スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年08月20日 (14:56)

瑞浪市民ランナーが早朝を駆ける【第8回おはようマラソン】

「第8回・瑞浪市民おはようさわやか
マラソン(ウオーキング)大会」が、
瑞浪市明世町戸狩の市民競技場を発着点に、
本日早朝、開かれた。
ウオーキングの部も含め、
68人のランナーが参加した。
01DSC_0618.jpg02DSC_0641.jpg03DSC_0628.jpg
04DSC_0634.jpg05DSC_0636.jpg06DSC_0644.jpg
07DSC_0649_201708201305599bf.jpg08DSC_0662.jpg09DSC_0667.jpg
『おはようマラソン』は、
瑞浪市陸上競技協会(木村一郎会長)が、
平成22(2010)年から、毎年開催。
ゼッケンは、伊藤石材店
(瑞浪市陶町猿爪)が提供した。
大会は、「第9回ぎふ清流郡市対抗駅伝競走大会」
(発着点=岐阜県庁・10月15日《日曜日》開催)の
選考会も兼ねて、行われた。
コースは、市民競技場から市民体育館、
瑞浪市陶磁資料館の横を抜け、
市之瀬廣太記念美術館の前で、折り返すもの。
10DSC_0611.jpg11DSC_0683.jpg12DSC_0688.jpg
13DSC_0712.jpg14DSC_0717_20170820130656466.jpg15DSC_0719.jpg
16DSC_0722.jpg17DSC_0733.jpg18DSC_0737.jpg
開会式には、水野光二市長をはじめ、
石川文俊市議会議長や、平林道博教育長、
瑞浪市体育協会の愛知孝夫会長らが出席。
瑞浪市陸上競技協会の
加藤輔之副会長(瑞浪市議)が、
「本日は、絶好のマラソン日和。
本日の大会は、清流駅伝の選考も、兼ねている。
今年の清流駅伝における、瑞浪市の目標は3位。
今日の予選を通過できるように、
頑張って下さい」と激励。
瑞浪市立瑞陵中学校2年生の保こなつさんが、
高らかに選手宣誓を行った。
19DSC_0739.jpg20DSC_0747.jpg21DSC_0749.jpg
22DSC_0751_20170820130744962.jpg23DSC_0757.jpg24DSC_0769.jpg
小学生は2・2キロ
(午前7時20分スタート)を、
中学生以上は3・2キロ
(午前7時スタート)を、
それぞれ走った。
25DSC_0779.jpg26DSC_0785.jpg27DSC_0788.jpg
28DSC_0792.jpg29DSC_0798.jpg30DSC_0807.jpg
31DSC_0810.jpg32DSC_0815.jpg33DSC_0817.jpg
石川文俊市議会議長が号砲を打つと、
市民ランナーらは、一斉にスタート。
急な坂道を、息を切らしながら駆け上がり、
心地良い汗を流していた。
また、ウオーキングも、同時に行われた。
ちなみに、昨年の清流駅伝(郡市大会)では、
瑞浪市の代表チームは、6位だった。
34DSC_0819.jpg35DSC_0835.jpg36DSC_0858.jpg
37DSC_0871.jpg38DSC_0880.jpg39DSC_0896.jpg
40DSC_0905.jpg41DSC_0920.jpg42DSC_0923.jpg
上位の成績は、次の皆さん。
【1部小学男子】
①加藤来夢
②小木曽太一
③宮地一輝
④堀田幸誠
⑤恩田民緒
⑥青木大悟
【2部小学女子】
①大嶽愛
②加藤萌
③山田蒼生
④服部アキ
⑤勝川さくら
⑥東川千愛礼
【3部中学男子】
①佐藤誠美
②安藤太一
③三輪桐馬
④小山大和
⑤只腰弘人
⑥工藤郁也
【4部中学女子】
①濱野光
②保こなつ
③中島七海
④中島夕海
⑤中根まなみ
⑥藤田瑞葵
【5部一般男子】
①神谷優斗
②安藤崇
③東川猛
④安藤知幸
⑤勝股栄二
⑥西尾新二
【6部一般女子】
①西尾明子
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年08月18日 (11:47)

