スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年09月17日 (22:18)

明日18日(日)は「陶与左衛門窯まつり」【焼成は20日(火)まで】

瑞浪市陶町大川地区にある6連房式登り窯、
「陶与左衛門窯」(すえよざえもんがま)で、
昨日、9月16日(金曜日)から、
12回目の焼成が、始まった。
9月20日(火曜日)までの5日間、
昼夜を問わず、たき続ける。
01DSC_2417.jpg02DSC_2465.jpg03DSC_2429.jpg
焼成は、
「陶町明日に向って街づくり推進協議会」
(長谷川孝夫会長)などが主催。
陶与左衛門窯は、
平成17(2005)年12月に完成し、
年1回、焼成を行っている。
04DSC_2422.jpg05DSC_2434.jpg06DSC_2457.jpg
今回は、食器や花瓶、傘立て、
ランプシェードなど、約3500点を窯詰め。
同窯に隣接する「陶房」で開かれた、
陶芸教室の受講生や、
地元の陶小学校と瑞浪南中学校の児童生徒、
多治見工業高校専攻科の生徒らの作品を、
窯に入れた。
今年は初めて、
恵那市立明智小学校の児童から、
作品の焼成を、託された。
07DSC_2478.jpg08DSC_2483.jpg09DSC_2489.jpg
50~70歳代の地元住民らを中心に、
約20のグループをつくり、
6時間ごとに交代しながら、
延べ250人以上で、焼き上げる。
最高温度1250度を目指し、
アカマツやクロマツなどの薪(まき)、
約1200束を、くべ続けるとのこと。
窯出しは、9月25日(日曜日)を予定。
10DSC_2514.jpg11DSC_2509_2016091721143089a.jpg12DSC_2508.jpg
明日、9月18日(日曜日)は、同所で、
「第7回・陶与左衛門窯まつり」が開かれる。
以前は、窯出しに合わせて、
陶与左衛門窯まつりを開いていたが、
平成26(2014)年から、
焼成期間中の開催に、変更した。
まつりの時間は、午前10時から午後3時まで。
13DSC_2524.jpg14DSC_2447.jpg15DSC_2518.jpg
問い合わせは、
陶与左衛門窯
(TEL0572─65─3776)または、
陶コミュニティーセンター
(TEL0572─65─2112)まで。
sue2016.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。