スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2013年09月30日 (17:18)

「駄知郷土資料展」が“まつり限定”でオープン

10月5日(土曜日)と6日(日曜日)の両日、
土岐市肥田町のセラテクノ土岐をメーン会場に、
「第18回駄知どんぶりまつり」が、開かれる。
今年、初めてのイベントとして、
駄知町の旧駄知陶磁器卸商業協同組合の建物で、
「駄知郷土資料展」が、
まつり期間限定で、オープンする。
01DSC_2869.jpg02DSC_2868.jpg03DSC_2813.jpg
同建物は、昭和9(1934)年に、完成。
木造2階建てで、外観はレンガで覆われており、
昭和を感じさせる、レトロな造りになっている。
現在は、土岐市が所有しているが、
ダンスや生け花の教室、選挙の投票所として、
使われているだけで、ほぼ空き家状態という。
04DSC_2816.jpg05DSC_2815.jpg06DSC_2820.jpg
1階には、駄知町で生産された、陶磁器のほか、
武具や古い民具、昔の教科書などを、展示。
駄知小学校にあったもので、約500点が並ぶ。
同校は、児童の減少に伴い、
北側校舎の半分を、取り壊した。
取り壊した建物内には、郷土室があり、
地元住民らが、寄付したり、持ち込んだりした、
生活道具などを、展示していた。
スペースの関係上、学校から地元へ、
再び、“お返し”することになり、
地域住民43人でつくる、
「駄知町地域産業活性化委員会」が、譲り受けた。
07DSC_2823.jpg08DSC_2825.jpg09DSC_2853.jpg
2階では、駄知町の製陶所や窯元が、
現在生産している陶磁器を、紹介。
“どんぶりの駄知”にちなみ、
どんぶりを逆さにしたランプシェードで、演出している。
また、若手陶芸家の作品も、並ぶ予定。
10DSC_2833.jpg11DSC_2832.jpg12DSC_2858.jpg
資料展の責任者で、開催に向けて準備を進めている、
籠橋亮介さん(37歳、カネ定製陶専務取締役)は、
「まずは、建物そのものを、楽しんでほしい。
大きな“金庫部屋”もあり、
昔の駄知町が、陶磁器の内需と輸出で、
盛況だったことが、分かってもらえると思う。
歴史を感じさせる建物に、
昔の生活用品などを並べることで、
昭和の良かった時代を、懐かしんでもらえれば」と語った。
13DSC_2859.jpg14DSC_2856.jpg15DSC_2857.jpg
16DSC_2848.jpg17DSC_2864.jpg18DSC_2851.jpg
時間は、
5日は午前9時から午後5時までで、
6日は午前9時から午後4時まで。
入場無料。
問い合わせは、駄知陶磁器工業協同組合内、
駄知どんぶりまつり実行委員会
(TEL0572─59─8101)まで。
※場所は、下の地図の“緑のマーカー”の位置。

大きな地図で見る
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。