スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年04月18日 (22:43)

佐々木辰二さんが初個展【下石町のギャラリー翔で】

美濃焼伝統工芸士の陶芸家、
佐々木辰二さん(土岐市土岐津町高山、
65歳、しんじ、瑞光窯)による初個展が、
土岐市下石町の下石窯元館内、
ギャラリー翔」で開かれている。
会期は、4月29日(土曜日)まで。
01DSC_0927.jpg02DSC_0992_20170419000630c35.jpg
佐々木辰二さん(作家名・晨爾)は、
昭和46(1971)年に、
岐阜県立多治見工業高校の
窯業専攻科を卒業。
織部を得意とした陶芸家の父、
故・佐々木八十二さん(やそじ)に師事した。
平成11(1999)年に、経済産業省から、
美濃焼伝統工芸士の認定を受けた。
平成25(2013)年には、
「中部経済産業局長表彰・
伝統工芸品産業功労賞」を受賞。
現在は、美濃焼伝統工芸品協同組合
理事長を務めている。
ちなみに、佐々木辰二さんの弟は、
閑山窯の佐々木二郎さん
03DSC_0969_20170419000633c67.jpg04DSC_0977_201704190006338db.jpg
これまでは、
八十二さんとの「父子展」や、
二郎さんとの「兄弟展」を開催してきた。
個展を開くのは、今回が初めてで、
陶芸一筋45年のすべてを、展覧している。
会場には、織部・黄瀬戸・志野など、
伝統的な美濃焼の技法を、多彩に駆使した、
茶道具や日常食器、約150点を展示・販売。
最近取り組んでいるという、
赤織部の茶わんも並べている。
05DSC_0953.jpg06DSC_0980_20170419000637e38.jpg
佐々木辰二さんは、
「茶道具は、決められた様式を守りながらも、
使い勝手の良さを、追求する必要がある。
日常食器は、伝統的な技法を踏襲しながらも、
丈夫さ・サイズ・重さなど、
時代に合った作品を、意識している。
茶道具も、日常食器も、使い手の気持ちを、
1番に考えなければいけない。
普遍的なものは、残さなければならないが、
伝統とは、改革の連続」と語った。
07DSC_0958.jpg08DSC_0940.jpg
土岐市下石町900─1/
午前10時~午後5時/定休日は月曜日/
TEL0572─57─3528/

2017年04月05日 (16:58)

磁叟庵が平成29年「春の営業」を開始【第1弾は手力工房】

瑞浪市陶町猿爪(ましづめ)の茶房、
「磁叟庵」(じそうあん、曽根昭太店主)は、
平成29年「春の営業」を、開始した。
本日、4月5日(水曜日)からは、
「手力工房・天然染料染め展
~自然の恵みを優雅にまとう~」が、始まった。
会期は、4月23日(日曜日)まで。
01DSC_8602.jpg02DSC_8606_20170405155540144.jpg03DSC_8610_20170405155548477.jpg
04DSC_8709.jpg05DSC_8707.jpg06DSC_8658.jpg
出展者は、有限会社エコーション
(本社・各務原市那加長塚町)。
平成18(2006)年4月に設立し、
天然染料(草木染)による染色加工や、
繊維製品の製造販売を行っている。
平成20(2008)年4月には、
手力工房」を、登録商標にした。
07DSC_8652_201704051556518d3.jpg08DSC_8644.jpg09DSC_8642.jpg
10DSC_8695.jpg11DSC_8615.jpg12DSC_8641.jpg
会場では、シルクを中心に、
カシミヤ・麻・綿・和紙など、
天然繊維を組み合わせた、
ショールやストールを販売。
草木染のバッグや、
和紙布で作った帽子など、
約150点が並んでいる。
商品の価格帯は、
3000円から2万5000円ほど。
13DSC_8705_20170405155842850.jpg14DSC_8693.jpg15DSC_8671.jpg
16DSC_8679.jpg17DSC_8682.jpg18DSC_8691.jpg
染める材料として、茜(アカネ)や、
枇杷(ビワ)、紅花(ベニバナ)、
刈安(カリヤス)などを使用。
天然染料を用いて、自然の美しさを、
そのまま表現している。
和紙布の帽子は、非常に軽い上、
通気性にも優れている。
また、肌に優しい「アームカバー」も、
人気を集めている。
sone2017-EPSON545.jpgsone2017-EPSON544.jpgweb-EPSON547.jpg
営業時間は、
午前10時から午後4時まで。
日曜日・月曜日・火曜日は休み
(コンサート開催日も休み)。
問い合わせは、磁叟庵
(TEL0572─65─2010)まで。
ちなみに、磁叟庵の庭園(曽根氏庭園)は、
国登録記念物(名勝地)に、登録されている。

2017年03月10日 (20:37)

