スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年09月19日 (16:27)

106歳の正村貞枝さんが瑞浪市最高齢者に【水野市長がお祝い】

老人週間(9月15日~21日)に合わせて、
瑞浪市内最高齢者の正村貞枝さん
(106歳・さだえ)を、
水野光二市長が祝った。
正村貞枝さんが入所している、
みずなみ陶生苑(瑞浪市釜戸町)を訪れ、
長寿の祝い金と、花束を手渡した。
01DSC_6981.jpg02DSC_6987.jpg
正村貞枝さんは、
明治43(1910)年12月10日生まれ。
従前の最高齢者だった、河合ちえ子さんが、
今年の1月18日に、106歳で亡くなったため、
瑞浪市の最高齢者になった。
なお、9月8日(金曜日)現在、
瑞浪市内には、100歳以上の高齢者が、
34人(男性4人・女性30人)いる。
03DSC_6990.jpg04DSC_6995.jpg
正村貞枝さんは、土岐市駄知町出身で、
自宅は瑞浪市一色町。
102歳からは、グループホーム
「ささゆり」(南小田町)に入所していたが、
2年前に、みずなみ陶生苑へ移った。
正村貞枝さんは、19歳で結婚。
駄知町の米穀店に嫁ぎ、
夫が興した製陶所を支えた。
8人の子供を産み、孫は19人、
ひ孫は17人、やしゃごは1人。
05DSC_6997.jpg06DSC_6999.jpg
みずなみ陶生苑の職員によると、
正村貞枝さんは、いつも穏やかで、
怒る姿を、見せたことはない、とのこと。
出された食事は、小鉢に分けると、
自分で食べることができる。
ゆっくり時間を掛けるが、
好き嫌いもなく、完食している。
また、テレビが好きで、
同じ入所者の人たちと、楽しんでいる。
07DSC_7011.jpg08DSC_7013.jpg
ちなみに、正村貞枝さんの夫は、
土岐市議会の初代議長を務めた、
故・正村正美氏。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年09月19日 (13:46)

陶都スターズが第33回「全日本還暦軟式野球選手権大会」へ

第33回・全日本還暦軟式野球選手権大会
(京都府内10球場・
9月30日~10月3日開催)に出場する、
「陶都スターズ」のメンバーが、
瑞浪市役所を訪れ、水野光二市長に、
意気込みを語った。
01DSC_6934_2017091913590811f.jpg02DSC_6941.jpg
来庁したのは、
溝口博彦監督(瑞浪市土岐町・73歳・
内野手・ひろひこ)と、
奥村了選手(瑞浪市明世町戸狩・73歳・
内野手・りょう)の2人。
陶都スターズは、
昭和59(1984)年に結成。
東濃5市の在住者、21人で構成している。
03DSC_6949_20170919135927434.jpg04DSC_6964_201709191359207da.jpg
陶都スターズが所属する、
岐阜県の還暦野球リーグ戦「Aブロック」には、
昨年度、14チームが出場。
陶都スターズは、
9勝3敗1分けで、3位に入った。
3年連続・17回目となる、
全日本還暦軟式野球選手権大会への
出場を決めた。
全日本還暦軟式野球選手権大会には、
全国から、64チームが出場する。
05DSC_6945.jpg06DSC_6972_20170919135927047.jpg
岐阜県内からは、陶都スターズのほか、
「岐阜ゴールドスターズ」と、
「水都クラブ」の2チームも出る。
陶都スターズの初戦の相手は、
「うしくゴールデンボーイズ」(茨城県)。
9月30日(土曜日)に、
福知山市民球場で対戦する。

溝口博彦監督らは、
「チームの平均打率は、3割2厘。
打率は波があるので、とにかく走り、
ミスをしないことが大事。
毎週日曜日の練習では、守備練習に、
7~8割の時間を、割いている」とか、
「昨年の全日本選手権では、
1回戦で、敗退してしまった。
目標は、大きい方が良いかもしれないが、
今回は、1戦1勝の気持ちで、
挑みたい」と語った。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年09月19日 (11:56)

