スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2019年02月01日 (17:16)

節分は鬼除け鬼まんじゅうの日【美濃廣庵「満開堂」がPR】

美濃廣庵(みのひろあん、
本店・瑞浪市薬師町、成瀬廣晃代表)は、
節分の日に合わせて、
和菓子「鬼まんじゅう」を食べようと、
呼び掛けている。
01DSC_8096.jpg02DSC_8103.jpg
美濃廣庵では、
満開堂」(まんかいどう)のブランド名で、
鬼まんじゅう(鬼まん)を販売。
平成28(2016)年9月2日には、
一般社団法人「日本記念日協会」から、
節分の日を、
「鬼除け鬼まんじゅうの日」とする、
記念日の登録を受けている。
03DSC_8101.jpg04DSC_8105.jpg
鬼まんじゅうは現在、
ジンジャーや紫芋、屏風山かぼちゃ、
ヨモギ入りなど、8種類を扱っている
(※種類は、季節によって変わる)。
「道の駅 志野・織部店」
(土岐市泉北山町)では、
アールグレイ(250円)や、
安納芋(250円)が人気とのこと。
05DSC_8109.jpg06DSC_8113_20190201173512b0d.jpg
美濃廣庵の成瀬廣晃代表は、
「鬼が関係する節分の日なのに、
恵方巻ばかりが、注目されている。
満開堂は、全国唯一の鬼まんじゅう専門店。
中部圏で、特に人気がある鬼まんじゅうを、
節分に合わせて、全国へ発信していきたい。
節分の日は、鬼まんじゅうをほおばり、
鬼除けをしよう」と話している。
07DSC_8132.jpg08DSC_8120.jpg
なお、2月3日(日曜日)の節分の日は、
鬼岩ドライブイン駐車場
(瑞浪市日吉町)で開かれる、
第33回「鬼岩福鬼まつり」に出店する。
問い合わせは、美濃廣庵
(TEL0572─68─3131)まで。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2018年12月07日 (00:39)

柳家が世界トップ10スコアにランキング【岐阜県内初】

岐阜県は、瑞浪市にある郷土料理店、
「柳家」(やなぎや)が、
世界のレストランランキング
「La Liste(ラ・リスト)2019」において、
世界トップ10スコアの中の1店舗に選ばれ、
さらに、郷土料理賞も受賞したと、発表した。
web-_la_liste_02.jpg
ラ・リスト(La Liste)の概要は、下記の通り。
◎世界各国の優れた美食の店を紹介する、
フランスのレストランガイド。
◎元駐日フランス大使で、
フランス観光開発機構理事長の
フィリップ・フォール氏が、
平成27(2015)年に創設した。
◎毎年、「世界のトップ1000店」を、
世界各国のグルメガイドブックや、
新聞などの料理評を基に、独自の方法で集計。
「スコア」を算出し、順位を決定している。
◎今年の世界トップ10スコアには、
日本のレストランは、柳家を含めて、
6店舗がランクインした。

なお、12月3日(月曜日)に、
パリ市内のフランス外務省で、
ラ・リスト2019
ベストレストランアワードが開催され、
世界のベストレストラン1000のランキングが、
発表された。
同アワードには、柳家のシェフ、
山田剛之さん(やまだまさし)が出席した。

柳家は、昭和21(1946)年に創業。
店舗の所在地は、岐阜県瑞浪市陶町
猿爪(ましづめ)573─27で、
問い合わせの電話番号は
(TEL0572─65─2102)まで。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2018年11月29日 (13:02)

