スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年07月06日 (15:25)

瑞浪市と日本下水道事業団が災害支援協定【東海3県では初めて】

瑞浪市と、
地方共同法人「日本下水道事業団」
(東京都文京区、谷戸善彦理事長)は、
『災害支援協定』を締結。
締結式が、瑞浪市役所で開かれ、
水野光二市長と、
谷戸善彦理事長(やと・よしひこ)が、
協定書に署名した。
日本下水道事業団が、
全国の自治体と交わした、
同様の協定としては、39件目。
東海3県では、瑞浪市が初めて。
01DSC_3759.jpg02DSC_3767.jpg03DSC_3768.jpg
協定は、瑞浪市が所管する下水道施設で、
災害(地震・落雷・豪雨など)が発生した場合に、
日本下水道事業団が、災害支援を円滑に進め、
施設の機能を、迅速に回復させるためのもの。
「下水道法」と「日本下水道事業団法」が、
平成27(2015)年5月に、
一部改正されたことにより、
協定が結べるようになった。
協定を締結したことで、万一被災した場合、
日本下水道事業団の職員は、市の要請を受けて、
現地調査・施設の点検・簡易消毒の実施・
仮設ポンプの設置などができる。
04DSC_3774.jpg05DSC_3775.jpg06DSC_3786.jpg
対象となる施設は、
【処理場】
◎瑞浪市浄化センター
(下沖町・供用開始=昭和40年1月)
【ポンプ場】
◎益見汚水中継ポンプ場
(上平町・供用開始=昭和49年11月)
◎小田汚水中継ポンプ場
(西小田町・供用開始=昭和63年4月)
◎土岐汚水中継ポンプ場
(土岐町・供用開始=平成5年3月)
の4施設。
07DSC_3793.jpg08DSC_3811.jpg09DSC_3805.jpg
今回の協定の有効期間は、
平成29(2017)年3月31日まで。
これ以降は、状況を確認しながら、
年度ごとに、更新していく。
10DSC_3816.jpg11DSC_3800.jpg12DSC_3820.jpg
なお、瑞浪市浄化センターの一部では、
現在、「耐震工事」が行われているが、
残りの部分については、
平成28年度中に、「耐震診断」を行う。

また、瑞浪市は、
し尿・浄化槽汚泥・下水道汚泥を、
一括処理するための施設を、
瑞浪市浄化センターで、新築中。
その建設工事を、
日本下水道事業団に委託している。
新施設の供用開始は、
平成30(2018)年4月を予定している。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。