スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2021年04月06日 (13:54)

台風で大破した明治時代の鯱を復元【彫刻家の天野裕夫さんが修復】

伊勢湾台風で大破した、
大草瓦による鯱(しゃちほこ)を、
瑞浪市大湫町の彫刻家、天野裕夫さん
(多摩美術大学客員教授)が修復した。
「『柏屋』の鯱と瓦師水野小三郎」と題し、
本日、4月6日(火曜日)から、
瑞浪市陶磁資料館(明世町山野内)で、
展示している。
会期は8月29日(日曜日)まで。
01TN1_1550.jpg02TN1_1520.jpg03TN1_1545.jpg
焼きものを地場産業とする瑞浪市において、
今展では、いぶし瓦「大草瓦」に着目。
大草瓦は、明治時代の初期に、大草村
(現・瑞浪市土岐町大草)で始まったもの。
大草村の庄屋格だった酒井家が、
明治7(1874)年に、瓦職人の名手だった、
水野小三郎(1833─1891)を、
愛知県知多郡から、招いたことが端緒とされる。
04TN1_1559.jpg05TN1_1470.jpg06TN1_1538.jpg
その後、大草瓦は、東濃一円を席巻し、
明治40(1907)年ごろになると、
大草村に5戸、隣村の萩原村
(現・瑞浪市稲津町萩原)に3戸、
瓦工場があったという。
水野家は、5代・130年にわたって、
大草瓦を作り続けたが、
平成16(2004)年ごろに閉窯した。
07TN1_1543.jpg08TN1_1573.jpg09TN1_1563.jpg
展示品の鯱(鯱瓦)は、江戸時代から続く豪農で、
屋号を「柏屋」と称する、加納家
(瑞浪市土岐町一日市場)の屋根に飾られていた物。
建物は、明治29(1896)年に新築されたが、
鯱自体には「瓦屋小三郎」・「小三郎」といった、
刻銘・押印のみで、制作年月日は記されていない。
10TN1_1581.jpg11TN1_1467.jpg12TN1_1482.jpg
瑞浪市陶磁資料館では、
「これまで、陶磁器産業の中でも、
瓦については、あまり取り上げてこなかった。
今回の鯱は、組み立て式ではなく、一体成形の傑作。
資料価値は高いが、修繕前は破断した状態で、
針金で縛ってあるだけだった。
鯱と言えば、名古屋城の金シャチが有名だが、
かつて『東濃一』と言われた大草瓦で、
これだけの作品が作られたことを、
知ってもらえば」と話している。
web-R3-04-06-mizu-EPSON145.jpg
問い合わせは、瑞浪市陶磁資料館
(TEL0572─67─2506)まで。

2021年03月22日 (00:10)

瑞浪芸術館で山頭火展【茅葺き費用を募集中】

漂泊の俳人、種田山頭火
(1882─1940)による作品展
「山頭火展」(さんとうかてん)が、
NPO瑞浪芸術館(瑞浪市稲津町萩原)で、
3月20日(土曜日)から始まった。
会期は3月31日(水曜日)まで。
01TN1_7800.jpg02TN1_7804.jpg
種田山頭火(本名=種田正一)は、
現在の山口県防府市出身。
層雲派の俳人として、
また自由律俳句の俳人として有名。
03TN1_7820.jpg04TN1_7860.jpg
会場には、個人の収集品と、
山頭火ふるさと館(山口県防府市)の所蔵品、
計約40点を展示。
「春風の鉢の子一つ」や「分け入れば水音」など、
五・七・五にこだわらない自由なリズムが特長で、
短冊に書いたり、軸装に仕上げたりしている。
俳句はもとより、独特な書体が面白く、
書作品としても楽しめる。
05TN1_7864.jpg06TN1_7838.jpg
なお、瑞浪芸術館では、
茅葺き(かやぶき)作業を行っており、
屋根の葺き替え費用を募っている。
web01-mizunami-art-EPSON065.jpgweb02-mizunami-art-EPSON066.jpg
瑞浪市稲津町萩原1220─2/
開館時間は午前10時から午後4時30分まで/
入館料は一般が700円、学生は500円、
中学生以下は無料/会期中無休/
TEL0572─66─2170/
07TN1_7899.jpg08TN1_7911.jpg
09TN1_7890.jpg10TN1_7869.jpg

2021年03月02日 (19:28)