エィ・ダブリュ瑞浪が開所式【岐阜県内から221人を新規雇用】

自動車用自動変速機(AT)の専門メーカー、
「株式会社エィ・ダブリュ瑞浪」
(本社=瑞浪市小田町・青木英之取締役社長)は、
本社工場2号棟で、開所式を開いた。
開所式には、古田肇知事や水野光二市長、
工事関係者、地元住民ら、約70人が出席した。
01DSC_2641_20181129133156363.jpg02DSC_2646.jpg03DSC_2647.jpg
04DSC_2654_201811291332004fc.jpg05DSC_2663_20181129133201a41.jpg06DSC_2601_20181129133203845.jpg
07DSC_2608_201811291332056f3.jpg08DSC_2611_201811291332075e2.jpg09DSC_2374_201811291332086a2.jpg
10DSC_2372.jpg11DSC_2383.jpg12DSC_2405.jpg
13DSC_2429.jpg14DSC_2433.jpg15-01DSC_2440.jpg
オートマチックトランスミッション(AT)の
世界シェア(占有率)1位を誇る、
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
(本社・愛知県県安城市)は、
昨年、平成29(2017)年9月25日付で、
瑞浪市小田町の工場用地(ソニー瑞浪跡地)を取得。
平成29(2017)年11月15日には、
100パーセント出資による子会社で、
自動車用自動変速機(AT)を生産する、
「株式会社エィ・ダブリュ瑞浪」を設立した。
平成29(2017)年11月22日には、
瑞浪市と株式会社エィ・ダブリュ瑞浪が、
企業立地協定を締結した。
16DSC_2528_20181129134023eb6.jpg17DSC_2532.jpg18DSC_2537.jpg
19DSC_2540.jpg20DSC_2542.jpg21DSC_2546.jpg
22DSC_2517.jpg23DSC_2520.jpg24DSC_2594.jpg
25DSC_2598.jpg26DSC_2446.jpg27DSC_2451.jpg
28DSC_2441.jpg29DSC_2455.jpg30DSC_2460.jpg
31DSC_2466.jpg32DSC_2472.jpg33DSC_2483.jpg
34DSC_2489.jpg35DSC_2491.jpg36DSC_2478.jpg
開所式では、株式会社エィ・ダブリュ瑞浪の
青木英之取締役社長(60歳・ひでゆき)が、
「幣社は昨年の春、AWグループの国内では、
愛知県以外では初めてとなる、AT生産工場として、
需要が高い『FF8速AT』の3番目のラインを、
瑞浪市に造ることを決定した。
昨年の11月15日には、会社を設立。
同年11月22日には、岐阜県庁にて、
『企業立地協定式』を執り行わせていただいた。
多くの方に、絶大なるご支援をたまわったが、
特に、岐阜県と瑞浪市には、
遊休工場の取得・土壌の改良・各種届け出・
周辺住民とのコミュニケーションの橋渡し・
採用など、さまざまな面で、
ご指導・ご支援をいただき、大変お世話になった。
また、地元住民の皆様には、工場の改修に伴う、
工事車両の往来など、ご迷惑をおかけした。
皆様のご協力に、感謝申し上げます。
おかげさまで、昨年11月以降、
工場の準備は順調に進み、今年9月3日には、
工場に入居できるようになり、215人の第1陣が、
瑞浪市に着任し、本格始動に至った。
その後、3カ月という短期間に、急ピッチで、
設備の搬入・据え付け・調整を行ってきた。
来週からは、ATの部品である、
『バルブボディー』の生産を始めるが、
来年2月からのATの生産、その準備など、
すべて計画通り、順調に進んでいる。
幣社は、自動車用自動変速機の専門メーカー。
この自動変速機は、自動車に要求される、
低燃費化を実現していく上で、欠かすことができない、
重要なコンポーネント(部品)であり、基幹製品。
中でも、幣社が手掛けるFF車用8速ATは、
小型軽量で、世界最高水準の
低燃費性能と動力性能を、両立している製品。
世界各国の自動車メーカーから評価され、
多くの引き合いをいただいている。
この8速ATは、親会社の
アイシン・エィ・ダブリュ株式会社において、
第1・第2の2つのラインが稼働しているが、
その高まる需要に対応するため、
わたしたちの第3ラインは、
立ち上がり5カ月目には、フル操業で生産する計画。
その生産を担う従業員については、
昨年、会社の設立以降、新たに募集を開始し、
今日現在、岐阜県内からの出身者が221人、
岐阜県外からの出身者が290人で、計511人を、
新規社員として、入社してもらった。
また、AWからの出向者、268人を含め、
総勢779人の体制で、今後、生産していきます。
バルブボディーの生産を手始めに、
来年2月には、8速ATの生産を開始し、
世界各国の車両工場に、製品を出荷していく予定。
良い製品を継続して作るため、
安定した生産体制を追求するとともに、
お客様に満足していただける、
世界最高水準の品質を届けていきたい。
愛知県の親会社のラインに負けない、
『メード・イン・岐阜』・
『メード・イン・瑞浪』のATを作ります。
弊社の進出を、皆様に喜んでもらえるような
企業活動を進めていきます。
地域の皆様に、かわいがっていただけるように、
頑張ります」と述べた。
37DSC_2504.jpg38DSC_2507.jpg39DSC_2503.jpg
40DSC_2495.jpg41DSC_2588_20181129163645468.jpg42DSC_2592.jpg
43DSC_2512.jpg44DSC_2550.jpg45DSC_2551.jpg
46DSC_2555.jpg47DSC_2560.jpg48DSC_2561.jpg
49DSC_2564.jpg50DSC_2567.jpg51DSC_2575.jpg
52DSC_2579.jpg53DSC_2581.jpg54DSC_2585.jpg
ちなみに、岐阜県内からの採用者221人のうち、
東濃5市からの採用者は165人で、
瑞浪市からの採用者は52人とのこと。
工場用地のこれまでの経緯や、
株式会社エィ・ダブリュ瑞浪の概要・
投資計画などについては、「過去記事」を参照。
株式会社エィ・ダブリュ瑞浪への問い合わせは、
(TEL0572─51─8200)まで。
【下の画像=株式会社エィ・ダブリュ瑞浪提供】
web01-AW瑞浪-EPSON002web02-AW瑞浪-EPSON004web03-空撮写真
web04-AWF8G30.jpgweb05-AWF8G45.jpg
web06-青木英之社長web07-AW瑞浪EPSON001
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2018年09月26日 (17:26)

