スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年04月25日 (15:13)

美濃歌舞伎保存会が第4回「着物供養」【歌舞伎衣装に感謝を】

美濃歌舞伎保存会(小栗榮輝会長)は、
美濃歌舞伎博物館「相生座」
(瑞浪市日吉町、小栗幸江館長)で、
「第4回・着物供養」を営んだ。
役目を終えた歌舞伎の衣装などに、
関係者らが感謝をささげた。
01DSC_2113_20170425143648726.jpg02DSC_2120_20170425143741830.jpg03DSC_2114_20170425143836908.jpg
04DSC_2128.jpg05DSC_2123.jpg06DSC_2136.jpg
美濃歌舞伎保存会は、
相生座(あいおいざ)と、
ミュージアム中仙道(瑞浪市明世町戸狩)で、
約4000点の歌舞伎衣装を保存・管理。
相生座での公演で、使用するだけではなく、
県内外の地歌舞伎保存会に対して、
貸し出しも行っている。
修繕しているが、破れたり、傷んだりして、
着られなくなった衣装もある。
着物供養は、
平成26(2014)年からで、4回目。
07DSC_2142.jpg08DSC_2148.jpg09DSC_2150.jpg
10DSC_2155.jpg11DSC_2156.jpg12DSC_2161.jpg
古くなった歌舞伎衣装のほか、
市内外の一般市民から寄贈された、
着物や帯など、計約50点を供養。
舞台の上に、衣装などを並べ、
酒波神社(日吉町)の
土屋広忠宮司(86歳・廣忠)が、
神事を取り仕切った。
13DSC_2165.jpg14DSC_2168.jpg15DSC_2173.jpg
16DSC_2177.jpg17DSC_2179.jpg18DSC_2182.jpg
小栗幸江館長(69歳、さちえ)は、
「着物があってこその歌舞伎。
どんな大根役者でも、立派な衣装を着れば、
『馬子にも衣装』になる。
最近は、親の世代が使っていた着物を、
タンスにしまったままの人が多い。
寄贈された着物は、そのままでは使えない。
1度、おはらいをした後、アレンジし、
歌舞伎の衣装として、再利用したい。
ウールなど、歌舞伎の衣装に使えない物は、
相生座の座布団や、子供の練習着として、
仕立て直したり、または売却し、
針や糸の購入費に、充てたりする。
着物には、先人の知恵が詰まっている。
着物を大切にする気持ちを、
後世に伝えていきたい」と語った。
19DSC_2183_2017042515075188c.jpg20DSC_2185.jpg21DSC_2187.jpg
なお、美濃歌舞伎保存会は、
地歌舞伎衣装の「補修講座」を開く。
museum01-EPSON536.jpg
申し込み・問い合わせは、
美濃歌舞伎博物館・相生座
(TEL0572─68─0205)または、
ミュージアム中仙道
(TEL0572─68─0505)まで。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年04月25日 (11:40)

瑞浪市議会が「平成29年第3回定例会」の日程を発表

瑞浪市議会は、
平成29年第3回定例会(6月議会)の日程を、
発表した。
会期は28日間。
なお、正式な日程は、本会議で決まる。
主な日程は、次の通り。
瑞浪市議会-議場-ふかん-DSC_7567
◎5月31日(水曜日)=本会議
開会・議案上程・説明・委員会付託(予算)

◎6月8日(木曜日)=委員会
予算決算委員会

◎6月14日(水曜日)=本会議
市政一般質問

◎6月15日(木曜日)=本会議
市政一般質問・報告に対する質疑・
議案質疑・委員会付託

◎6月16日(金曜日)=委員会
総務委員会

◎6月19日(月曜日)=委員会
民生文教委員会

◎6月20日(火曜日)=委員会
経済建設委員会

◎6月27日(火曜日)=本会議
委員長報告・質疑・討論・採決・閉会
02DSC_9451.jpg
いずれも、午前9時から。
本会議(先着順34人)と、
委員会(委員長の許可制)は傍聴できる。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年04月25日 (11:26)

瑞浪市議会が「平成29年第2回臨時会」の日程を発表

瑞浪市議会は、
平成29年第2回臨時会の日程を、
発表した。
会期は1日のみ。
なお、正式な日程は、本会議で決まる。
瑞浪市議会-議場-2015-DSC_7574
◎5月9日(火曜日)
【本会議】(午前9時~)
開会・議案上程・説明・議案質疑・委員会付託
【委員会】
民生文教委員会
【本会議】
委員長報告・質疑・討論・採決・閉会
瑞浪市議会-質問席DSC_7542
本会議(先着順34人)と、
委員会(委員長の許可制)は傍聴できる。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年04月23日 (15:30)

