スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年05月19日 (18:49)

介護老人保健施設「ひざし」が開設20周年【医療法人瑞岐会】

一般社団法人土岐医師会立介護老人保健施設
「ひざし」(瑞浪市稲津町萩原)が、
開設20周年を迎えた。
開設20周年記念式典実行委員会
(熊谷恒朗実行委員長)は、
セラトピア土岐(土岐市土岐津町高山)で、
「記念式典」と「祝賀会」を開いた。
01DSC_5321.jpg02DSC_5339.jpg03DSC_5330_201805192059520fd.jpg
04DSC_5355.jpg05DSC_5357.jpg06DSC_5361.jpg
ひざし設立の経緯については、
土岐医師会の医師7人(玉田孝男・加藤恒之・
山村武一・加藤慶二・水野孝彦・熊谷恒朗・
岩島康敏の各氏)が、発起人となり、
平成7(1995)年9月12日に、
「老人保健施設設立準備委員会」を設置。
将来、高齢者が増加することを見越して、
医師会立による、老健の開設を目指した。
07DSC_5369.jpg08DSC_5372.jpg09DSC_5392.jpg
10DSC_5393.jpg11DSC_5401.jpg12DSC_5398.jpg
13DSC_5404.jpg14DSC_5410.jpg15DSC_5417.jpg
平成8(1996)年12月18日には、
施設の運営母体となる、医療法人「瑞岐会」
(みずきかい・初代理事長=加藤慶二氏)を設立。
平成10(1998)年5月1日に、
土岐医師会立老人保健施設「ひざし」を開設した。
平成12(2000)年3月11日には、
土岐医師会立介護老人保健施設「ひざし」に、
名称を変更した。
16DSC_5428.jpg17DSC_5443.jpg18DSC_5436.jpg
19DSC_5446.jpg20DSC_5451.jpg21DSC_5463.jpg
本日の記念式典には、ひざしの関係者ら、
約110人が出席。
開設20周年記念式典実行委員会の
熊谷恒朗実行委員長(土岐医師会参与)が、
「ひざしは、平成10年に、
いきなり完成したのではなく、
出来上がるまでに、かなりの苦労があった。
当時、土岐医師会には、
知恵も、土地も、資産もなく、
無い無い尽くしだったが、行政の協力を得て、
なんとか前に進めることができた。
20年の間に、お世話になった方々を招いて、
祝賀会が開けることを、うれしく思う」と述べた。
22DSC_5471.jpg23DSC_5487_20180519210154eba.jpg24DSC_5492.jpg
25DSC_5502.jpg26DSC_5508.jpg27DSC_5512.jpg
28DSC_5530.jpg29DSC_5527.jpg30DSC_5537.jpg
医療法人瑞岐会の瀬尾裕志理事長が、
あいさつした後、
古屋圭司衆議院議員をはじめ、
渡辺猛之参議院議員や、
元瑞浪市長の髙嶋芳男氏(瑞浪市名誉市民)、
瑞浪市の水野光二市長、
土岐市の加藤靖也市長が、
来賓として、祝辞を述べた。
hizashi01-EPSON494.jpghizashi02-EPSON475.jpghizashi03-EPSON496.jpg
hizashi04-EPSON477.jpghizashi05-EPSON498.jpghizashi06-EPSON502.jpg
記念品贈呈では、
土岐医師会の勝股真人会長が、
瑞岐会の瀬尾裕志理事長に、
ひざしのホールに設置する柱時計
(目録)を手渡した。
toki01-EPSON504.jpgtoki02-EPSON506.jpg
瀬尾裕志理事長は、
ひざしの永年勤続表彰を行い、
20年勤続者13人
(代表=中嶋きよみさん)と、
10年勤続者5人
(代表=長江秀典さん)をねぎらった。
01DSC_4869.jpg02DSC_4879.jpg03DSC_4864.jpg
04DSC_4895_201805191936004f8.jpg05DSC_4898.jpg06DSC_4849_20180519193604ee7.jpg
07DSC_4858.jpg08DSC_4913.jpg09DSC_4909.jpg

2018年05月17日 (21:29)

