スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2015年10月22日 (23:46)

瑞浪オープンファクトリーに参加を【発案者の玉川幸枝さんに聴く】

瑞浪市と可児市の陶磁器メーカーなど、
10社でつくる任意団体、
「焼き物産地プロモーション委員会」は、
11月5日(木曜日)、
11月6日(金曜日)、
11月7日(土曜日)の3日間、
『瑞浪(みずなみ)オープンファクトリー』を行う。
工場見学を行うバスツアーで、
現在、参加者を募集している。
定員は、各日25人で、
参加費は、5000円(ランチ代・保険料込み)。
恵那陶磁器工業協同組合の提供による、
「美濃焼タンブラー」のお土産付き。
工場見学バスツアー-チラシ瑞浪オープンファクトリー-概要
恵那陶磁器工業協同組合・
瑞浪市・瑞浪商工会議所などが協力し、
今回、初めて行う事業。
焼きもの関連の工場を、バスで巡りながら、
普段は公開されない、モノづくりの現場を、
直接、見聞きするもの。
集合場所は、各回とも、
JR瑞浪駅の駅裏ロータリー。

◆11月5日(木曜日)午前8時30分集合
【焼き物&釉薬の工場を知ろう!】
◎訪問先=山和陶業・ユーポーセレン・
マスターズクラフト・玉川釉薬

◆11月6日(金曜日)午前8時30分集合
【焼き物&絵付けの工場を知ろう!】
◎訪問先=山善製陶所・セラム工芸・
丸新製陶所・深山

◆11月7日(土曜日)午前8時集合
【焼き物&タイル&粘土の工場を知ろう!】
◎訪問先=TNコーポレーション・白山陶料・
ユーポーセレン・山和陶業

申し込み・問い合わせは、株式会社玉川釉薬
(TEL0572─68─9160)まで。
01DSC_3492.jpg03DSC_3519_20151022151627904.jpg
今回のバスツアーの発案者は、
玉川釉薬の役員で、
イベント企画業「合同会社プロトビ」
(本社・東京都世田谷区)の代表を務める、
玉川幸枝さん(31歳、ゆきえ)。
タイル用釉薬の製造・販売を手掛ける、
玉川釉薬(本社・瑞浪市土岐町)の代表取締役、
玉川勉さん(68歳、つとむ)の娘で、
四姉妹の三女。
大学を中退し、家業の「玉川釉薬」に入ったが、
26歳の時に上京。
プロジェクトマネジャーとして活動し、
平成26(2014)年5月に、
プロトビ」を立ち上げた。
今年8月には、
NPO法人グリーンバードの一員として、
花火大会の奉仕清掃」を、展開した。
02DSC_3512.jpg04DSC_3528.jpg
玉川幸枝さんは、
「家業で、釉薬を扱っていたにもかかわらず、
『東濃は焼きものの産地』と言われることに、
正直、ピンとこなかった。
その理由は、8000人を超える人たちが、
地場産業に従事していても、
OEMや下請け企業がほとんどのため、
工場で働く人たちの『顔』が、
表に出ていないからだと、気付いた。
それに、釉薬一筋50年の父は、
朝の4時から働いているが、
モノづくりを、生きがいとしている。
そんな父の姿を見て、工場の魅力や面白さを、
多くの人たちに、知ってもらいたいと思い、
工場を一般に公開する、
『オープンファクトリー』の手法に、
目を付けた。
今回のバスツアーを通して、
『顔が見える工場』へと変わり、
瑞浪市のファン・美濃焼のファンを、
1人でも増やせれば」と、意気込む。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。