大湫宿パターゴルフ場で「町民大会」【92歳も元気にプレー】

瑞浪市の大湫町コミュニティ推進協議会
(小栗司会長)は、
大湫宿パターゴルフ場(大湫町神田地区)で、
「町民パターゴルフ大会」を開いた。
01DSC_1838.jpg02DSC_1846_201704231640142fd.jpg03DSC_1854.jpg
04DSC_1856_20170423164017f7e.jpg05DSC_1864.jpg06DSC_1869.jpg
07DSC_1881.jpg08DSC_1885.jpg09DSC_1887.jpg
大湫宿パターゴルフ場は、
平成7(1995)年3月にオープン。
地元の長寿会による自主活動グループ、
「大湫町パターゴルフ倶楽部」のメンバーが、
毎月第1土曜日と第3土曜日に、
プレーを楽しんでいるほか、
場内の草刈りなど、維持管理にも努めている。
10DSC_1889.jpg11DSC_1894.jpg12DSC_1906.jpg
13DSC_1910.jpg14DSC_1898_201704231641102ed.jpg15DSC_1903_201704231641128ec.jpg
16DSC_1918.jpg17DSC_1911.jpg18DSC_1925.jpg
町民パターゴルフ大会は、毎年4月に開催。
しかし、近年は、場内の経年劣化が進み、
プレーに支障をきたしていた。
そこで、大湫町コミュニティ推進協議会は、
平成26年度の「瑞浪市夢づくり地域交付金事業
(ステップアップ事業)を活用。
総事業費約310万円で、改修工事を実施した。
平成27(2015)年4月には、
町民パターゴルフ大会に合わせて、
「完成式」を開いた。
19DSC_1912.jpg20DSC_1914.jpg21DSC_1915.jpg
22DSC_1921.jpg23DSC_1926.jpg24DSC_1930.jpg
今年の町民パターゴルフ大会には、
大湫町の住民を中心に、約70人が参加。
開会式では、本年度の区長会の役員や、
大湫町に移住してきた人の紹介などがあった。
本日は、天候にも恵まれ、
3歳から92歳までが、元気にプレーした。
web-EPSON593.jpg
なお、大湫宿パターゴルフ場は、
大湫町民以外も利用できる
(12月から2月までは冬季休業)。
利用料(1日)は、1人300円。
パターやボールの貸し出しあり(無料)。
予約制で、
プレー希望日の1週間前までに、
申し込むこと。
申し込み・問い合わせは、
大湫町コミュニティ推進協議会
(TEL0572─63─2360)まで。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL

2017年04月22日 (16:57)

どんぐり工房が6周年祭「どんぐり祭」【障害者の就労を】

指定障害福祉サービス事業所
どんぐり工房(瑞浪市陶町水上)で、
6周年祭「どんぐり祭」が開かれ、盛況を見せた。
01DSC_1595_20170422184426f28.jpg02DSC_1598.jpg03DSC_1608_201704221844308ce.jpg
どんぐり工房は、
NPO法人「ワークセンターいちい」
(工藤輝夫理事長)が運営。
平成23(2011)年4月に、
瑞浪市土岐町から、現住所へ移転した。
多機能型事業所として、
「生活介護事業」(定員15人)や、
「就労継続支援B型事業」(定員15人)、
「就労移行支援事業」(定員10人)を展開。
18歳から64歳までの障害者ら40人が、
パン(約30種類)やクッキー(8種類)、
プリンなどの授産製品を作っている。
04DSC_1630.jpg05DSC_1642.jpg06DSC_1649.jpg
07DSC_1656.jpg08DSC_1660.jpg09DSC_1664.jpg
6周年を記念し、地域住民らに、
日ごろの感謝の気持ちを示そうと、祭りを開催。
どんぐり工房の職員や、利用者の保護者らが、
空揚げ・フライドポテトなどを販売したり、
不用品のバザーを開いたりした。
今年も、「陶町明日に向って街づくり推進協議会」
(長谷川孝夫会長)のメンバーが協力した。
10DSC_1666.jpg11DSC_1673.jpg12DSC_1712.jpg
13DSC_1675.jpg14DSC_1678.jpg15DSC_1679.jpg
陶町のイメージキャラクター、
すえっこくん」が登場し、会場を盛り上げたほか、
どんぐり工房の利用者らが、「ドラゴン太鼓」を披露。
廃タイヤにビニールを張った、手作りの太鼓を、
「どんぐり!どんぐり!どんぐり工房!!」と、
叫びながら、元気に打ち鳴らした。
16DSC_1706.jpg17DSC_1692.jpg18DSC_1701.jpg
19DSC_1722.jpg20DSC_1730_201704221848454f9.jpg21DSC_1759_20170422184934905.jpg
また、「さわやかフォークダンス」
(陶ニコニコ会)のメンバーが、
軽やかな踊りを披露したほか、
陶小学校の2年生から6年生、17人でつくる、
「瑞浪キッズチアリーディングクラブ」が出演。
児童らは、ポンポンで、
「ポン文字」をつくり、6周年を祝った。
今年は初めて、
森の汽車倶楽部」(多治見市)が、
ミニ蒸気機関車を運行。
ミニ蒸気機関車は、
D51(デゴイチ)の10分の1のサイズで、
長さ35メートルのレールの上を走った。
22DSC_1766.jpg23DSC_1771.jpg24DSC_1780.jpg
25DSC_1782.jpg26DSC_1786.jpg27DSC_1790.jpg
どんぐり工房の志水利保施設長(69歳)は、
「平成24(2012)年度から、
平成28(2016)年度までの5年間に、
7人の利用者を、就職させた。
今年の4月には、さらにもう1人、
内定をいただくことができた。
また、本年度からは、瑞浪市の委託を受けて、
JR瑞浪駅周辺の駐車場やトイレの清掃を、
請け負っている。
来年度は、生活介護事業の定員を、
さらに5人、増やす予定。
今後も、外に向かって仕事を増やし、
事業を拡大していきたい」と語った。
28DSC_1796.jpg29DSC_1800.jpg30DSC_1803.jpg
31DSC_1810.jpg32DSC_1815.jpg33DSC_1823.jpg
なお、NPO法人「ワークセンターいちい」は、
国の補助金を受けて、瑞浪市薬師町2丁目地内に、
生活共同援助「グループホームわごうホーム」を、
開所する予定。
今年の7月に着工し、来年、
平成30(2018)年4月の開所を目指す。
比較的、障害が軽い4人が、利用するとのこと。
カテゴリ : 瑞浪市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。