スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年10月14日 (12:22)

下石小5年生60人が「山神地区」で稲刈り体験

土岐市立下石小学校の5年生が、
土岐市下石町山神地区の田んぼで、
「米作り~稲刈り体験活動~」を行った。
01DSC_9531.jpg02DSC_9541_20161014112402290.jpg03DSC_9533.jpg
04DSC_9551.jpg05DSC_9545.jpg06DSC_9564.jpg
稲を刈った場所は、
土岐市農業委員の安藤喜久夫さん
(75歳、農業)が所有する、
約250平方メートルの田んぼ。
農業への関心を高めようと、
下石小では、毎年、5年生が行っており、
安藤さんの田んぼを使うのは、10年目。
児童らは、今年の6月2日に
うるち米「あさひの夢」の苗を植えた。
今年は初めて、「ミネアサヒ」も、
一部で栽培した。
07DSC_9571.jpg08DSC_9583.jpg09DSC_9577.jpg
稲刈り体験には、
安藤喜久夫さんの家族のほか、
「JAとうと」の職員6人や、
保護者8人なども協力。
児童らは、鎌(かま)で刈り取った後、
束にしてまとめ、稲掛け(はざかけ)にした。
10DSC_9605_20161014112603290.jpg11DSC_9608.jpg12DSC_9677.jpg
安藤喜久夫さんは、
「本来、10月4日(火曜日)に、
稲刈りを行う予定だったが、
雨が続き、今日まで延期となった。
地面に対して、稲穂が水平になったころが、
刈り入れ時期だが、
遅すぎて、垂れすぎている。
今年は、やや豊作だが、
水枯れによる影響が、心配」と語った。
13DSC_9594.jpg14DSC_9657.jpg15DSC_9615.jpg
16DSC_9599.jpg17DSC_9651.jpg18DSC_9670.jpg
なお、5年生は、学校で、
バケツを使って、「ササニシキ」も栽培。
こちらは、10月7日(金曜日)に、
ハサミで刈り取った。
19DSC_9609.jpg20DSC_9632.jpg21DSC_9629.jpg
本日、刈り取った稲は、児童らが、
10月20日(木曜日)に、脱穀する予定。
12月上旬には、学校で、「収穫祭」を開く。
日ごろの感謝の気持ちを伝えようと、
登下校の見守りをしている高齢者らを招いて、
『おにぎり』などで、もてなす。
22DSC_9624.jpg23DSC_9681.jpg24DSC_9689.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。