中山征治さんが新嘗祭の粟を献穀【瑞浪市で抜穂祭】

毎年、11月23日に、
皇居で行われる宮中祭祀(さいし)、
「新嘗祭」(にいなめさい)に、
献穀(けんこく)される、
粟(アワ)の「抜穂祭」(ぬきほさい)が、
瑞浪市稲津町小里の農地
(羽広公民館の近く)で開かれた。
01DSC_6779.jpg02DSC_6782.jpg03DSC_6791.jpg
04DSC_6808.jpg05DSC_6812.jpg06DSC_6816_201709191238081c0.jpg
新嘗祭のために、岐阜県からは、
米と粟(アワ)を献納。
県内の各地域から、持ち回りで、
代表者(奉耕者)を、決定している。
平成29(2017)年度は、
東濃西部3市が、
粟を担当することになった。
07DSC_6827.jpg08DSC_6830.jpg09DSC_6836.jpg
代表者(奉耕者)には、
瑞浪市とJAとうとから推薦され、
岐阜県からの依頼を受けた、
中山征治さん(瑞浪市稲津町小里・
73歳・せいじ)が選ばれた。
中山征治さんは、
瑞浪市の連合自治会長と、
地元の白山神社の宮司を務めている。
10DSC_6841.jpg11DSC_6844.jpg12DSC_6852.jpg
13DSC_6855.jpg14DSC_6857.jpg15DSC_6861.jpg
中山征治さんは、
平成28(2016)年度の献穀者、
福井徳一さん(德一・七宗町)から、
粟の種をもらい受け、今年の5月15日に、
播種(はしゅ・種まき)。
6月9日に、苗床から、畑に移植した。
作付け面積は、約1アールで、
粟の品種は、「もちあわ」。
16DSC_6865.jpg17DSC_6868.jpg18DSC_6876.jpg
抜穂祭には、水野光二市長をはじめ、
岐阜県東濃農林事務所の米山英雄所長や、
JAとうとの小倉弘次常務理事ら、
約30人が出席。
瑞浪市からは、平成17(2005)年度に、
同じく粟を献納しており、
当時の献穀者を務めた、
小栗敏見さん(稲津町・89歳)も、
本日の「抜穂祭」に出席した。
中山征治さんは、宮司のため、
自身で、神事を取り仕切った。
19DSC_6881.jpg20DSC_6884.jpg21DSC_6892.jpg
22DSC_6893.jpg23DSC_6895.jpg24DSC_6904.jpg
中山征治さんは、
「自衛隊に37年勤務し、その後、
15年以上、農業に励んできた。
粟を育てたのは、今回が初めて。
防鳥網に、穂が絡まったり、
台風18号で、穂が倒れたりして、
苦労したが、皆さんの協力のおかげで、
無事、刈り取ることができた。
献穀者に選ばれたのは、
一生懸命、農業を頑張ってきた、
ご褒美だと思う」と語った。
25DSC_6926.jpg26DSC_6923.jpg27DSC_6910.jpg
刈り取った粟は選別し、
脱桴(だっぷ、穎《えい》の除去)や、
精白(せいはく)を行った後、
5合分を、桐箱(きりばこ)に納める。
中山征治さんは、10月23日(月曜日)に、
皇居へ参内し、献納する。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年09月18日 (23:09)

十六銀行が瑞浪市への移住・定住を応援【専用の住宅ローン】

株式会社十六銀行
(本店・岐阜市神田町、村瀬幸雄頭取)は、
瑞浪市への移住・定住支援の一環として、
瑞浪市が管理する「空き家・空き地バンク」に、
登録されている物件を、購入する人に向けた、
専用の住宅ローンの取り扱いを、
9月15日(金曜日)から、開始した。
web16-2017-01.jpg
これは、平成27(2015)年12月21日に、
瑞浪市と十六銀行が締結した、
地方創生にかかる包括連携協力に関する協定」に、
関連したもの。
なお、瑞浪市への移住希望者に対応するため、
住宅ローンの申込条件の1つ、
勤続年数については、撤廃した。
web16-2017-02.jpg
問い合わせは、
十六銀行瑞浪支店
(TEL0572─68─3106)または、
多治見ローンサービスセンター
《十六銀行多治見支店3階》
(TEL0572─24─7616)まで。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年09月17日 (23:52)

美濃源氏フォーラムが「無礼講ライブ」【2組の親子共演に沸く】

美濃源氏フォーラム(井澤康樹理事長)は、
「第11回 土岐英史 ざ・無礼講ジャズライブ
with guest 土岐麻子」を、
瑞浪市総合文化センター・文化ホール
(瑞浪市土岐町)で開いた。
観客席からは、手拍子・歓声・拍手が起こり、
今年も大いに盛り上がった。
今回のライブは、3部構成で進行。
写真は、「第2部」と「第3部」を撮影した。
01DSC_6361_20170917231957035.jpg02DSC_6262_2017091723195959f.jpg03DSC_6320.jpg
04DSC_6222_20170917232002d5e.jpg05DSC_6229.jpg06DSC_6288_20170917232005fce.jpg
第1部は、
「The BASARA Sound」
(ざ・婆娑羅サウンド)と題して、
アマチュア音楽グループなどが出演。
07DSC_6299.jpg08DSC_6539.jpg09DSC_6375.jpg
10DSC_6422.jpg11DSC_6412.jpg12DSC_6377.jpg
第2部では、
「土岐麻子 The BREAKOUT Pops Night」
(ざ・無礼講ポップスナイト)と題して、
土岐英史さん(アルトサックス)の長女、
土岐麻子さん(ポップスシンガー)が、
ゲスト出演を果たした。
土岐麻子さんは、Tomi Yoさん(ピアノ)と、
隅垣元佐さん(ギター)が奏でる中、
「Gift~あなたはマドンナ~」や、
「僕は愛を語れない」などを歌った。
13DSC_6457.jpg14DSC_6468.jpg15DSC_6680.jpg
16DSC_6565.jpg17DSC_6473.jpg18DSC_6485.jpg
第3部は、
「第11回 土岐英史ざ・無礼講ジャズライブ」で、
土岐英史・片倉真由美・市原ひかり・
纐纈歩美・佐藤恭彦・奥平真吾の各氏が出演。
纐纈歩美さん(アルトサックス)の父で、
アマチュアトロンボーン奏者、
纐纈雅さん(みやび)も参加した。
19DSC_6513.jpg20DSC_6574.jpg21DSC_6578.jpg
22DSC_6626.jpg23DSC_6729.jpg24DSC_6730.jpg
アンコールでは、
土岐英史さんと土岐麻子さんが共演。
今年は、纐纈さん親子と土岐さん親子という、
2組の親子共演が、会場を沸かした。
25DSC_6601.jpg26DSC_6740.jpg27DSC_6751.jpg
28DSC_6774.jpg29DSC_6768.jpg30DSC_6763.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。