スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2019年02月09日 (20:53)

安藤多香子さんがギャラリー翔で織物展【夫の遺作「青粉引」も】

陶芸家の故・安藤隆保さん
(1950~2011・たかやす)の遺作と、
妻で、裂き織り作家の安藤多香子さん
(土岐市下石町・65歳・たかこ)による、
織物作品を並べた展示会
「ぬくもりの器とさき織展」が、
下石窯元館・ギャラリー翔
(土岐市下石町)で開かれている。
会期は、2月24日(日曜日)まで。
01DSC_0251.jpg02DSC_0279_20190209211818b45.jpg03DSC_0257.jpg
安藤隆保さんは、平成9(1997)年に、
下石町に「一心窯」(いっしんがま)を構えた。
たたら成形で、粉引や黄瀬戸の作品などを制作。
独自の技法「青粉引」を得意としていた。
会場では、ぐいのみや花入れ、
陶雛(とうびな)、小箱など、
約20点を展示・販売している。
04DSC_0260.jpg05DSC_0265.jpg06DSC_0243.jpg
機織りに興味があった安藤多香子さんは、
30年ほど前に、夫の隆保さんから、
「作品の下に敷くものがほしい」と、
頼まれたことをきっかけに、裂き織りを始めた。
裂き織り(裂織)は、着物や古布をほどき、
ひも状にした後、機織り機で織り直す技法で、
経糸(縦糸)や帯、八掛などとの組み合わせで、
新しい作品として、生み出すもの。
会場には、裂き織りによるバッグや、
敷物(テーブルセンター)、クッション、
コースターなど、約100点を展示・販売。
着物の帯で作った、カードケースも並ぶ。
ギャラリー翔での展示は、初めて。
07DSC_0288.jpg08DSC_0255.jpg09DSC_0272.jpg
安藤多香子さんは、
「当初、機織り機も自作したほど、
裂き織りをやってみたかった。
良い着物には、力があり、
想像力や創作意欲をかき立ててくれる。
『もったいないから』とか、
『リサイクルしたい』というよりも、
『新しい作品を生み出したい』という
思いが強い」と語った。
10DSC_0276.jpg11DSC_0284_20190209211858423.jpg12DSC_0234.jpg
土岐市下石町900─1/入場無料/
TEL0572─57─3528/
休館日は2月18日(月曜日)/

2019年02月09日 (18:22)

おひなの会が土人形などを展示【瑞浪芸術館で17日(日)まで】

おひなの会による作品展
「瑞浪土人形・創作雛・染紡織」が、
NPO瑞浪芸術館(瑞浪市稲津町萩原)で、
本日、2月9日(土曜日)から、始まった。
会期は、2月17日(日曜日)まで。
01DSC_0229.jpg02DSC_0133.jpg03DSC_0164_20190209190113ada.jpg
出展者は、「おひなの会」のメンバー、
小栗寿賀子さん(58歳・瑞浪市上平町)・
01DSC_0144.jpg
西原菊代さん(71歳・瑞浪市小田町)・
02DSC_0138.jpg
平中和美さん(64歳・瑞浪市学園台)の3人。
03DSC_0152.jpg
3人は、瑞浪市窯業技術研究所が、
平成26(2014)年度に開催した、
土人形講座の受講生。
平成27(2015)年度に、
「おひなの会」を結成した。
現在、メンバーは3人のみで、
会員を募集している。
瑞浪芸術館で、グループ展を開くのは、初めて。
04DSC_0195.jpg05DSC_0218_2019020919011244d.jpg06DSC_0216.jpg
07DSC_0174_201902091901187c3.jpg08DSC_0220.jpg09DSC_0189.jpg
会場では、内裏びなをはじめ、
大黒天・恵比寿(えびす)・武者など、
色とりどり・色鮮やかな土人形を、
展示・販売(一部、非売品あり)。
瑞浪市陶磁資料館が収蔵する土人形の型や、
瑞浪市無形文化財「市原土人形」技術保持者だった、
故・後藤久美さんの作品の型を復元した、
「使用型」などを使い、素焼きした人形に、
アクリル絵の具で彩色している。
10DSC_0226.jpg11DSC_0172.jpg12DSC_0203.jpg
また、安産のお守り
「犬筥(いぬばこ)」の創作雛(そうさくびな)や、
羊(ヒツジ)の原毛を紡ぎ、染め、
リジット機で平織りした「まきもの」、
ショールやマフラーなど、計約100点が並ぶ。
13DSC_0158.jpg14DSC_0162_201902091901533d0.jpg15DSC_0208.jpg
瑞浪市稲津町萩原1220─2/
TEL0572─66─2170/
開館時間は正午から午後4時まで/
会期中無休/入場無料/
16DSC_0197.jpg17DSC_0214_20190209190158e05.jpg18DSC_0213.jpg

2019年02月05日 (14:22)

