スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年11月18日 (17:36)

瑞浪高校が手作り座布団を瑞浪駅に設置【家庭クラブ】

岐阜県立瑞浪高等学校
(瑞浪市土岐町、小池泰彦校長)の
「家庭クラブ」の生徒が、
JR瑞浪駅(瑞浪市寺河戸町)に、
手作りの座布団を贈った。
01DSC_9834_20161118173858f48.jpg02DSC_9845.jpg03DSC_9854_2016111817392685b.jpg
瑞浪高校の家庭クラブでは、
電車を待つ乗客が、快適に利用できるように、
駅構内のベンチに、設置するための座布団を、
制作している。
座布団の寄贈は、奉仕活動の一環として、
毎年行っており、今年で36年目。
04DSC_9871.jpg05DSC_9883.jpg06DSC_9892_2016111817401922a.jpg
家庭クラブの生徒のうち、
1~3年生、約60人が、
10月上旬から1カ月ほど掛けて、
69枚の座布団を準備。
69枚のうち、
20枚は、新たに制作したもので、
残りは、昨年までの座布団を、補修した。
座布団は、フリース生地で、
破れないように、重ね縫いを施した。
また、ベンチの形状に合わせられるように、
ひもの位置が違う、2種類の座布団を用意した。
07DSC_9895.jpg08DSC_9905.jpg09DSC_9914.jpg
座布団の寄贈には、
家庭クラブの執行部を務める、
2・3年生、18人が参加。
生徒らは、座布団に取り付けたひもで、
ホームのベンチに、くくり付けた。
駅構内にある61席に、座布団を設置。
残りは、破損した際の予備にした。
来年4月下旬まで、取り付けておく。
10DSC_9924.jpg11DSC_9952.jpg12DSC_9962.jpg
家庭クラブの工藤梨菜会長
(3年生、18歳、りな)は、
「下級生に、やり方を教えることで、
今年も座布団を、用意することができた。
これから寒くなるが、駅を利用する人たちが、
少しでも温かく過ごしてもらえれば、うれしい。
座布団の寄贈は、家庭クラブの伝統行事。
後輩たちも、続けていってほしい」と語った。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。