スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年05月26日 (23:54)

ギャラリースペース岳が20周年記念「ありがとう展」

ギャラリースペース岳(土岐市妻木町)で、
明日、5月27日(金曜日)から、
「20周年記念・ありがとう展」が始まる。
会期は、6月5日(日曜日)まで。
01DSC_2779_20160527004309f6e.jpg02DSC_2696.jpg
ギャラリースペース岳は、
平成9(1997)年5月8日に、
東濃洋画家連盟などで活躍する洋画家、
奥田幸子さん(67歳、ゆきこ)がオープン。
絵画」と「アレンジフラワー」の教室を開くほか、
ガス窯や、貸し工房&シェアハウスなどもあり、
若手芸術家の育成に、努めている。
03DSC_2711_201605270043144c3.jpg04DSC_2702.jpg
奥田幸子さんは、
岐阜県立多治見工業高等学校の卒業生。
今展には、母校の先輩たちが中心となり、出品した。
会場には、絵画と陶芸作品が並び、
絵画は、6号から30号まで、洋画ばかり15点が、
陶芸は、食器・花器・オブジェなど、約50点が、
それぞれ展示されている。
05DSC_2727.jpg06DSC_2742.jpg
また、長年、東光会の理事を務め、
多治見工業高校の校長だった、
故・水野一好さんによるバラの絵や、
多治見工業高校の教頭で、
美濃陶芸界の重鎮としても活躍した、
故・小林文一さんのぐい飲みも、
飾られている。
07DSC_2747.jpg08DSC_2757.jpg
奥田幸子さんは、
「質の良いアートを紹介したくて、開設した。
オープン10周年を迎えた時、
若手作家が育つように、
環境作りにも、力を入れようと思った。
10周年から、さらに20周年になる間には、
貸し工房&シェアハウスが完成したり、
若手作家らと一緒に、『妻木クラフト展』を、
毎年、開けるように、なったりもした。
妻木町は、昔から、モノ作りのまち。
今後は、地元の自治会と、連携を図りながら、
まちの活性化に、つなげたい」と語った。
09DSC_2786.jpg10DSC_2767.jpg
出展作家は、次の皆さん。
【陶芸出展作家】
安藤博允・竹下努・田中美奈子・小林文一(故人)
【絵画出展作家】
浅井礼二郎・伊藤文生・奥田幸子・加藤丈視・
川上景也・林こうじ・肥田雄二郎・水野匡(匤)・
宮地邦子・渡辺一美・水野一好(故人)
11DSC_2776.jpg12DSC_2754.jpg
土岐市妻木町391─4/入場無料/
6月2日(木曜日)は定休日/
午前10時から午後5時まで/
TEL0572─57─3360/

※下の写真は、
平成18(2006)年4月18日に撮影。
ギャラリースペース岳の開設10周年記念、
「1作品100人展」(前期)より。
01DSC_0004_20160527001720abb.jpg02DSC_0012.jpg
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。