東濃5市の移住者数を発表【平成29年度の実績】

岐阜県は、県内の各市町村における、
平成29(2017)年度の
移住定住実績を、まとめた。
東濃5市の移住者数は、下記の通り。
【移住者数】
市町村の相談窓口を通じ、あるいは、
市町村の移住定住に係る各種支援を受けて、
新たに生活の拠点を、岐阜県内に移した人数。

岐阜県の移住・定住ポータルサイト
ふふふぎふ」へ。

なお、土岐市の移住者数が減少したのは、
東海環状自動車道の利便性を生かした、
住宅造成が落ち着いてきたことなどを、
要因としている。

◆多治見市
【H25】0人
【H26】2人
【H27】0人
【H28】3人
【H29】11人(8人増)

◆土岐市
【H25】93人
【H26】140人
【H27】84人
【H28】168人
【H29】109人(59人減)

◆瑞浪市
【H25】0人
【H26】1人
【H27】8人
【H28】26人
【H29】27人(1人増)

◆恵那市
【H25】89人
【H26】92人
【H27】93人
【H28】136人
【H29】107人(29人減)

◆中津川市
【H25】18人
【H26】50人
【H27】84人
【H28】136人
【H29】108人(28人減)

◆東濃5市合計
【H25】200人
【H26】285人
【H27】269人
【H28】469人
【H29】362人(107人減)

《参考》
◆岐阜県合計
【H25】596人
【H26】782人
【H27】1129人
【H28】1310人
【H29】1313人(3人増)

2018年05月12日 (01:03)

H30「岐阜県各界功労者表彰」【土岐市&瑞浪市の受賞者】

岐阜県は、
「平成30年度・岐阜県各界功労者表彰」の
受賞者を決定した。

平成30(2018)年度は、
「文化・芸術」、「交通安全」、
「スポーツ」、「国際」など、
16の分野から、102人
(個人92人・団体10団体)が受賞した。
表彰式は、5月16日(水曜日)に、
ぎふ清流文化プラザ(岐阜市学園町)・
長良川ホール(2階)で開かれる。

土岐市と瑞浪市からは、
次の皆さんが選ばれた。
◆土岐市(4人)
【市町村行政】
◎西尾隆久(にしお・たかひさ)
《現》土岐市議会議員
【社会福祉】
◎田中伸一(たなか・しんいち)
《現》民生・児童委員
◎山内誠(やまうち・まこと)
《現》社会福祉施設職員
【環境保全】
◎小栗二六(おぐり・にろく)
《現》一般社団法人岐阜県猟友会副会長

◆瑞浪市(4人)
【市町村行政】
◎柴田増三(しばた・ますみ)
《現》瑞浪市議会議員
【社会福祉】
◎安藤公代(あんどう・きみよ)
《現》保護司
【健康衛生】
◎佐々木誠(ささき・まこと)
《元》岐阜県立瑞浪高等学校学校歯科医等
◎瀬尾裕志(せお・ひろし)
《現》瑞浪市立土岐小学校学校医

2018年05月08日 (16:52)

