スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年08月17日 (23:30)

瑞浪市総合文化センターで初の「ナイトアドベンチャー」

瑞浪市教育委員会の社会教育課は、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で、
中央公民館夏休み特別イベント
「ナイトアドベンチャー・
文化センターの秘宝を探せ!」を行った。
01DSC_5006.jpg02DSC_5012.jpg03DSC_5026.jpg
04DSC_5028_201608172227063e3.jpg05DSC_5031.jpg06DSC_5034.jpg
瑞浪市総合文化センターでは、
中央公民館の夏休みイベントの一環として、
普段はなかなか見られない、
舞台裏を見学するツアーを企画。
初開催の昨年は、
ステージ探検ツアー」と題して、
昼間に行った。
今年は、「ナイトアドベンチャー」と題して、
午後7時から午後8時まで行った。
07DSC_5038_20160817222823642.jpg08DSC_5040.jpg09DSC_5054.jpg
10DSC_5060.jpg11DSC_5063.jpg12DSC_5068.jpg
瑞浪市内の小学生、14人が参加。
最初に、中央公民館の柴田宏館長
(社会教育課長、59歳)から、
手作りの「隊員証」が交付され、
探検隊の隊員となった。
今年のシチュエーションは、
昨年、探検ツアーの『隊長』を務めた、
加藤龍嗣さん(瑞浪市職員)が、
宝の在りかを記した、メモを残して、
行方不明になった、という設定。
キャストはすべて、市職員が演じ、
子供たちを楽しませようと、熱演した。
13DSC_5103.jpg14DSC_5079.jpg15DSC_5089.jpg
16DSC_5091.jpg17DSC_5093.jpg18DSC_5098.jpg
子供隊員らは、『怪人』の手下が出す、
総合文化センターに関する、
クイズを解きながら、
加藤隊長と宝の行方を追った。
途中、舞台の照明装置を操作し、
スクリーンの色を変えたり、
音響設備を使った、
ボイスチェンジを体験したりして、楽しんだ。
19DSC_5105.jpg20DSC_5109.jpg21DSC_5113.jpg
22DSC_5120.jpg23DSC_5122.jpg24DSC_5128.jpg
子供たちは、クイズに正解すると、
楽屋に監禁されていた、加藤隊長を発見。
宝も手に入れて、無事、任務を完了した。
25DSC_5134.jpg26DSC_5145.jpg27DSC_5148.jpg
28DSC_5151.jpg29DSC_5160.jpg30DSC_5170.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。