肥田町の景勝地「瀧が洞」をPR【保存会が土岐市図書館で】

肥田瀧が洞石仏保存会(柴田和人代表)は、
本日、2月5日(火曜日)から、
土岐市図書館(土岐津町土岐口)で、
瀧が洞(滝が洞・滝ヶ洞)をPRする、
パネル展を開いた。
会期は、3月3日(日曜日)まで。
01DSC_9097.jpg02DSC_9143_20190205145108646.jpg
瀧が洞(滝が洞・滝ヶ洞)は、
稚児岩大橋(土岐市肥田町)の眼下、
肥田川を挟んだ渓谷にある。
奇岩怪石(きがんかいせき)が、
累々かつ重畳(ちょうじょう)としており、
土岐八景の1つに数えられる景勝地。
03DSC_9135.jpg04DSC_9140.jpg
瀧が洞(滝が洞・滝ヶ洞)には、
江戸時代に作られた磨崖仏(まがいぶつ)と、
大正初期に作られた弘法大師の座像
(石仏群・瀧が洞の八十八弘法)が、
貴重な史跡として、残っている。
しかし、近年は、草木が生い茂ったり、
倒木が道をふさいだりして、荒れ放題。
揚げ句の果てに、地蔵も破壊されるなど、
見る影もなかった。
05DSC_9147.jpg06DSC_9119.jpg
そんな状況を愁えた、肥田町の住民が、
平成29(2017)年6月から、整備を開始。
毎月第2・第4日曜日の午前中に、
倒木を片付けたり、案内看板を設置したりして、
ボランティア活動に励んでいる。
会員は現在、肥田町の住民ばかり、
60歳代から70歳代まで、7人。
一緒に活動するメンバーを募集している。
07DSC_9148.jpg08DSC_9129.jpg
柴田和人代表(土岐市肥田町上肥田・
70歳・かずひと・元土岐市職員)は、
「肥田町の住民には、瀧が洞の良さが、
浸透してきたが、郷土の宝として、
土岐市全域に、PRしていきたい。
今年も、4月21日(日曜日)に、
瀧が洞弘法祭り』を開く予定。
散策コースは、1時間ほどで、
回ることができるので、森林浴には最適。
ぜひ一度、瀧が洞を訪れてほしい」と話す。
09DSC_9110_20190205145138682.jpg10DSC_9105.jpg
問い合わせは、土岐市図書館
(TEL0572─55─1253)または、
肥田瀧が洞石仏保存会の柴田和人代表
(TEL090─1277─3786)まで。

2019年02月04日 (15:44)

スペース岳で「ひな・雛・ヒナ・人形展」【五月人形も展示】

グループ展「ひな・雛・ヒナ・人形展」が、
ギャラリースペース岳(土岐市妻木町)で、
2月1日(金曜日)から、始まった。
会期は、2月17日(日曜日)まで。
01DSC_8723.jpg02DSC_8719_201902041632510b4.jpg03DSC_8794_20190204163252185.jpg
スペース岳では、毎年この時期に、
ひな人形を集めたグループ展を、
メンバーを入れ替えながら開催。
今年で17回目を迎えた。
今年の出展者は、
浅井純子さん(愛知県瀬戸市)・
森田恵子さん(愛知県瀬戸市)・
岸川俊子さん(愛知県春日井市)・
山本伊都子さん(愛知県尾張旭市)・
加藤信介さん(土岐市妻木町)・
山田正孝さん(土岐市泉町久尻)・
橋本幸代さん(土岐市曽木町)の計7人。
年齢は、40歳代から70歳代まで。
04DSC_8772_20190204163254e2b.jpg05DSC_8763.jpg06DSC_8741.jpg
陶製やガラス製の人形、
約70点を展示・販売。
タタラ成形と炭化焼成による、
陶製の内裏雛(だいりびな)や、
愛らしい表情をした豆びななどが並ぶ。
また、ダンボールで制作した、
鎧兜(よろいかぶと)もある。
07DSC_8736.jpg08DSC_8784.jpg09DSC_8804.jpg
現代の生活様式に合った、
コンパクトな内裏びなが人気。
ギャラリースペース岳のオーナー、
奥田幸子さん(ゆきこ)が制作した、
つりびな(つるし雛・つるし飾り)や、
紙粘土の花餅(はなもち)も飾られ、
春を感じさせる展示になっている。
10DSC_8753.jpg11DSC_8777.jpg12DSC_8751_20190204163322e7d.jpg
土岐市妻木町391─4/
TEL0572─57─3360/
営業時間は午前10時から午後5時まで/
定休日は2月7日(木曜日)と、
2月14日(木曜日)/入場無料/

2019年02月01日 (14:47)

土岐市がインスタ映えコンテスト【まちゆいで入賞作品を展示】

土岐市と一般社団法人土岐市観光協会は、
写真共有アプリケーション
「インスタグラム」(Instagram)を利用した、
フォトコンテスト、
「#TOKITRIP Instagramキャンペーン」と、
「#紅葉土岐 Instagramキャンペーン」を開催。
01DSC_8088_20190201150836042.jpg02DSC_8046.jpg
入賞作品計14点を、
テラスゲート土岐(土岐市土岐ケ丘)・
まちゆい内「ギャラリーとき」で展示している。
会期は、2月28日(木曜日)まで。
03DSC_8031.jpg04DSC_8068.jpg
#TOKITRIP Instagramキャンペーン」は、
「うつわ部門」と「景色部門」の2部門で実施。
岐阜県内外から、508点の応募があり、
各部門5点ずつ、計10点を、入賞に選んだ。
「#紅葉土岐 Instagramキャンペーン」には、
岐阜県内外から、17点の応募があり、
うち4点を、入賞とした。
05DSC_8054_20190201150816491.jpg06DSC_8073.jpg
なお、入賞作品については、
土岐市観光協会の「サイト」でも、
見ることができる。
07DSC_8084_2019020115082596b.jpg08DSC_8041.jpg
問い合わせは、
土岐市役所・産業振興課・観光係
(TEL0572─54─1111・内線234)まで。
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。