スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2016年08月31日 (21:10)

公民館の職員が「普通救命講習Ⅱ」を受講【今年は図書館も】

瑞浪市教育委員会の社会教育課は、
「普通救命研修会
~CPRにAED ここが救命公民館~」を、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で開いた。
01DSC_8909.jpg02DSC_8700.jpg03DSC_8711.jpg
04DSC_8727_201608312244409d8.jpg05DSC_8735.jpg06DSC_8745_201608312245586d6.jpg
来館者が多い施設の職員が、
万一の際に、応急手当ができるようになろうと、
公共施設の管理体制づくりの一環として開催。
昨年は、瑞浪市内にある、6つの公民館
(中央・陶・釜戸・大湫・日吉・稲津)の職員が、
「普通救命講習Ⅱ」を受講した。
2年目の今年は、新採や異動により、新たに、
社会教育課や公民館の職員になった人に加え、
瑞浪市民図書館の職員も、対象とした。
07DSC_8752.jpg08DSC_8758.jpg09DSC_8762.jpg
10DSC_8763.jpg11DSC_8771.jpg12DSC_8775.jpg
本日は、社会教育課・瑞浪市民図書館・
釜戸公民館・日吉公民館の職員ら、7人が受講。
「普通救命講習Ⅱ」を受講し、
4時間の講習と、修了試験をパスした。
講師は、瑞浪市消防本部の
2人の救急救命士が務めた。
13DSC_8798.jpg14DSC_8800.jpg15DSC_8802_20160831224749b7e.jpg
16DSC_8803.jpg17DSC_8810.jpg18DSC_8829.jpg
公民館の職員らは、
座学を受けた後、実技試験に臨んだ。
実技試験では、人形を相手に、
胸骨圧迫や人工呼吸を施したり、
AED(自動体外式除細動器)で、
電気ショックを与える方法を、確認したりした。
人形も、大人のサイズだけではなく、
小児サイズや乳児サイズでも、試した。
講師の救急救命士は、
「小学生ぐらいなら、体は小さいが、
処置すべきことは、大人の場合と同じ。
ただし、胸骨圧迫を行う際は、
押しすぎないように、注意すること。
また、乳児の場合は、2本の指で行う。
寝かせて行うよりも、抱っこした状態の方が、
やりやすい」などと教えた。
19DSC_8843.jpg20DSC_8845.jpg21DSC_8848.jpg
22DSC_8850.jpg23DSC_8862.jpg24DSC_8872.jpg
受講した職員らは、
竹と毛布を使った、応急担架の作り方や、
意識を失っている人の搬送方法、
ケガをしている人の止血方法なども学んだ。
実技試験だけではなく、筆記試験も実施。
見事、全員合格し、修了証を手にした。
25DSC_8877.jpg26DSC_8879.jpg27DSC_8884.jpg
28DSC_8895.jpg29DSC_8896.jpg30DSC_8901.jpg
なお今後も、毎年、研修会を開催。
公民館・図書館の職員全員が、
緊急時にも対応できる体制づくりに、
努めていくとのこと。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。