土岐医師会が新体制に【土岐市・瑞浪市の両市長を訪問】

一般社団法人「土岐医師会」は、
今年の6月に、役員・理事を改選する。
熊谷恒朗参与(熊谷医院)・
勝股真人会長(勝股医院)・
山口浩一副会長(陶生堂医院)・
久野義弘事務長の4人が、
土岐市役所・瑞浪市役所を訪問。
加藤靖也土岐市長・水野光二瑞浪市長に、
それぞれ就任のあいさつを行った。
01DSC_2051.jpg02DSC_2061.jpg03DSC_2058.jpg
土岐市と瑞浪市を管轄する、
土岐医師会(所在地・土岐市土岐津町高山)は、
昭和22(1947)年9月1日に、
社団法人「土岐郡医師会」として設立。
昭和47(1972)年12月4日に、
社団法人「土岐医師会」に、
平成24(2012)年4月1日には、
一般社団法人「土岐医師会」になった。
平成30(2018)年4月1日現在、
会員数は122人。
04DSC_2066_20180508172511f93.jpg05DSC_2073_20180508172511e46.jpg06DSC_2075.jpg
会長職を、1期2年務めた、
中島均氏(ひとし)に代わり、
勝股真人理事(まひと)が、
新会長に就任した。
勝股真人会長は、
勝股医院(瑞浪市稲津町小里)の院長。
土岐医師会准看護学校
(土岐市土岐津町高山)の校長も兼任する。
07DSC_2087.jpg08DSC_2093_2018050817251601e.jpg09DSC_2095_20180508172533128.jpg
勝股真人会長は、
「わたしは瑞浪市出身なので、土岐市の行政に、
うまく橋渡しができるのか、心配はある。
その点については、熊谷恒朗参与や、
山口浩一副会長に頑張っていただき、
今まで通り変わらず、透明性を持ち、
公平にやっていきたい。
瑞浪市民は、土岐医師会というと、
土岐市の医師だけの組織と、
勘違いされている人が多い。
土岐市と瑞浪市の医師が、一緒になって、
地域医療に取り組んでいることを、
知ってもらいたい」と語り、
土岐医師会准看護学校の校長としては、
「一時期、『正看しかいらない』と、
いわれた時もあったが、あれは間違い。
准看護師と正看護師は、役目が違う。
個人の開業医にとっては、
准看護師は、絶対必要な存在だが、
今後は、介護の分野でも、
ますます必要とされるだろう。
准看護師を、医者と介護施設が、
取り合いになっている。
土岐医師会准看護学校としては、
なるべく地元の人に学んでいただき、
地元で働いてもらいたい」と述べた。
10DSC_2102_201805081725392a1.jpg11DSC_2105.jpg12DSC_2109.jpg
新役員・新理事は、次の皆さん
(任期は1期2年)。
【参与】
熊谷恒朗・西尾好司
【会長】
勝股真人
【副会長】
江口研・山口浩一
【理事】
和田喜美夫・塚本英人・伊藤昭宏・
野田和也・川越孝次・古積晃・
高木博・田伏英晶
【監事】
矢野元子・勝安彦

2018年04月25日 (13:25)

東美濃ナンバー実現協議会が声明を発表【第5回協議会】

東美濃ナンバー実現協議会
(会長=田代正美・多治見商工会議所会頭、
事務局=多治見商工会議所)は、
自動車の「地方版図柄入りナンバープレート」
(ご当地ナンバー)として、
「東美濃ナンバー」の導入を目指している。
多治見市産業文化センター(新町)で、
第5回協議会を開いた。
01DSC_9541.jpg02DSC_9550_2018042514122080a.jpg03DSC_9554.jpg
東美濃ナンバー実現協議会については、
過去記事」を参照。
04EPSON375.jpg05EPSON380.jpg06EPSON367.jpg
東美濃ナンバー実現協議会では、
東美濃ナンバーの導入について、
「住民アンケート」と、
「事業者アンケート」を実施。
地域住民の合意形成を図るためには、
引き続き、周知活動を行う必要があるとし、
岐阜県知事が、導入申込書を、
国土交通省に提出する期限の延長を、
求めていた。
当初の提出期限は、
平成30(2018)年3月30日だったが、
国土交通省は、
平成30(2018)年9月28日まで、
延期することを認めた。
ちなみに、図柄の提出期限は、
平成30(2018)年12月28日。
04DSC_9546_2018042514120268e.jpg05DSC_9553.jpg06DSC_9559.jpg
本日の第5回協議会は、
田代正美会長が議長を務め、議事を進行。
平成29(2017)年度の決算では、
収入支出残高の780万1278円を、
平成30(2018)年度の予算に、
繰り越すこととし、各市町・各商議所から、
新たな負担金を、求めないことにした。
07DSC_9561.jpg08DSC_9564.jpg09DSC_9565.jpg
事業計画や今後の活動についての議案では、
協議会のメンバーから、
「地域住民の合意形成を確認するために、
もう一度、住民意向調査を、
行うつもりでいるのか」とか、
「いつ誰が、どんな啓発活動を行うのか、
具体的な計画が、立てられていない。
啓発活動が、これまでと同様、
各団体任せのままでは、
同じ轍(てつ)を踏むことにならないか」といった、
質問や指摘があった。
10DSC_9570.jpg11DSC_9572.jpg12DSC_9581.jpg
協議会としての「声明」も、承認されたが、
A4サイズ2枚を超える長文のため、
「1枚の紙に、まとめられないか」とか、
「声明とは別に、キャッチフレーズを、
考えてはどうか」といった、意見が出た。
01EPSON384.jpg02EPSON385.jpg03EPSON386.jpg
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。