スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年07月16日 (13:29)

ピアゴ瑞浪店でH30「ちびっこ消防広場」【瑞浪市消防本部】

瑞浪市消防本部は、
ピアゴ瑞浪店(瑞浪市薬師町)の駐車場で、
平成30(2018)年度
「ちびっこ消防広場」を開いた。
01DSC_3700.jpg02DSC_3779_20180716145821ea2.jpg03DSC_3804.jpg
04DSC_3693.jpg05DSC_3712.jpg06DSC_3746_20180716145827b87.jpg
瑞浪市消防本部では、過去、
住宅用火災警報器の設置啓発を主にした、
消防フェア」を、同所で開催してきた。
平成26(2014)年からは、
火災警報器の設置啓発にとどまらず、
子供の防災意識の向上に、
より重点を置こうと、イベントの名称を、
ちびっこ消防広場」に変更した。
07DSC_3708.jpg08DSC_3726.jpg09DSC_3744.jpg
10DSC_3735.jpg11DSC_3767_2018071614591015d.jpg12DSC_3783.jpg
ピアゴ瑞浪店の協力を得て、実施。
消防職員10人が、消防車や、
地震体験車(恵那市所有)などを持ち込み、
火災警報器のPRを図るとともに、
家族で体験できるイベントを行った。
消防職員は、買い物客らに、
火災警報器の啓発チラシを配ったり、
子供連れに、風船をプレゼントしたりした。
13DSC_3760.jpg14DSC_3806.jpg15DSC_3771.jpg
16DSC_3786.jpg17DSC_3790.jpg18DSC_3798.jpg
放水体験では、子供たちが、
小さな消防服を着させてもらい、
愛らしい消防士に変身。
子供用の筒先で、放水を行い、
消防士気分を味わった。
また、地震体験車で、震度7を感じたり、
煙体験ハウス(テント)を通り抜けて、
煙の怖さを知ったりした。
19DSC_3824.jpg20DSC_3812_20180716145924a3b.jpg21DSC_3774.jpg
瑞浪市消防本部では、
住宅用火災警報器については、
瑞浪市の設置率は、約80パーセント。
せっかく設置しても、
万一の際に動かなかったら、意味がない。
電池のパワーは残っているか、
機器は故障していないか、1カ月に1度、
テストをしてほしい」と、呼び掛けている。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月14日 (16:47)

中京高校とバサラ瑞浪が七夕飾りを共同制作【8年目】

中京学院大学附属中京高等学校
(瑞浪市土岐町・和田尚校長・中京高校)の
保育クラスの2年生約40人が、同校で、
七夕飾りの制作に取り組んだ。
七夕飾りの制作は、
平成23(2011)年から、
毎年行っており、今年で8年目。
01DSC_3262.jpg02DSC_3199.jpg03DSC_3197.jpg
04DSC_3210.jpg05DSC_3204.jpg06DSC_3218.jpg
講師として、「バサラ瑞浪」から、
木股廣子会長(廣は广に黄・72歳)と、
永冶昌代さん(61歳)が来校。
2人は、昨年まで、
瑞浪市商店街連合会の「おかみさん会」として、
協力してきたが、今年からは、
よさこい鳴子踊りのチーム
「バサラ瑞浪」として、指導に当たった。
ちなみに、バサラ瑞浪のメンバーは、
中京高校の生徒に、演舞の指導もしている。
07DSC_3222.jpg08DSC_3226_20180714181246c53.jpg09DSC_3224_20180714181246262.jpg
10DSC_3233_201807141812493f1.jpg11DSC_3235.jpg12DSC_3240.jpg
今年は、木股さん・永冶さんのほか、
保育クラスの卒業生と3年生も、
教えるのを手伝った。
保育クラスの生徒たちは、折り紙や釣り糸で、
吹き流し・きんちゃく・くす玉などを制作。
40センチほどの笹(布&プラスチック製)に、
飾りを結び付けて、全部で30本を完成させた。
13DSC_3252_20180714181321734.jpg14DSC_3255_20180714181322909.jpg15DSC_3258.jpg
16DSC_3260.jpg17DSC_3264.jpg18DSC_3268.jpg
なお、七夕飾りに取り付ける「短冊」は、
中京幼稚園(瑞浪市土岐町)の年長児、
約30人が書く。
園児が、願いや将来の夢などを書くと、
高校生が、その願いなどに対して、
「応援メッセージ」を、書き加えるとのこと。
19DSC_3271.jpg20DSC_3272.jpg21DSC_3274_20180714181523454.jpg
22DSC_3280.jpg23DSC_3284.jpg24DSC_3291.jpg
飾るための台座(木製)は、過去に、
障害者支援施設「陶技学園みずなみ荘
(瑞浪市稲津町萩原)の利用者らが、
制作したものを使い回す。
完成した笹飾りは、瑞浪駅前商店街にある、
へいせい義塾館高等学院
(瑞浪市寺河戸町)のショーウインドーで、
8月いっぱいまで、展示する予定。
展示期間が過ぎたら、園児にプレゼントする。
25DSC_3298.jpg26DSC_3293.jpg27DSC_3299.jpg
28DSC_3305.jpg29DSC_3311.jpg30DSC_3316.jpg
平成26(2014)年の「過去記事」へ。
平成27(2015)年の「過去記事」へ。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月13日 (19:46)

