スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年10月15日 (13:31)

セラピー犬「ちぃ」がドリーム陶都に【岐阜県動物愛護センター】

社会福祉法人「陶都会」
(三輪鉦子理事長、まさこ)が運営する、
複合介護老人福祉施設「ドリーム陶都」
(土岐市下石町、田中良夫施設長)に、
動物介在活動犬(アニマルセラピー犬)、
「ちぃ」がやって来た。
1週間程度、環境(職場)に慣れた後、
ドリーム陶都の「スタッフ」の一員として、
利用者と触れ合う「仕事」に就き、癒しを与える。
01DSC_9799.jpg02DSC_9806.jpg03DSC_9809.jpg
ちぃは、セラピー犬になるために、
岐阜県動物愛護センター
(美濃市片知、中村良介所長)で、
トレーニングを受けてきた。
平成26(2014)年4月に開所した、
岐阜県動物愛護センターには、
岐阜県内の各保健所(岐阜市を除く)から、
迷い動物や飼えなくなった動物などのうち、
譲渡に適した動物が、集まってくる。
その数は、年間で、
犬が約50頭、猫が約100頭という。
その中から、適性のある犬を選定し、
各種訓練を実施した後、動物介在活動犬として、
社会福祉施設などに、譲渡している。
04DSC_9822.jpg05DSC_9827.jpg06DSC_9828.jpg
過去の実績として、
今年の1月には、
ゴールデンレトリバーの「ホープ」(メス)を、
岐阜老人ホーム(岐阜市)に、
同じく5月には、
シーズーMIXの「ぽん」(オス)を、
介護結ぶ(大垣市)に、それぞれ譲渡している。
ゴールデンレトリバーの「ちぃ」
(メス、推定6歳)は、3頭目になる。
07DSC_9836.jpg08DSC_9831.jpg09DSC_9837_2016101514155478c.jpg
迷い犬だった「ちぃ」は、
平成27(2015)年7月に、
岐阜県動物愛護センターが引き取り、
同年8月から、訓練を開始した。
ドリーム陶都の田中良夫施設長(46歳)は、
シーズーMIX「ぽん」の新聞記事を読んで、
岐阜県動物愛護センターのことを知ると、
愛犬家だったこともあり、
6月6日に、同センターを訪問。
訓練中だった、ちぃと出会った。
田中良夫施設長は、
「人間の身勝手さで、殺処分される動物がいる。
なんとか、センターの役に立ちたかった。
ちぃが、たとえ訓練に合格できなかったとしても、
施設のペットとして、引き取るつもりでいた。
そのぐらい、一目ぼれだった」と語った。
7月14日には、ちぃが、ドリーム陶都を訪問。
既に、利用者との「顔見せ」は、済ませている。
無事、訓練を修了し、本日の譲渡に至った。
10DSC_9840_20161015141557721.jpg11DSC_9841.jpg12DSC_9843.jpg
現在、岐阜県動物愛護センターには、
犬が8頭、猫が25頭いる。
社会福祉施設などから、
数件の問い合わせはあるが、
セラピー犬になるための訓練を、
受けている犬はいない。
13DSC_9845.jpg14DSC_9847.jpg15DSC_9851.jpg
問い合わせは、岐阜県動物愛護センター
(TEL0575─34─0050)まで。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。