土岐市美濃焼伝統産業会館で織部作品展【伝統工芸品23点】

企画展「美濃焼伝統工芸品 織部作品展」が、
土岐市美濃焼伝統産業会館(泉町久尻)で、
2月28日(日曜日)から始まった。
会期は5月13日(木曜日)まで。
01TN1_3426_20210302212616c4e.jpg02TN1_3473_20210302212642610.jpg03TN1_3482.jpg
土岐市は、2月28日を、
「土岐市織部の日」と定めている
《平成元(1989)年10月12日告示》。
今展は土岐市織部の日協賛事業として開催。
織部(おりべ)作品ばかりを展示しているが、
色彩・造形・文様など、バラエティーに富み、
個性豊かな器が楽しめる。
04TN1_3444.jpg05TN1_3490.jpg06TN1_3466.jpg
会場には土岐市出身・在住の陶芸家、
18人(故人7人を含む)による花器・水指・
燭台(しょくだい)など、23点が並ぶ。
07TN1_3455.jpg08TN1_3463.jpg09TN1_3449.jpg
物故者の作品と存命者の作品を分けたことで、
伝統的な技法を踏襲したものと、
現代的な造形美を追求したものとが比較でき、
昭和から平成、令和まで、織部を通して、
各時代ごとの美濃焼の流行も分かる。
web2021-mino-oribe-EPSON003.jpg
入館料は無料。
開館時間は午前9時から午後4時30分まで。
休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は、
その翌日および翌々日)。
問い合わせは、土岐市美濃焼伝統産業会館
(TEL0572─55─5527)まで。

2021年02月26日 (19:45)

現代茶陶展のあゆみを振り返る【歴代大賞作品を一堂に】

企画展「現代茶陶展のあゆみ」が、
明日、2月27日(土曜日)から、
土岐市美濃陶磁歴史館の第1展示室
(土岐市泉町久尻)で始まる。
会期は6月20日(日曜日)まで。
01TN1_3267.jpg02TN1_3077.jpg03TN1_3156.jpg
現代茶陶展は、茶の湯で用いる陶磁器
「茶陶」をテーマにした、全国規模の公募展。
現在は、土岐市・土岐市教育委員会・
公益財団法人土岐市文化振興事業団が主催し、
中日新聞社が共催している。
04TN1_3161.jpg05TN1_3107_20210226203010953.jpg06TN1_3166.jpg
「第1回展」は、土岐市制40周年を記念し、
平成7(1995)年に開催。
以後は5年ごとに開いていたが、当時、
審査員長を務めていた故・林屋晴三氏の助言を受け、
平成24(2012)年の「第5回展」からは、
毎年開催している。
07TN1_3249.jpg08TN1_3197.jpg09TN1_3208.jpg
昨年、令和2(2020)年で、
第13回展」を迎えたが、
新型コロナウイルス感染症対策のため、
表彰式(授賞式)は取りやめた
(展示会は規模を縮小し、土岐市役所で開催)。
なお、今年、令和3(2021)年の「第14回展」は、
2月に審査会を、5月に展示会を予定していたが、
同じくコロナ禍のため、開催自体が延期になっている。
10TN1_3086.jpg11TN1_3189.jpg12TN1_3176.jpg
今展では初めて、歴代の「TOKI織部大賞」
(最高賞)の受賞作品を、一堂に公開。
第13回展の受賞作品(優秀賞・奨励賞)と、
地元の陶芸家による過去の受賞作品も加え、
25人(故人も含む)の25点を展観している。
web01-企画展『現代茶陶展のあゆみ』web02-企画展『現代茶陶展のあゆみ』
土岐市泉町久尻1263/
開館時間は午前10時から午後4時30分まで/
入館料は一般が200円で、大学生は100円、
高校生以下は無料/休館日は月曜日・祝日の翌日/
TEL0572─55─1245/
web03-history-EPSON098.jpgweb04-history-EPSON095.jpg

2021年02月15日 (15:37)

糸ぐるまでパッチワーク教室が作品展【店内が春の装いに】

瑞浪市穂並の喫茶&ギャラリー「糸ぐるま」で、
パッチワーク教室の生徒らによる作品展が、
本日、2月15日(月曜日)から、始まった。
会期は3月末まで(予定)。
営業時間は午前9時から午後5時までだが、
2月中は午後4時で閉店する。
01TN1_1512.jpg02TN1_1467.jpg03TN1_1494.jpg
糸ぐるまでは、月1回、
店主の東千里さん(ひがし)が講師を務める、
パッチワーク教室を開講。
現在は、瑞浪市民を中心に、
60歳代から70歳代までの女性ばかり9人が、
創作活動に励んでいる。
04TN1_1458.jpg05TN1_1507.jpg06TN1_1496.jpg
会場には、東さんを含め、4人が出品。
古布(こふ)を使った内裏びなや、
つりびな(つるし雛・つるし飾り)が飾られ、
店内が春らしい装いになっている。
東さんによる桜をあしらった、
巨大なタペストリー(2メートル四方)や、
生徒の安藤八恵乃さんによる「一握り人形」
(ひとにぎりにんぎょう・陶製)に、
注目が集まっている。
07TN1_1481.jpg08TN1_1488.jpg09TN1_1472.jpg
会期中は、作品を入れ替えながら、
常時約20点を展示(一部、販売品あり)。
定休日は火曜日と日曜日。
問い合わせは、糸ぐるま
(TEL0572─67─1156)まで。
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。