スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年11月17日 (13:58)

3市の消防本部が合同火災防御訓練【林野火災を想定】

愛知県豊田市・岐阜県瑞浪市・
岐阜県土岐市の3市の消防本部は、
土岐市曽木町の土岐市営曽木グラウンドで、
「合同火災防御訓練」を行った。
01DSC_9477.jpg02DSC_9490.jpg03DSC_9508.jpg
04DSC_9509_20161117124242622.jpg05DSC_9511.jpg06DSC_9515.jpg
3市による、合同火災防御訓練は、
「消防相互応援協定」に基づくもので、
年1回、持ち回りで実施している。
今回は、土岐市消防本部が担当。
愛知県と岐阜県の県境付近で、
林野火災が発生したと、想定した。
07DSC_9530.jpg08DSC_9534_2016111712462087c.jpg09DSC_9538.jpg
10DSC_9543.jpg11DSC_9555.jpg12DSC_9559.jpg
合同訓練には、
豊田市消防本部の藤岡小原分署から、
タンク車1台・消防職員4人が、
瑞浪市消防本部の陶分署からは、
タンク車1台・消防職員3人が、
土岐市消防本部の
土岐市北消防署からは、
水槽車1台・消防職員3人が、
土岐市消防本部の
土岐市南消防署からは、
指揮車1台・タンク車2台・
消防職員7人が、参加した。
3カ所に、火点を設けた。
13DSC_9566.jpg14DSC_9572.jpg15DSC_9587.jpg
16DSC_9600.jpg17DSC_9608.jpg18DSC_9617.jpg
最初は、土岐市消防本部が出動。
現場本部を設置したり、
火点に向けて、放水したりした。
延焼状況を把握すると、
豊田市・瑞浪市の両消防本部に、応援を要請。
曽木グラウンドから、約300メートル離れた、
バーデンパークSOGIの駐車場に、
集結・待機していた両市の車両も、出動した。
豊田市消防本部・瑞浪市消防本部は、
土岐市消防本部の指示を受けて、対応。
豊田市・瑞浪市の両市のタンク車は、
土岐市の水槽車から、送水を受けた。
19DSC_9627.jpg20DSC_9634.jpg21DSC_9640.jpg
22DSC_9649.jpg23DSC_9652.jpg24DSC_9686.jpg
訓練終了後には、意見交換会も開催。
「集結待機場所の決めた方は、適切か」とか、
「防災ヘリなどを誘導する際に、
GPSを活用できないか」、
「今回のような実践訓練だけではなく、
図上(机上)訓練も、必要ではないか」
といった、意見が出された。
25DSC_9665.jpg26DSC_9677.jpg27DSC_9699.jpg
土岐市南消防署の西尾満昭署長は、
「デジタル無線による交信が、
3市の消防本部の間で、
不具合無くできたのが、良かった。
今回は、林野火災を想定したが、
南海トラフなど、大規模な地震の際も、
他市との連携が、重要になる。
そのためにも、合同訓練を通じて、
『顔が見える関係』を、
築いておきたい」と語った。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。