日吉中学校の生徒が歌舞伎を特訓中【閉校記念公演に向けて】

瑞浪市立日吉中学校
(日吉町・小栗茂校長)は、
今年の11月30日(金曜日)に、
「日吉中学校閉校記念歌舞伎公演」を、
同校の体育館で行う。
歌舞伎公演に向けて、全校生徒44人が、
練習を始めている。
01DSC_3059.jpg02DSC_3064_201807132150225c7.jpg03DSC_3066.jpg
瑞浪市は、
瑞浪市立日吉中学校(日吉町)・
瑞浪市立瑞陵中学校(土岐町)・
瑞浪市立釜戸中学校(釜戸町)の3校を統合。
来年、平成31(2019)年3月をもって、
3校とも閉校する。
平成31(2019)年4月には、新たに、
瑞浪市立瑞浪北中学校(土岐町)が開校する。
04DSC_3068.jpg05DSC_3069.jpg06DSC_3082.jpg
歌舞伎の指導は、
美濃歌舞伎博物館「相生座」(日吉町)の館長、
小栗幸江さん(日吉町・70歳)が担当。
小栗幸江さんは、毎年、
音楽(邦楽)の授業の一環として、
日吉中学校の2・3年生を対象に、
三味線を教えている。
07DSC_3084_20180713215030293.jpg08DSC_3085.jpg09DSC_3088_201807132150327b4.jpg
1年生17人は、
通称「白浪五人男」で有名な歌舞伎の演目、
青砥稿花紅彩画・稲瀬川勢揃いの場」に、
小栗幸江さんのアレンジ・演出を加えた、
「白浪五人男・日吉川勢揃いの場」を上演する。
10DSC_3098.jpg11DSC_3112.jpg12DSC_3117.jpg
13DSC_3123_201807132151549f4.jpg14DSC_3132_20180713215156573.jpg15DSC_3139.jpg
2年生15人と3年生12人の計27人は、
小栗幸江さんによるオリジナル台本、
「学舎閉心残郷歌」(まなびやはとずれど
こころにのこる ふるさとのうた)を上演する。
この作品は、日吉中学校の校歌をモチーフに、
全4景(4場面)で構成。
江戸時代の日吉町(現在)を舞台に、
第1景は「寺の山門前」(開元院山門前)、
第2景は「代官屋敷の中庭」、
第3景は「農村風景」(日吉町深沢地区)、
第4景は「フィナーレ」で送る。
聞き所の1つは、
校歌の歌詞が組み込まれているせりふ。
フィナーレでは、
三味線・太鼓の伴奏に合わせて、
校歌を合唱する。
16DSC_3144.jpg17DSC_3157_20180713215204a34.jpg18DSC_3177.jpg
19DSC_3187.jpg20DSC_3173_20180713215200d14.jpg21DSC_3171_201807132153171fd.jpg
本日は、2回目の練習が行われ、
1年生と2・3年生に分かれて、取り組んだ。
1年生は、抑揚の効いた、
せりふ回しができるように、指導を受けた。
2・3年生は、せりふ回しにとどまらず、
舞台転換時の立ち位置や、
所作の確認なども行った。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月13日 (13:08)

