スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年05月10日 (16:09)

カフェ・リアンが土岐市駅前に出店【NPO美濃タリィ】

NPO法人美濃タリィ(加藤孝平理事長)は、
今年の3月7日(火曜日)に、
JR土岐市駅前の中央通り沿いに、
喫茶店「カフェ・リアン」
(土岐市泉町久尻)をオープンした。
店舗は「カエデ楽器」の隣にあり、
以前はギョーザ店と、
居酒屋(予定)があった場所。
01DSC_4929_20170510144933f5d.jpg02DSC_5029.jpg03DSC_5026_20170510145135de7.jpg
NPO法人美濃タリィは、かつて、
多治見市本町のオリベストリートに、
喫茶店「さぁくるカフェ」を開いていたが、
現在は閉店。
2店舗目として、今回は土岐市で開業した。
リアンは、フランス語で「絆(きずな)」。
カフェの店名・ロゴデザイン・メニューは、
地元の岐阜県立土岐商業高校
(土岐市土岐津町土岐口)の生徒が、
協力・提案した。
また、開店に際し、
国の地方創生加速化交付金を受けた。
04DSC_4983.jpg05DSC_4979.jpg06DSC_5009.jpg
カフェ・リアンの売りは、
朝食セット(400円)と、
月替わりのランチ(1080円)。
月替わりのランチは「菜食ランチ」で、
動物性食物(肉・卵・牛乳)や、
五葷《ごくん》(ネギ・ニンニク・ニラなど)を、
使用していないのが、こだわり。
07DSC_4962.jpg08DSC_5012.jpg09DSC_4971.jpg
一方、高校生の要望を受けて、
きつねうどん(500円)や、
チャーハン(500円)なども提供する。
フライドポテト(180円)や、
空揚げ(250円)、
コロッケパン(200円)など、
テークアウト商品もある。
10DSC_4989.jpg11DSC_4996.jpg12DSC_5013.jpg
加藤孝平理事長(土岐市駄知町、68歳)は、
「近々、近隣住民や高校生の足になっている、
自転車の修理業も、始めるつもり。
若者が、年を取った時に、
住みやすい町にしたくて、開店した。
土岐市の駅前に、
スイーツの専門店などを増やしていき、
将来は、若いスタッフに、
店の経営を任せるつもり」と話している。
13DSC_5019.jpg14DSC_5024_20170510151954d0d.jpg15DSC_4945.jpg
営業時間は、午前8時から午後7時まで。
定休日は、日曜日と第4月曜日。
道向の「ゆのみの里広場」に駐車できる。
なお、ランチは、数量限定のため、
予約を勧めている。

問い合わせは、カフェ・リアン
(TEL0572─51─4175)まで。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2017年03月31日 (14:09)

土岐よりみち温泉が「祝2周年」で記念キャンペーン

テラスゲート土岐(土岐市土岐ケ丘)内、
温浴施設「土岐よりみち温泉」は、
『祝2周年記念キャンペーン』を行う。
01DSC_3325.jpg
記念キャンペーンとして、
4月3日(月曜日)から、
4月16日(日曜日)までは、
「回数券セール」を、
4月22日(土曜日)から、
4月24日(月曜日)までは、
「入浴招待券を1枚プレゼント」を、
それぞれ実施する。
web-yorimichi01.jpgweb-yorimichi02.jpg
土岐よりみち温泉は、
NEXCO中日本開発株式会社が運営。
平成27(2015)年4月1日に、
オープンした。
平成28(2016)年5月5日には、
来場者数が、50万人を突破した
web-yorimichi03.jpgweb-yorimichi04.jpg
詳しい内容については、
土岐よりみち温泉のサイト」を参照。
問い合わせは、土岐よりみち温泉
(TEL0572─55─4126)
《ゴーゴー・ヨイフロ》まで。
※画像内の入浴招待券などには、
斜線(赤線)を追加。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2017年03月31日 (12:48)

広重スイーツマジックが土岐市に出店【バームクーヘン専門店】

バームクーヘン(バウムクーヘン)の専門店、
「広重スイーツマジック」
(正式な店名・広重スィーツマジック)が、
土岐市土岐ケ丘のテラスゲート土岐内、
「まちゆい」に出店する。
オープンは、明日、
4月1日(土曜日)午前10時から。
01DSC_7762.jpg02DSC_7645.jpg03DSC_7652_20170331114155279.jpg
04DSC_7692.jpg05DSC_7696.jpg06DSC_7686.jpg
広重スイーツマジックは、
「飛騨高山のバームクーヘン屋さん」として、
平成24(2012)年に創業。
高山本店(高山市)と、
岐阜岩田店(岐阜市)があり、
土岐市への出店は、3店舗目。
産業廃棄物運搬委託業務などを手掛ける、
株式会社ルフト
(本社・岐阜市、森直人代表取締役社長)が、
経営している。
ちなみに、店名の由来は、森直人社長が、
歌川広重(浮世絵師)の作品が好きで、
命名したとのこと。
07DSC_7655.jpg08DSC_7672.jpg09DSC_7675.jpg
10DSC_7677.jpg11DSC_7681.jpg12DSC_7713.jpg
人気商品は、
「生バームクーヘン」
(1380円・税込み)、
「魔法のバームクーヘン」
(1480円・税込み)、
「高原育ちのバームクーヘン」
(1480円・税込み)。
13DSC_7736.jpg14DSC_7701.jpg15DSC_7699.jpg
16DSC_7731.jpg17DSC_7741.jpg18DSC_7727_20170331120233b83.jpg
季節限定商品も並ぶが、開店当初は、
常温商品が8種類・冷蔵商品が8種類。
価格帯は、200円から2480円まで(税込み)。
お土産(テークアウト)専門店。
19DSC_7706.jpg20DSC_7754.jpg21DSC_7742.jpg
「まちゆい」を運営する、
NEXCO中日本開発株式会社では、
「チャレンジ区画」として、
飲食店ブースを、2区画用意。
原則、6カ月ごとに、
出店者を入れ替えるため、出店期間は、
平成29(2017)年9月末まで。
もう1区画は、
NEXCO中日本開発の直営店、
ふわふわクレープ」。
luft01.jpgluft02.jpg
問い合わせは、まちゆい
(TEL0572─53─3333)まで。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2017年02月25日 (22:55)

