スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年10月21日 (23:41)

22日(土)23日(日)は「第6回・妻木クラフト展」【スペース岳】

10月22日(土曜日)と、
10月23日(日曜日)の両日、
土岐市妻木町の「ギャラリースペース岳」一帯で、
「第6回・妻木クラフト展」が開かれる。
01DSC_1345.jpg02DSC_1338.jpg03DSC_1328_2016102122493211b.jpg
手作り品の良さを、知ってもらうとともに、
クラフト作家同士の交流の場にしようと、
平成23(2011)年に、第1回を開催。
20歳代から70歳代までのクラフト作家ら、
13人でつくる、「妻木クラフト展実行委員会」
(田中美奈子実行委員長《陶芸家・46歳》)が、
主催する。
今年は、過去最多となる、44ブースが並ぶ。
04DSC_1347.jpg05DSC_1334_20161021224938bc2.jpg06DSC_1339.jpg
東濃5市を中心に、
京都府や群馬県など、県内外の作家らが、
絵画・陶芸・木工・皮革・ガラス工芸・
五平もち・弁当・カレーライスなどを販売。
会場では、土岐市泉池ノ上町の障害者支援施設、
「NPO法人アガペケアセンター土岐」の
障害者が制作した、「はり絵」を展示する。
また、スタンプラリーも行い、
会場内、3カ所を巡った人には、
来年のカレンダー(2000部を用意)を、
プレゼントする。
07DSC_1367_201610212250324fd.jpg08DSC_1357.jpg09DSC_1364_20161021225034b42.jpg
妻木クラフト展の発起人で、
「ギャラリースペース岳」のオーナー、
奥田幸子さん(67歳、ゆきこ)は、
「実行委員会のメンバーは、
販売で、手いっぱいになる。
会場設営や、駐車場の整理など、
地元住民の協力があるおかげで、開催できる。
今後も、地域に根ざした、
手作り感あふれるイベントにして、
妻木町を盛り上げたい」と語った。
gaku2016-01.jpggaku2016-02.jpggaku2016-03.jpg
時間は、午前10時から午後4時まで。
雨天決行で、入場無料。
問い合わせは、妻木クラフト展実行委員会
(TEL0572─57─3360)まで。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。