瑞浪市の中央公民館で第28回「ぐる~ぷ展」【12日(日)まで】

「第28回・中央公民館ぐる~ぷ展」が、
本日、3月10日(金曜日)から、
瑞浪市総合文化センター《土岐町》
(中央公民館・展示室)で、始まった。
会期は、3月12日(日曜日)まで。
01DSC_3435.jpg02DSC_3484.jpg03DSC_3495.jpg
瑞浪市の中央公民館には、
自主グループが、28団体ある。
そのうち、展示可能な7グループが、
陶芸・写真・絵画・絵はがきなど、
約300点の作品を出展。
毎年、この時期に、
1年の研さんの成果を、披露している。
04DSC_3442.jpg05DSC_3447.jpg06DSC_3463.jpg
出展グループは、次の皆さん。
◆水木会(陶芸)
出展者=7人、代表・角皆正久
◆くれない会(陶芸)
出展者=7人、代表・井澤宏道
◆瑞光会(絵画)
出展者=10人、代表・岡本弘司、講師・渡辺一美
◆はがき絵教室(はがき絵)
出展者=18人、代表・林清子、講師・伊藤世子
◆水曜会(水墨画)
出展者=12人、代表・神代清子、講師・伊藤松鶴
◆フォトグループ ブルーファンタジー(写真)
出展者=13人、代表・橋本充弘、講師・平子隆彦、橋本充弘
◆瑞浪写真研究会(写真)
出展者=6人、代表・木股義治
07DSC_3458.jpg08DSC_3486.jpg09DSC_3481.jpg
入場無料。
時間は、午前10時から午後5時までで、
最終日の12日(日曜日)は、午後4時まで。
10DSC_3455.jpg11DSC_3511_2017031022004749a.jpg12DSC_3476.jpg
問い合わせは、瑞浪市総合文化センター
(TEL0572─68─5281)まで。

2017年02月14日 (11:53)

加藤保幸さんが個展「彩華錦展」【テラスゲート土岐・まちゆい】

土岐市下石町の陶芸家、加藤保幸さん
(74歳、やすゆき)による個展、
「彩華錦(いろどりはなにしき)展」が、
本日、2月14日(火曜日)から、
テラスゲート土岐(土岐市土岐ケ丘)内、
まちゆい(ギャラリーとき)で、始まった。
会期は、2月27日(月曜日)まで。
01DSC_8072_201702141115065c5.jpg02DSC_8016.jpg03DSC_8036.jpg
加藤保幸さんは、
家業の上絵付けに従事していたが、
50歳代のころ、下石大橋に設置した、
陶製こま犬の制作に、携わったのを機に、
陶芸の道へと進んだ。
現在は、日展会友で、
公益社団法人「美濃陶芸協会」の監事。
土岐市下石町に、穴窯を構えるとともに、
陶芸ギャラリー&茶せんラテの店、
玄保庵」(げんぽあん)を営んでいる。
土岐紅陵高校の特別非常勤講師でもある。
04DSC_8070.jpg05DSC_8022.jpg06DSC_8034.jpg
会場では、抹茶茶わんをはじめ、
香炉や湯飲み、オブジェなど、
新作を中心に、約30点を展示・販売。
「彩華錦」(いろどりはなにしき)は、
加藤保幸さんの独自の技法で、
焼き締めの上に、金彩・銀彩で、
薄(ススキ)を描いたり、
唐草模様をあしらったりしている。
また、日展に出品したシリーズ作品、
「魂琉」(こんりゅう)もある。
07DSC_8042.jpg08DSC_8049.jpg09DSC_8064.jpg
加藤保幸さんは、
「焼き締めの侘び(わび)と、
華やかな金彩・銀彩との調和を、
楽しんでもらいたい。
ラテックスで抜いた部分に、
幾何学模様を描いた新作も、
ぜひ、見ていただきたい」と語った。

会期中無休。
開設時間は、午前10時から午後6時まで
(最終日は、午後3時まで)。
加藤保幸さんは、
土曜日と日曜日の午後に在廊。
問い合わせは、まちゆい
(TEL0572─53─3333)まで。

2017年02月10日 (16:26)

オギソ画廊で第6回「花の絵画展」【物故作家7人の回顧展】

オギソ画廊(瑞浪市土岐町)で、
「第6回・花の絵画展─懐かしき作家達─」が、
本日、2月10日(金曜日)から、始まった。
会期は、2月19日(日曜日)まで。
01DSC_7447.jpg02DSC_7487.jpg03DSC_7461_20170210153142a8f.jpg
オギソ画廊では、6年前から毎年、
猿子村ふれあいまつり』に合わせて、
「花」をテーマにした、小品展を開催。
これまでは、現役で活躍している、
地元の画家の作品を、中心に展示してきたが、
今回は、物故作家の絵画ばかりを集めた。
04DSC_7459.jpg05DSC_7478_20170210153159a71.jpg06DSC_7483.jpg
出展作家は全員故人で、
鈴木綾子・伊藤鎗一・加藤明朗・斉藤万州・
日比野豊・田中一廣(和廣)・安藤實の7氏。
安藤實さんのみ、土岐市で、
ほかの人は、瑞浪市ゆかりの作家。
はがきサイズから15号まで、
約40点の作品を、展示・販売している。
油彩画・水彩画・パステル画で表現しており、
花だけではなく、風景画もある。
07DSC_7474.jpg08DSC_7468.jpg09DSC_7451.jpg
オギソ画廊を経営する、
小木曽由雄さん(おぎそ・よしお)は、
「出展作家の中で、特に鈴木綾子さんは、
70歳代から、油彩画を始めたにもかかわらず、
花の絵を中心に、数々の名作を描いてきた。
今展を通じて、地元にも、
優れた作家がいたことを知ってもらい、
彼らの絵から、パワーを感じてもらえれば、
うれしい」と語った。

瑞浪市土岐町7272─1/
午前10時から午後5時まで/
会期中無休/入場無料/
TEL0572─67─0882/
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。