スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年02月19日 (17:44)

向井一峰さんが「岐阜県伝統文化継承功績者顕彰」に輝く

瑞浪市大湫町の陶芸家、
向井一峰さん(61歳、いっぽう)が、
平成27年度・岐阜県伝統文化継承功績者顕彰
(陶芸「織部」技術の保存・伝承)を受賞。
瑞浪市役所を訪れ、水野光二市長と、
平林道博教育長に、喜びを語った。
瑞浪市内の顕彰者・顕彰団体としては、10件目。
01DSC_1457.jpg02DSC_1461.jpg03DSC_1463.jpg
向井一峰さんは、
青森県南津軽郡大鰐町」の出身。
早稲田大学第一文学部美術史学科を卒業後、
陶芸を志した。
昭和56(1981)年から、
加藤霞仙さん(瀬戸市、かせん)に師事。
昭和62(1987)年からは、
故・林虎男さん(土岐市)に師事し、
瑞浪市大湫町に、
「北冥窯」(ほくめいがま)を開窯した。
平成12(2000)年には、
美濃陶芸協会」に入会。
平成23(2011)年からは、
美濃陶芸協会の理事を務めている。
また、「瑞浪陶芸協会」の会員でもある。
04DSC_1474.jpg05DSC_1473.jpg06DSC_1481.jpg
織部を中心に、
御深井・安南手の茶陶や和食器を制作する傍ら、
現代感覚を取り入れた、作品にも取り組むなど、
意欲的に、創作活動を継続していることなどが、
評価された。
07DSC_1470.jpg08DSC_1483.jpg09DSC_1488.jpg
向井一峰さんは、
「子供のころから、茶道をたしなみ、
焼きものが好きだったから、
陶芸の道を歩んできた。
顕彰状を受賞できたのは、
皆さんに、認めていただけたからであり、
とてもうれしい。
所属する、瑞浪陶芸協会の会員も、
高齢化してきた。
また、ご縁があったおかげで、青森県から、
瑞浪市に移り住むこともできた。
おこがましいかもしれないが、今後は、
市内で活動する、若手の陶芸家の力を集めて、
瑞浪市のために、何かお役に立ちたい」と語った。

ちなみに、向井一峰さんの妻は、
陶芸家の林保江さん。
林保江さんは、故・林虎男さんの長女。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。