スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年08月12日 (17:24)

土岐医師会が新体制に【土岐市・瑞浪市の両市長を訪問】

一般社団法人「土岐医師会」は、
今年の6月に、役員・理事を改選。
熊谷恒朗参与(熊谷医院理事長、つねあき)、
中島均会長(中島医院院長、ひとし)、
加藤風志副会長(加藤耳鼻咽喉科医院院長、かざし)、
江口研副会長(大湫病院院長、けん)の4人が、
土岐市役所・瑞浪市役所を訪問。
加藤靖也土岐市長・水野光二瑞浪市長に、
それぞれ就任あいさつを行った。
01DSC_4451.jpg02DSC_4456.jpg03DSC_4465_20160812160020589.jpg
土岐市と瑞浪市を管轄する、
土岐医師会(所在地・土岐市土岐津町高山)は、
昭和22(1947)年9月1日に、
社団法人「土岐郡医師会」として設立。
昭和47(1972)年12月4日に、
社団法人「土岐医師会」に、
平成24(2012)年4月1日には、
一般社団法人「土岐医師会」になった。
平成26(2016)年6月1日現在、
会員数は121人。
役員の任期は、1期2年。
04DSC_4468.jpg05DSC_4470.jpg06DSC_4478.jpg
熊谷恒朗参与は、
平成18(2006)年度から、
平成27(2015)年度までの5期10年、
土岐医師会の会長を務め、地域医療の向上に尽力。
また、土岐医師会准看護学校の校長も務め、
優れた准看護師を、数多く輩出してきた。
今回、土岐医師会のトップに就いた、
中島均新会長は、
土岐医師会准看護学校の校長職も、引き継いだ。
07DSC_4485.jpg08DSC_4497.jpg09DSC_4532.jpg
熊谷恒朗参与は、
「10年間、長いようで、短かった。
市長さんや行政の皆さんには、
大変お世話になりました。
土岐医師会は、中島均先生をはじめ、
若い医師たちによる、新体制に移行した。
これからも、よろしくお願いします」と述べ、
「1つの医師会に、自治体が2つあるというのは、
温度差もあるし、財布の都合もある。
その調整のために、いろいろ申し上げてきましたが、
それに従っていただき、本当にありがたかった。
東濃には、3つの医師会があるが、
自治体との関係が、1番良いのは、
土岐医師会だと思う」と語った。
10DSC_4509.jpg11DSC_4528.jpg12DSC_4549.jpg
中島均会長は、
「土岐医師会では、土岐市・瑞浪市において、
地域の医療体制・救急体制を構築するため、
いろいろと、積み重ねてきた。
壊すのは簡単だが、築くのは大変。
なんとか、現在のシステムを、維持していきたい。
行政には、次の体制を見据えた、
素早い行動を、お願いします」と述べた。

参与・会長・副会長以外の役員は、次の皆さん。
【理事】
勝股真人・塚本英人・伊藤昭宏・瀬尾裕志・
山口浩一・古積晃・高木博・田伏英晶
【監事】
勝安彦・矢野元子
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。