瑞浪市初のママカフェが3月1日(水)にオープン

みずなみママカフェmimi《みみ》
(肥田秀子代表)は、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)内、
喫茶室に、子育て支援拠点カフェ、
「mimi cafe」を開店する。
3月1日(水曜日)のオープンを前に、
プレオープニングイベント」を行った。
01DSC_0716.jpg02DSC_0639.jpg03DSC_0642.jpg
瑞浪市総合文化センターの喫茶室は、
これまで、普通の喫茶店として、
民間業者が営業してきた。
瑞浪市は今回、
子育て支援拠点カフェ事業を行う、
事業者を公募。
保育士・介護士・ケアマネジャー・
調理師など、20人でつくる、
「みずなみママカフェmimi」を、
委託事業者に決めた。
04DSC_0653_201702252334232e4.jpg05DSC_0655.jpg06DSC_0646_201702252334265e0.jpg
「mimi cafe」(ミミ カフェ)は、
瑞浪市初のママカフェ。
店内奥のテーブル席だった場所を、
遊戯スペース(8平方メートル)に改修。
家族が並んで座れるように、
ソファ型のイスを設置したほか、
子供が歩ける細長いスペースも設けた。
座席数は30席と遊戯スペースの6席。
なお、毎週土曜日の午後からは、
子育てや介護について、
無料相談を受け付ける。
07DSC_0634.jpg08DSC_0724.jpg09DSC_0733.jpg
モーニングは400円で、
ランチは800円(食後のドリンク付き)。
ランチの時間帯は、
小学生未満の子供を対象にした、
「ちょこっとランチ」(200円)も提供する。
営業時間は、午前9時から午後4時まで。
定休日は月曜日(祝日の場合は翌日)。
10DSC_0726_20170225233433a03.jpg11DSC_0624.jpg12DSC_0721_20170225233520cd4.jpg
みずなみママカフェmimiの
肥田秀子代表(54歳)は、
千寿の里・愛保育園
(瑞浪市山田町)の元園長で、
今年の4月1日からは、
小規模認可保育所(A型)「せいわ保育園」
(瑞浪市和合町)の園長を務める。
また、地元のサッカークラブ、
瑞浪スパローズ」の代表でもある。
13DSC_0677.jpg14DSC_0704.jpg15DSC_0664.jpg
肥田秀子代表は、
「瑞浪市役所の子育て支援室と連携し、
育児支援のイベントや学習会を、
年3回、開催する予定。
子育てママを中心に、
地域のさまざまな世代の人たちが、
気軽に立ち寄り癒される、
憩いの場にしたい」と語った。
16DSC_0685.jpg17DSC_0673_20170225233526c37.jpg18DSC_0695.jpg
問い合わせは、
みずなみママカフェmimi
(TEL080─3652─3331)まで。
mimi-EPSON522.jpg
※喫茶室以外の写真は、
瑞浪市総合文化センター内、展示室で行われた、
「プレオープニングイベント」を撮影。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2017年02月06日 (15:26)

加登屋食堂が婚カツ丼パーティー【あんかけかつ丼で出会いを】

あんかけカツ丼でおなじみの
加登屋食堂(瑞浪市寺河戸町)は、
2月24日(金曜日)に、
「婚カツ丼パーティー
~かつ丼でつかもう2人の未来~」を行う。
出会いを求める、20歳以上の独身男女、
40人(男女各20人)を募集している。
瑞浪市外からも、参加できる。
01DSC_6529.jpg02DSC_6524.jpg03DSC_6516.jpg
加登屋食堂が単独で、
婚活パーティーを開くのは、初めて。
婚活パーティーの時間は、
午後7時から午後9時ごろまで。
参加費は、
男性が3000円で、女性は2000円。
参加希望者は、申込書に記入の上、
加登屋食堂(JR瑞浪駅前)に、
提出すること。
申し込み締め切りは、2月16日(木曜日)。
なお、木曜日は定休日なので、注意すること。
mousikomisyo_01.jpgkadoya-EPSON510.jpg
加登屋食堂のおかみ、
横田信子さん(55歳、のぶこ)は、
「婚活パーティーで、
楽しく騒いで終わりではなく、
将来や結婚について、しっかり考えている、
大人の男女に、参加してもらいたい。
瑞浪市の人口増加に、つなげられたら、
うれしい」と、呼び掛けている。
05DSC_6510.jpg04DSC_6507.jpg
問い合わせは、横田信子さん
(TEL090─5618─0132)まで。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。