スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2012年03月31日 (20:30)

道路問題の解決へ向け

『旧国道19号線の騒音と振動を考える会』の
第1回設立準備会が、寺河戸町の井澤商店内、
「ホワイトスクエア」で開かれた
同道路は、「一般県道大西瑞浪線」で、
道路管理者は、県(多治見土木事務所)、
瑞浪市が、管理の窓口を担当している
今回は、舘林・大島・井澤の3市議と、
山野内・戸狩・水の木・一日市場・清水・
木の暮・鶴城の7区の区長(新旧含む)が集まった
市側は、勝副市長のほか、土木課と環境課の
2人の職員が出席した

市職員が、騒音の量や道路の構造などを説明
市議や区長が、それぞれ意見を出し合った
勝副市長は『市は、会の規約策定や組織の編成に
対しては、アドバイスできるが、
被害状況について、もう少し把握する必要がある
会を設立するためには、住民の意見を集約し、
方向性を決めるべきではないか』と述べた
最後に、井澤市議が事務局を担当することを、決めた
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。