_3139.jpg08DSC_3150.jpg09DSC_3133.jpg
曽根昭太さんは、
「庭師さんへの代金など、維持管理が大変だが、
茶房『磁叟庵』を、多くの皆さんが、
利用してくれるおかげで、成り立っている。
陶町の産業構造は、変わってしまい、
この庭園は、その遺物みたいなものだが、
何とか残していきたい。
自分だけの庭にしないで、
一般に公開したことが、評価されたと思う。
登録されたことで、責任が重大になったが、
精を出して頑張りたい」と語った。
01DSC_0214.jpg02DSC_0219.jpg13DSC_0220.jpg
15DSC_0317.jpg14DSC_0290.jpg16DSC_0323.jpg
【庭の写真は、今年の9月16日に撮影】
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。