十六銀行が瑞浪市に100万円を寄付【創立140周年記念】

株式会社十六銀行
(本店・岐阜市、村瀬幸雄取締役頭取)は、
創立140周年を記念し、
100万円を、瑞浪市に寄付した。
01DSC_0511.jpg02DSC_0515.jpg03DSC_0527.jpg
寄付受領式が、瑞浪市市民福祉センター
「ハートピア」(樽上町)で開かれ、
十六銀行の秋葉和人取締役常務執行役員
営業統括本部長(あきば・かずひと)が、
水野光二市長に、目録を手渡した。
04DSC_0541.jpg05DSC_0555.jpg06DSC_0561.jpg
株式会社十六銀行は、
明治10(1877)年に創業。
今年の10月に、
創立140周年を迎えるのを前に、
記念事業として、岐阜県内の自治体に、
寄付金を贈ることにした。
岐阜県と岐阜県内36市町村に対して、
総額約5000万円を寄付する。
07DSC_0566.jpg08DSC_0606.jpg09DSC_0597.jpg
瑞浪市は、寄付金100万円を、
市民福祉センター備品購入事業として、
「福祉施設用電位治療器」2台
(計約120万円相当)の購入資金に充当。
既に購入済みで、7月3日(月曜日)から、
瑞浪市市民福祉センター「ハートピア」の
談話室(1階)に、設置されている。
治療器の名称は、
福祉施設用交流高圧電位治療器
スカイウェル SW─9000H
(製造元・株式会社白寿生科学研究所)。
10DSC_0571.jpg11DSC_0578.jpg12DSC_0582.jpg
十六銀行の秋葉和人取締役常務は、
「創立140周年を迎えられたのは、
地域の皆様のご愛護があったからで、
大変感謝しています。
購入されたスカイウェルは、
市民の皆さんに、大変好評だと聞いている。
市民の健康づくりや、
談話室でのコミュニケーションづくりに、
役立ててほしい」と述べた。
13DSC_0594.jpg14DSC_0601.jpg15DSC_0602_20170818111828545.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年08月17日 (13:14)

中京学院大中京の軟式野球部が2年ぶりに全国大会へ

中京学院大学附属中京高等学校
(瑞浪市土岐町・松下邦雄校長)の
軟式野球部(平中亮太監督)が、
「第62回全国高等学校軟式野球選手権大会」
(兵庫県・8月24日《木曜日》から6日間
《雨天順延・休養日1日を含む》)に出場する。
激励壮行会が、同校の校庭で開かれ、
約1100人の生徒が出席。
来賓の水野光二市長らが、選手を励ました。
01DSC_0205.jpg02DSC_0208_201708171226467db.jpg03DSC_0214.jpg
04DSC_0216.jpg05DSC_0218_20170817122658df2.jpg06DSC_0220.jpg
中京学院大学附属中京高等学校は、
平成29(2017)年4月1日より、
中京高等学校(中京高校)から、
校名を変更(以下、中京学院大中京)。
中京学院大中京は、
第62回全国高等学校軟式野球選手権東海大会の
決勝戦(8月5日開催)において、
愛知高校(愛知県A代表)を、11対0で破り、
2年ぶり、21回目の優勝を果たした。
07DSC_0222.jpg08DSC_0233.jpg09DSC_0249_20170817122747080.jpg
10DSC_0257_20170817122747c5f.jpg11DSC_0260_20170817123617b98.jpg12DSC_0264_201708171236152e5.jpg
全国大会には、16校が出場し、試合は、
明石トーカロ球場(明石公園第1野球場)か、
ウインク球場(姫路球場)で行われる。
中京学院大中京(東海・岐阜)の初戦の相手は、
文徳(南部九州・熊本)。
場所は、明石トーカロ球場で、
8月24日(木曜日)午後1時にプレーボール。
13DSC_0268.jpg14DSC_0271.jpg15DSC_0280.jpg
16DSC_0288.jpg17DSC_0292.jpg18DSC_0295.jpg
激励壮行会では、松下邦雄校長が、
「今年のチームは、この1年間、本当に、
苦しい苦しい日々を、過ごしてきた。
東海大会の決勝で、優勝を決めた時、
選手たちは、苦しい練習が報われ、
喜びで、はじけていた。
しかし、選手諸君の気持ちは、
東海大会が、すべてではない。
明石に残してきた、深紅の大優勝旗を、
取り戻すことが、最終目標だ。
全校生徒のみなさんで、
心からの応援をしよう」と、選手を鼓舞。
チアリーダー部などが、熱いエールを送った。
19DSC_0308.jpg20DSC_0331.jpg21DSC_0333.jpg
22DSC_0323.jpg23DSC_0335.jpg24DSC_0339.jpg
軟式野球部の内木蓮主将
(3年生・加子母中学校出身)は、
「自分たちは、東海大会を勝ちきることができ、
全国大会へ、駒を進めることができた。
勝ち続けられたのは、応援してくれる人が、
たくさんいたからだと、思っています。
全国大会では、この感謝の気持ちを忘れず、
一戦一戦、全力で、
自分たちの『中京野球』をやってきます。
そして、深紅の大優勝旗を持って、
この中京高校に、帰ってきます。
最後まで、応援をよろしくお願いします」と、
抱負を語った。
25DSC_0349.jpg26DSC_0353.jpg27DSC_0356.jpg
28DSC_0359.jpg29DSC_0367.jpg30DSC_0369.jpg
中京学院大中京は、
3年ぶり、8度目の全国制覇を目指す。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年08月16日 (23:56)

