スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年08月17日 (16:43)

H29「中学校英語弁論大会」の東濃代表8人が決まる

平成29年度・中学生英語スピーチコンテスト
(高円宮杯全日本中学校英語弁論大会)の
「東濃地区予選」が、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で開かれた。
13DSC_0501_20170817165624b99.jpg
東濃5市の中学校から、75人の生徒が出場。
5グループに分かれて、「予選」を行い、
勝ち抜いた15人が、「決勝」へと進んだ。
生徒らは、持ち時間5分以内で、
家族や将来の夢、国際問題などについて、
英語でスピーチ。
内容・スピーキング・表現の3つの観点から、
審査された。
審査の結果、「優秀賞」8人、
「優良賞」7人、「特別賞」7人が、
それぞれ決まった。

閉会式では、
恵那市立上矢作中学校の棚橋剛校長が、
各受賞者に、表彰状を手渡した。
なお、優秀賞の受賞者が、
同コンテストの「岐阜県大会」に臨む。
岐阜県大会は、9月30日(土曜日)に、
岐阜女子大学(岐阜市太郎丸)で開かれる。
ちなみに、今年の特別賞の正式名称は、
「岐阜県小中学校英語研究部会東濃地区賞」。

受賞者は、次の皆さん。
【優秀賞】
後藤有汰(多治見1年)・渡辺恋未(恵那西2年)・
榎本沙由里(岩邑3年)・伊藤成美(平和3年)・
殿勝若菜(西陵3年)・宮地里歩(恵那西3年)・
有賀千紗(瑞浪3年)・森彩南(麗澤瑞浪1年)
01DSC_0458.jpg02DSC_0460.jpg
03DSC_0465.jpg04DSC_0466.jpg
【優良賞】
向井明豊(麗澤瑞浪3年)・遠山晴菜(岩邑3年)・
愛知果歩(麗澤瑞浪3年)・神成穂乃香(岩邑3年)・
神尾羽菜(恵那北2年)・黄晶晶(瑞浪南3年)・
日比野のどか(麗澤瑞浪3年)
05DSC_0469.jpg06DSC_0471.jpg
07DSC_0474.jpg08DSC_0482.jpg
【特別賞】
東園茉巳(瑞浪3年)・宮下日向葵(落合2年)・
古田瑞貴(多治見2年)・福島希央恵(小泉3年)・
西村遙花(笠原3年)・横山真莉子(北陵1年)・
カルボスキー慶(泉3年)
※横山真莉子さんとカルボスキー慶さんは、
特別スピーチ&体験発表。
09DSC_0484.jpg10DSC_0490.jpg
11DSC_0491_2017081716561445c.jpg12DSC_0492.jpg

2017年07月27日 (20:47)

平成30年度「岐阜県公立高等学校入学者選抜」【東濃5市関係分】

岐阜県教育委員会学校支援課は、
「平成30(2018)年度
岐阜県公立高等学校入学者選抜」について、
実施概要などを、公表した。
01shiryou2_01.jpg02shiryou2_04.jpg03shiryou2_05.jpg
「実施概要一覧」と、
「選抜要件一覧」から、
東濃5市関係分を抽出した(色分け)。
04shiryou2_06.jpg05youkeichiransashikae_01.jpg06youkeichiransashikae_02.jpg

2017年07月10日 (15:54)

東濃西部都市間連絡道路の早期完成を【推進協がH29総会】

東濃西部都市間連絡道路建設推進協議会
(会長=加藤靖也土岐市長)は、
平成29(2017)年度の「総会」を、
土岐市役所で開いた。
01DSC_1952.jpg02DSC_1956_20170710162448a3c.jpg03DSC_1962.jpg
東濃西部都市間連絡道路建設推進協議会は、
平成6(1994)年に設立。
東濃西部3市でつくる広域組織で、
東濃西部都市間連絡道路の早期完成を目指し、
国や事業者の岐阜県に、働き掛けている。
04DSC_1974.jpg05DSC_1968.jpg06DSC_1985.jpg
東濃西部都市間連絡道路は、
多治見市・土岐市・瑞浪市の
東濃西部3市を結ぶという構想の下、整備。
①一般国道19号の渋滞緩和。
②災害時の緊急輸送路の強化。
③高次救急医療施設・
土岐南多治見インターチェンジ(IC)・
観光拠点へのアクセス性の向上。
などの効果が、見込まれている。
07DSC_1990.jpg08DSC_1993.jpg09DSC_2000.jpg
現在、都市計画決定されている施工区間は、
多治見市下沢町から土岐市下石町までで、
全体延長は、約4・2キロ。
平成27(2015)年2月16日には、
多治見市東町地内から、
土岐市土岐津町地内までの一部区間
(約2・2キロ)について、供用を開始した。
計画では、4車線だが、暫定2車線
(片側1車線での通行)になっている。
10DSC_1976.jpg11DSC_2007.jpg12DSC_2012.jpg
残りの区間が完成すると、
主要地方道土岐足助線までつながり、
土岐市立総合病院から、
岐阜県立多治見病院への
アクセスなどが向上する。
なお、残りの約2キロについては、
順次、設計・用地買収などを行っているが、
開通時期については、未定。
13DSC_2013.jpg14DSC_2020.jpg15DSC_2024.jpg
総会には、東濃西部3市の首長・県議のほか、
国土交通省中部地方整備局
多治見砂防国道事務所の綱川浩章所長や、
岐阜県多治見土木事務所の大野真義所長ら、
関係者約20人が出席。
16DSC_2031.jpg17DSC_2033.jpg18DSC_2041.jpg
会長を務める加藤靖也土岐市長は、
「都市計画決定されたのが、
平成10(1998)年なので、
もう20年が、たとうとしている。
1番渋滞するのは、多治見市の部分で、
土岐市側は、それほど込まない。
国道19号では、多治見市に入った所から、
町の中心までが、常に渋滞している。
いろいろな方策があると思うが、
都市間連絡道路の完成こそが、
問題の抜本的な対策につながる。
昨今、国の建設予算は、縮小傾向にある。
難しい面があるが、東濃の課題は、
多治見市の渋滞を、何とかすること。
引き続き、皆様のお力を借りて、
事業を進めていきたい」と述べた。
01web2500EPSON723.jpg02web2500EPSON719.jpg
総会では、
平成28年度の会計決算報告や、
平成29年度の事業計画案、
事業推進等に関する要望決議案などが、
承認された。
03web2500EPSON722.jpg04web2500EPSON720.jpg
続いて、岐阜県多治見土木事務所
岩田憲三道路建設課長が、事業概要を説明。
今年の8月末には、多治見市東町地内、
東濃西部都市間連絡道路の横に、
「災害時応急対策用資機材備蓄拠点」が、
完成する予定だと話した。
岐阜県内では、7カ所あるうちの1つで、
東濃西部3市では、唯一の拠点。

