スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2014年08月31日 (21:03)

国語科教師が土岐市で夏季研修会「大村はまの指導法とは」

国語科教師が授業力の向上を目指す、
「日本国語教育学会・岐阜夏季研修会」が、
昨日、8月30日(土曜日)に、
土岐津町のセラトピア土岐で開かれた。
01DSC_6103.jpg02DSC_6105.jpg
日本国語教育学会の岐阜県支部
(支部長=藤田万喜子・
岐阜聖徳学園大学教授)が主催し、
県内外の国語科教師ら、45人が参加。
「生活を拓く国語力の育成
~生きて働く言葉の力をつける~」を主題に、
実践報告や討議、記念講話などを行った。
03DSC_6113.jpg04DSC_6115.jpg
藤田支部長のあいさつに続いて、総会を開き、
平成25年度の事業報告などが、承認された。
平成26年度の事業計画では、
例年2月に開いてきた「研究大会」を、
8月に行うこととし、
8月の「夏季研修会」については、春か秋に、
「支部合同研修会」として、開催することにした。
05DSC_6118.jpg06DSC_6119.jpg
総会後には、「シリーズ講話」が行われ、
岐阜大学と大正大学の元教授で、
日本国語教育学会の常任理事を務める、
安居總子さん(ふさこ)が登壇。
「大村はまの継承」をテーマに、
国語教育家の大村はま(1906─2005)が行った、
教育実践「単元(授業)学習」について、解説した。
07DSC_6123.jpg
今回は、その中から、中学生を、
一人前の“読書人”にするための指導方法や、
カリキュラムの組み方などに着目。
「1冊の本を読むという“個の学びの場”を設けた後、
その学んだことについて、
話し合ったり、意見を出し合ったりするため、
グループ学習や全体学習を行うことが、大事。
“学びの場”というのは、教室だけではない。
クラスとクラス同士で行っても良いし、
自分たちでまとめたものを、
例えば、老人ホームへの慰問や、
会社訪問などで、使っても良い」とし、
社会につながる学習の場づくりの必要性を訴えた。

大村はまが提唱した、“読書会”についても解説。
「1冊の本を読んで、感想を述べ合うだけではなく、
何かを調べている時に、
『こんな本もあるよ』と紹介していく、読書会もある。
学年ごとに合わせた、いろいろな読書会が、
あっても良いのではないか」と語った。
また、「教科書に載っている、
『少年の日の思い出』や『走れメロス』などを学習材に、
その“続き物語”を、生徒に書かせることをよくするが、
これは、読むためのものでもあるし、
書くためのものでもある。
物語を書く学習ではあるが、物語を書くことによって、
読みや人物の捕らえ方が、変わってくる。
単元学習というのは、言語活動に外ならない。
中学校では特に、読むことも、書くことも、
同時並行で、行う必要がある」と教えた。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。