スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年09月06日 (14:53)

15日(木)に被爆体験証言者が講演会【瑞浪市社協】

社会福祉法人「瑞浪市社会福祉協議会」
(渡邉勝利会長)は、
9月15日(木曜日)に、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)講堂(3階)で、
平成28年度・福祉講演会
「ヒロシマからのメッセージ
~放射線と闘う至近距離被曝者・命の記録~」を開く。
DSC_0207_20160906142001237.jpg
今年の5月27日に、
アメリカ合衆国のバラク・オバマ大統領が、
現職の米大統領としては初めて、広島市を訪問。
核兵器の廃絶に向け、国際的な機運が高まった。
瑞浪市社会福祉協議会では、
原爆による被ばく者が、高齢化してきており、
直接、証言が聴ける、貴重な機会を設けようと、
講演会を企画した。

講師として、
公益財団法人「広島平和文化センター」の
被爆体験証言者、兒玉光雄さん
(83歳、こだま・みつお)を招く。
兒玉光雄さんは、旧制広島一中1年生の時に、
広島市に落とされた原子爆弾によって、被爆した。
web-hiroshima.jpg
開場は、午後1時。
福祉講演会は、
午後1時30分から午後3時15分まで。
入場無料(申し込み不要)。
瑞浪市外の人も、聴講できる。

問い合わせは、瑞浪市社会福祉協議会
(TEL0572─68─4148)まで。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。