瑞浪Mioちゃんに投票を【目指すは3位入賞】

瑞浪市化石博物館(明世町山野内)の
イメージキャラクター、瑞浪Mioちゃんが、
「ミュージアムキャラクターアワード2017」に、
エントリーされた。
投票締め切りは、9月14日(木曜日)。
01DSC_0187.jpg
ミュージアムキャラクターアワードは、
ミュージアム・博物館・美術館の情報サイト、
インターネットミュージアム
(運営・丹青グループ)が主催。
ウェブサイトからの投票により、
ミュージアムキャラクターの日本一、
人気ナンバー1を決定する。
02DSC_0197.jpg
瑞浪Mio(ミオ)ちゃんは、
平成22(2010)年にデビュー。
誕生間もなかったが、
翌年の平成23(2011)年には、
ミュージアムキャラクターアワードに、
初出場を果たしている。
初出場の結果は、37キャラクター中、
6位(544票)だった。
なお、今年から、ルールが変更され、
再エントリーが、可能になった
(※過去、1位になったキャラは除く)。
今回も、37キャラクターが、出場している。
03DSC_0176.jpg
瑞浪Mioちゃん(13歳)は、
「化石博物館だけではなく、
瑞浪市をPRするためにも、頑張ります。
目標は、3位入賞ですが、
前回の出場時に比べて、強敵ばかり。
皆さんの応援を、よろしくお願いします」と、
投票を呼び掛けている。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年08月16日 (17:51)

明日育の長井一浩さんが登壇【瑞浪市のボラ連が講演会】

瑞浪市のボラティア連絡協議会(加藤晴久会長)は、
瑞浪市総合文化センター(土岐町)で、
講演会を開いた。
01DSC_9994.jpg02DSC_9996.jpg03DSC_9998_20170816163514d70.jpg
04DSC_0144.jpg05DSC_0024.jpg06DSC_0003_201708161635234f4.jpg
瑞浪市のボランティア連絡協議会には、
瑞浪市社会福祉協議会(渡邉勝利会長)に、
登録するボランティア団体、
18団体・約600人が加盟。
昨年に引き続き今年も、
「特定非営利活動法人(NPO法人)
明日育(あすいく・富山県黒部市)」から、
長井一浩常務理事(43歳)を招いて、
講演会を開催した。
07DSC_0013.jpg08DSC_0017.jpg09DSC_0037.jpg
10DSC_0039.jpg11DSC_0046.jpg12DSC_0048.jpg
明日育の長井一浩常務理事は、
「つながる つなげる 
ボランティア Part2」を演題に登壇。
頭と体と心を使って、
コミュニケーション能力などを活性化させる、
体験型研修プログラム
「ASTRUST」(アストラスト)を実施した。
13DSC_0051.jpg14DSC_0053.jpg15DSC_0060_20170816163716fea.jpg
16DSC_0059.jpg17DSC_0062.jpg18DSC_0065.jpg
講演会には、ボランティア連絡協議会の会員や、
瑞浪市社会福祉協議会の職員ら、約50人が参加。
最初に、参加者らは、
「見た目では分からないが、
自分と共通点がある人と、グループをつくる」
という課題に挑戦した。
話し合いながら、
「花が好き」とか、「老眼鏡を掛けている」、
「60歳以上」、「ウオーキングが趣味」などと、
グループをつくった参加者に対して、
長井一浩常務理事は、
「興味や関心は、人ぞれぞれ違う。
自分の特技を生かすためには、
目に見えない共通点を、互いに知ることが大事。
人は伝えないと、つながることはできない」と述べた。
19DSC_0074.jpg20DSC_0080_20170816164400d7b.jpg21DSC_0087.jpg
22DSC_0097.jpg23DSC_0100.jpg24DSC_0102.jpg
フラフープを使ったプログラム、
「NASA」(ナサ)にも挑戦。
輪になった参加者が、
フラフープから指を離さないようにしながら、
フラフープを床に置くというもの。
参加者らは、途中、指を離してしまったり、
下げるはずが、逆に上がったりして、苦労した。
長井一浩常務理事は、
「人数が少ないうちは、スムーズにできても、
人数が増えると、途端に難しくなる。
なぜかというと、人数が少ない時は、
フラフープの重さを感じられるが、
人数が増えると、重さを感じられなくなるから。
これは、地域の活動でも、同じことが言える。
みんなが、『瑞浪を良くしよう』と活動を始めても、
参加者が増えてくると、気持ちを1つにすることが、
難しくなるのに似ている」と語った。
25DSC_0104.jpg26DSC_0106.jpg27DSC_0110.jpg
28DSC_0116.jpg29DSC_0122.jpg30DSC_0126.jpg
また、「ボランティア連絡協議会には、
さまざまな団体が加盟しているが、
まずは、互いを知ることが重要。
そして、組織は、縦割りではなく、利害で組むべき。
利害関係無しで、ただ単に手を組んだだけでは、
長続きはしないだろう」と教えた。
31DSC_0129.jpg32DSC_0132.jpg33DSC_0135.jpg
34DSC_0140.jpg35DSC_0155.jpg36DSC_0164.jpg
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。