スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2013年01月31日 (15:28)

食物アレルギーへの対応を

土岐市学校保健会(熊谷恒朗会長)は、
土岐津町のセラトピア土岐で、
研究発表会を開いた。
学校医や学校関係者、PTAら約120人が参加。

熊谷会長が、岐阜県の学校保健会による、
平成26年度の研究発表会は、
東濃地区が担当すると、報告。
会場は、瑞浪市で行うと述べ、
理解と協力を呼び掛けた。
来賓として、東濃保健所長の木戸内清さんと、
土岐市教育委員長の黒田正直さんがあいさつ。

研究発表では、陶生堂医院(土岐市駄知町)の
山口浩一院長が登壇した。
演題は、『土岐市におけるアレルギー
疾患管理指導表の現状』。
山口さんは、児童生徒のアレルギーについて、
「親からの申し出だけではなく、
血液検査などをし、
専門の医師が診断した『管理指導表』を、
きちんと導入すべき」と語った。

また「発作は、気をつけても起こるもの。
重要なのは、起こった時にどう対応するのか。
エピペン(アドレナリン)を、
いつ打つのか、誰が打つのかを、
事前に決めておく必要がある」と述べた。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。