2017年06月01日 (22:53)

東濃5市(5区)の選挙人名簿の定時登録【平成29年6月1日】

岐阜県選挙管理委員会は、
公職選挙法第22条第1項の規定に基づき、
選挙人名簿の定時登録を行った。

【登録基準日】
平成29(2017)年6月1日。
【年齢要件】
平成11(1999)年6月2日以前に出生。
【住所要件】
平成29(2017)年3月1日以前に転入。
当該市町村の区域内から、住所を移した者のうち、
旧住所地において、住民票が作成された日から3箇月以上、
住民基本台帳に登録されていた者であって、
平成29(2017)年2月1日から、
平成29(2017)年5月31日までの間に転出。
【登録日】
平成29(2017)年6月1日。
※公職選挙法の改正により、定時登録の登録日が、
基準日と同じ登録月の1日となった。

東濃5市(5区)の状況は次の通り。
前回の登録者数
平成29(2017)年3月2日。

◆多治見市
【男性】4万5593人
【女性】4万8821人
【合計】9万4414人
【前回】9万4455人
【増減】▲41人
【増減率】▲0・04パーセント

◆土岐市
【男性】2万3658人
【女性】2万5630人
【合計】4万9288人
【前回】4万9346人
【増減】▲58人
【増減率】▲0・12パーセント

◆瑞浪市
【男性】1万5192人
【女性】1万6679人
【合計】3万1871人
【前回】3万1999人
【増減】▲128人
【増減率】▲0・40パーセント

◆恵那市
【男性】2万0678人
【女性】2万2570人
【合計】4万3248人
【前回】4万3338人
【増減】▲90人
【増減率】▲0・21パーセント

◆中津川市
【男性】3万2060人
【女性】3万4483人
【合計】6万6543人
【前回】6万6644人
【増減】▲101人
【増減率】▲0・15パーセント

◆5区計
【男性】13万7181人
【女性】14万8183人
【合計】28万5364人
【前回】28万5782人
【増減】▲418人
【増減率】▲0・15パーセント

ちなみに、減少の著しい市の順位として、
1位に瑞浪市(マイナス128人)が、
3位に中津川市(マイナス101人)が、
5位に恵那市(マイナス90人)が入った。
その理由を、
瑞浪市は「社会減」とし、
中津川市と恵那市は「自然減」とした。
「社会減」とは、転入者と転出者の差。
「自然減」とは、新たに年齢要件を満たした者
(18歳になった者)と死亡者との差。

2017年05月15日 (23:40)

東濃5市の移住者数を発表【平成28年度の実績】

岐阜県は、
県内の各市町村における、
平成28(2016)年度の
移住定住の実績を、まとめた。
【移住者数】
市町村の相談窓口を通じ、あるいは、
市町村の移住定住に係る各種支援を受けて、
新たに生活の拠点を、移した人数。

東濃5市の移住者数は、次の通り。
なお、恵那市と中津川市は、
移住支援制度を充実させたため、
土岐市は、東海環状自動車道の利便性を生かした、
住宅造成が好調だったため、
それぞれ移住者数が、大幅に増加した。
ちなみに、土岐市の168人は、
高山市の242人、
大垣市の179人に次ぐ、
第3位だった。

◆多治見市
【H25】0人
【H26】2人
【H27】0人
【H28】3人

◆土岐市
【H25】93人
【H26】140人
【H27】84人
【H28】168人

◆瑞浪市
【H25】0人
【H26】1人
【H27】8人
【H28】26人

◆恵那市
【H25】89人
【H26】92人
【H27】93人
【H28】136人

◆中津川市
【H25】18人
【H26】50人
【H27】84人
【H28】136人

◆東濃5市合計
【H25】200人
【H26】285人
【H27】269人
【H28】469人

《参考》
◆岐阜県合計
【H25】596人
【H26】782人
【H27】1129人
【H28】1310人
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。