瑞浪市が水位計を初設置【陶町猿爪の猿爪川に】

瑞浪市は、
陶町猿爪地内を流れる普通河川
「猿爪川」に、水位計を設置した。
瑞浪市が、市内の河川に、
水位計を設置したのは、初めて。
WEB-猿爪川水位計-写真
昨年7月の台風3号により、
猿爪川の下流域で、浸水被害が発生。
そのソフト対策として、設置を決めた。

水位計の電源は、ソーラーパネル。
水位が上昇し、危険な場合は、
パトライト(回転灯)とサイレンで、
地域住民に注意を促す。
また、電話回線を使った、
メール配信機能も付いており、
今後、瑞浪市役所土木課や地元の区長、
浸水被害に遭った住民らに、
配信できるように、設定する予定。
WEB-位置図
水位計が設置してある場所は、
茶房「磁叟庵」(じそうあん)の近く。
水位計の事業費は、約150万円。

【写真・地図=瑞浪市提供】
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2018年07月13日 (09:24)

桜堂薬師のハスが見ごろ【観賞&撮影は早朝がベスト】

瑞浪市土岐町の古刹(こさつ)、
櫻堂薬師(桜堂薬師)の「鶴池」で、
蓮(ハス)の花が咲いている。
現在は、6分咲き程度で、
見ごろは、来週から7月末までとのこと。
01DSC_3004.jpg02DSC_2905.jpg03DSC_3024.jpg
04DSC_3016.jpg05DSC_2942.jpg06DSC_2945.jpg
桜堂薬師には、道を挟んで、
「鶴池」(上池)と「亀池」(下池)があり、
2つの池を足すと、広さは約680平方メートル。
かつて、鶴池には、
観賞用のハスのほかに、食用のレンコンがあり、
正月には、地元住民が食していたという。
しかし、池の改修工事が行われた際、
水が抜かれ、ハスが全滅してしまった。
07DSC_2899.jpg08DSC_2960_20180713090931d67.jpg09DSC_2895_20180713090932fb6.jpg
10DSC_2919.jpg11DSC_3040.jpg12DSC_2973.jpg
ハスを復活させようと、
平成22(2010)年には、
地元住民でつくる、
櫻堂薬師保存会(桑原研二会長)などが、
中津川市阿木のハスの愛好家団体から、
株分けしてもらい、植栽した。
復活への期待が高まったが、
ザリガニなどの影響を受け、再び全滅。
今度は、多治見市の愛好家団体から、
株分けしてもらい、ハスの種類も増やした。
また、池にコイを入れたことで、
ザリガニの影響を、受けにくくなった。
13DSC_2931.jpg14DSC_2938_2018071309101284b.jpg15DSC_2964_20180713091014c64.jpg
16DSC_2950.jpg17DSC_2980.jpg18DSC_2982.jpg
ハスの種類は、「砂田の白花」・「茶碗蓮」・
「孫文蓮」・「藤壺蓮」・「金輪蓮」の5種類。
昨年と同様、花数は多いとのこと。
19DSC_2984.jpg20DSC_3030.jpg21DSC_3034.jpg
櫻堂薬師保存会の桑原研二会長(73歳)は、
「桜堂薬師を、ハスの名所にしたい。
ハスの花は、午前10時ごろになると、
徐々に閉じてしまう。
観賞したり、撮影したりするなら、
早朝がベスト」と、呼び掛けている。

平成25(2013)年の「過去記事」へ。
平成27(2015)年の「過去記事」へ。
平成29(2017)年の「過去記事」へ。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。