カフェ欒が瑞浪市民公園レストハウスに【オープンは29日(土)】

福祉事業などを手掛ける「有限会社ナガヤ」
(本社・瑞浪市寺河戸町、永冶高三代表取締役)は、
9月29日(土曜日)に、
瑞浪市民公園レストハウス(明世町戸狩)で、
カフェ「欒」(らん)をオープンする。
01DSC_4419.jpg02DSC_4433.jpg03DSC_4448.jpg
04DSC_4521.jpg05DSC_4472_20180926193518075.jpg06DSC_4476_201809261935196c5.jpg
瑞浪市民公園レストハウスは、
平成5(1993)年5月に完成した、
瑞浪市が所有する建物。
鉄骨造平屋建てで、
床面積は約120平方メートル。
これまでは、「喫茶かせき」として、
民間事業者が借りていた。
市は、民間事業者からの申請を受けて、
使用許可を出していたが、今回から、
管理者を広く募集する「公募型」に変更。
また、貸し出しに際し、
「子育てに関するサービスを行う」
という条件も、新たに加えた。
07DSC_4484.jpg08DSC_4490.jpg09DSC_4466.jpg
10DSC_4505_201809261935336eb.jpg11DSC_4525.jpg12DSC_4529.jpg
応募したのは、有限会社ナガヤ1社のみ。
有限会社ナガヤは、瑞浪市学園台で、
老人ホームを営むほか、JR瑞浪駅前の店舗で、
介護用品の販売・レンタルなどを行っている。
瑞浪市民公園レストハウスの
使用許可期間(更新あり)は、
平成30(2018)年9月1日から、
平成35(2023)年8月31日までの5年間。
市は、月額7万6800円で貸す。
管理者の交代に伴い、瑞浪市は、
約1100万円をかけて、内装の改修を行った。
13DSC_4450_20180926193706afe.jpg14DSC_4496.jpg15DSC_4513.jpg
16DSC_4535_201809261937118cf.jpg17DSC_4571_20180926193713873.jpg18DSC_4564.jpg
9月29日(土曜日)の営業初日は、
午前10時から、
「オープニングセレモニー」を行う。
カレーの試食(先着100人)があるほか、
中京学院大学附属中京高校の生徒や、
「バサラ瑞浪」・「MAIYA」のメンバーが、
バサラ演舞を披露し、開店を祝う。
web-ran-EPSON729.jpgweb-ran-EPSON724.jpg
席数は35席。
店内の一角を「キッズスペース」とし、
約500冊の絵本を置いている。
通常の営業時間は、午前8時から午後5時まで。
定休日は月曜日(月曜日が祝日の場合は営業し、
翌日の火曜日が休み)。
問い合わせは、カフェ「欒」《らん》
(TEL0572─68─2248)まで。
19DSC_4581.jpg20DSC_4576.jpg21DSC_4557.jpg
最後の写真は、
永冶高三社長(64歳・こうぞう)と、
妻の永冶昌代さん(61歳・まさよ)。
ちなみに、2人とも、
バサラ瑞浪普及振興会」の役員で、
高三さんは運営専務を、
昌代さんは踊り子隊長を務めている。
永冶さん夫妻は、
「カフェ欒(らん)という店名は、
家族団欒(だんらん)から、名付けたもの。
瑞浪市民公園内の施設の利用者だけではなく、
自分たちで、サイクリングのイベントや、
ミニコンサートなどを企画し、集客に努めたい。
カフェ欒を、人と人とをつなげ、
喜びの和が広がるような場所にしたい」と話す。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL

2018年08月20日 (22:09)

H30「市民説明会」に235人が参加【核融合科学研究所】

核融合科学研究所
(土岐市下石町・竹入康彦所長)は、
平成30(2018)年度の「市民説明会」を、
東濃西部3市で開催した。
03DSC_9213_2018062523312685c.jpg
多治見市では、
15会場で計105人が、
土岐市では、
7会場で計112人が、
瑞浪市では、
1会場で18人が、
それぞれ参加。
合計すると、
23会場・計235人だった。

ちなみに、昨年度は、
23会場・計303人だった。
カテゴリ : 企業&店舗記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。