スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年06月20日 (13:16)

土岐織部ライオンズクラブ【役員人事・2017年7月~】

土岐織部ライオンズクラブ【役員人事】
2017年7月~2018年6月
(敬称略)

◎会長 加藤文雄
《62歳、(株)山文トムソン代表取締役、
かとう・ふみお》
加藤文雄会長
◎前会長 加藤海蔵
◎第一副会長 楓陽光
◎第二副会長 山田弘幸
◎幹事 中島義人
◎会計 酒井良郎
◎副幹事 大嵜浩誉
◎会員理事 加藤万寿夫
◎テールツイスター 井澤孝仁
◎一年理事 加納英明・舘林慶二・
中根寛人・塚本寧
※ライオンテーマーは、非公表。

2017年06月10日 (00:22)

土岐ライオンズクラブ【役員人事・2017年7月~】

◆土岐ライオンズクラブ
【役員人事】
2017年7月~2018年6月
(敬称略)

◎会長 木塚一男
《67歳、株式会社ジャストキ代表取締役、
きづか・かずお》
木塚一男会長
◎前会長 渡邉博己
◎第一副会長 奥村健太郎
◎幹事 加藤信之
◎会計 塚本六美
◎副幹事 田中敦
◎テールツイスター 柴田崇之
◎ライオンテーマー 伊藤広明
◎会員理事 山田勝司
◎理事 土屋景照、小林俊一、国分耕三、
古澤一晃、柴田政勝、田中宏明

2017年06月08日 (21:15)

瑞浪ライオンズクラブ【役員人事・2017年7月~】

◆瑞浪ライオンズクラブ
【役員人事】
第56期=2017年7月~2018年6月
(敬称略)

◎会長=小栗昭治
《67歳、(有)小栗造園代表取締役社長、
おぐり・しょうじ》
小栗昭治会長
◎前会長=井澤康樹
◎第一副会長=中山征治
◎第二副会長=伊藤忠吉
◎幹事=中山京三
◎会計=安藤友美
◎副幹事=溝口博士
◎会員理事=加藤勝美
◎一年理事=西尾隆吏、三輪武彦、
小倉泰明、杉本伸美
◎ライオンテーマー=永田和典

2017年04月19日 (12:34)

東信の木股正博さんが土岐商議所へ【民間からは初】

土岐商工会議所(白石文伸会頭)は、
即戦力となる管理職として、
東濃信用金庫
(本店・多治見市、市原好二理事長)から、
木股正博さんを招いた。
土岐商工会議所では過去、
土岐市役所のOBを専務として、
招請したことはあったが、
民間から招いたのは、今回が初めて。
DSC_1009_20170419120932c59.jpg
木股正博さん(まさひろ)は、
土岐市肥田町上肥田出身・在住の58歳。
東濃信用金庫の審査部審査課長から、
土岐商工会議所
事務局次長兼総括事業部長に就任した。
出向期間は、
平成29(2017)年4月1日から、
平成30(2018)年7月30日まで。
20年ほど前に、
東濃信用金庫の土岐市駅前支店で、
勤務した経験を持つ。

木股正博さんは、
「就任に際し、白石文伸会頭から、
『地元の窯業界を盛り上げてほしい』と、
命を受けた。
10年ほど前、土岐市と同じ陶産地である、
多治見市市之倉町で、支店長をしていた。
当時、陶器とお茶をコラボさせようと、
陶磁器メーカー10社を引き連れ、
静岡県島田市で開かれた、
お茶の見本市へ、出展したことがある。
お茶も、ペットボトルの時代になっており、
コラボさせるのは、なかなか大変だった。
しかし、分業化が進む窯業界において、
陶磁器メーカーの若手社員に、
製造にとどまらず、
営業に打って出ることの大切さを、
伝えられたと思う」と話す。

「東濃信用金庫は、
土岐市内に7つの支店を持ち、
窯業界とのかかわりは深い。
一方で、土岐商工会議所には、
経営相談や事業承継などの強みがある。
お客様・土岐商工会議所・
東濃信用金庫の3者のパイプ役となり、
相乗効果を生み出したい」と意気込む。

2017年02月17日 (14:12)

高橋玲子さん(瑞泉)が手記「心の記憶」を自費出版

瑞浪市上野町在住の着物販売員、
高橋玲子さん(60歳、れいこ)が、
瑞泉(ずいせん)のペンネームで、
手記「心の記憶」を、自費出版した。
01DSC_9084.jpg
高橋玲子さんは、
47歳の時、テレビ番組で、
歌謡界の女王、故・美空ひばりさん
(1937─1989)が話す、
「宿命」という言葉に、感銘を受けた。
その年、当時、京都市内にあった、
「美空ひばり館」を訪れたことで、
美空ひばりさんを『母』とし、
自身を『子』と思うようになった。
02DSC_9095.jpg
手記「心の記憶」では、
美空ひばりさんとの関係を、
赤裸々に告白。
美空ひばりさんが歌った歌詞や、
映画・カラオケの映像などを読み解き、
自身の人生と符合する点を、
熱い思いとともに、つづっている。
03DSC_9102_201702171352184b3.jpg
手記は、「誕生」・「転機」・
「検証」・「思案」・「決心」・
「芸能界」・「叫び」・「追記」・
「私物」の9章から成り立っており、
結びには、
「私は『美空ひばり』の娘なのです。」
という一文で、締めくくられている。
04DSC_9112.jpg
A5サイズ、88ページ。
100部を印刷。
希望者には、無償で提供する。
問い合わせは、高橋玲子さん
(TEL080─6905─8405)まで。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。