スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2018年09月21日 (23:08)

ファエンツァ市派遣団が加藤市長に帰国報告【姉妹都市交流事業】

土岐市とファエンツァ市(イタリア)は、
来年、平成31(2019)年に、
姉妹都市提携40周年を迎える。
土岐市は、
ファエンツァ市からの要請を受けて、
土岐市の陶芸家6人と土岐市職員2人を、
ファエンツァ市へ派遣した。
帰国した派遣団が、土岐市役所を訪れ、
加藤靖也市長に、現地での様子を語った。
01DSC_3298.jpg02DSC_3301_201809220041409a6.jpg03DSC_3316.jpg
04DSC_3310.jpg05DSC_3313.jpg06DSC_3321.jpg
ファエンツァ市は、マジョリカなど、
世界的な陶産地として有名。
土岐市とファエンツァ市は、
同じ「陶磁器の街」という縁で、
昭和54(1979)年に、
姉妹都市提携を締結している。
※昭和54(1979)年は、
10月23日にファエンツァ市で、
11月22日に土岐市で、
それぞれ盟約式を開いた。
両市とも、人口は約5万8000人。
07DSC_3360.jpg08DSC_3346.jpg09DSC_3359.jpg
10DSC_3365.jpg11DSC_3377.jpg12DSC_3382.jpg
今回、派遣されたのは、
陶芸家の和田和文さん
(69歳・下石町・わだかずふみ・桂山窯)、
01DSC_3325_20180922001545a7e.jpg
陶芸家の加藤三英さん
(50歳・下石町・かとうみつひで・大雲窯)、
02DSC_3340_20180922001548f96.jpg
陶芸家の林英樹さん
(44歳・駄知町・はやしひでき・鶴琳窯)、
03DSC_3353.jpg
陶芸家の木村元さん
(37歳・泉町・きむらはじめ・重山窯)、
04DSC_3372.jpg
陶芸家の尾木卓弥さん
(37歳・下石町・おぎたくや)、
05DSC_3381_20180922001551ba0.jpg
陶芸家の川久保大輔さん
(33歳・妻木町・かわくぼだいすけ)、
06DSC_3375.jpg
加藤淳司副市長(62歳・かとうじゅんじ)、
07DSC_3399_20180922001556088.jpg
土岐市職員(土岐市立陶磁器試験場)の
安江大さん(48歳・やすえおおき)の8人。
08DSC_3395_20180922001554db0.jpg
派遣団の一行は、
8月28日(火曜日)に出発し、
9月5日(水曜日)に帰国。
8月31日から9月2日まで、
ファエンツァ市で開かれた、
イタリア最大の陶磁器イベント、
「ARGILLA ITALIA 2018」
(アルジッラ=粘土)で、
土岐市をアピールするブースを出展した。
アルジッラ・イタリア・2018」は、
2年に1度開かれるイベントで、今年で6回目。
土岐市が、アルジッラでPRするために、
派遣団を送ったのは、今回が初めて。
13DSC_3392.jpg14DSC_3406.jpg15DSC_3403.jpg
16DSC_3386.jpg17DSC_3409.jpg18DSC_3388.jpg
派遣団の一行は、
美術館や国際陶芸博物館(MIC)を見学したり、
ファエンツァ市のジョバンニ・マルペッツィ市長
(Giovanni Malpezzi)を表敬訪問したりした。
また、加藤三英さんと木村元さんは、
アルジッラの「ろくろ大会」に出場。
粘土や技術の違いを知ったという。
01-303.jpg02-041(6).jpg03-302.jpg
04-216.jpg05-222.jpg06-382.jpg
派遣された陶芸家らは、
「陶工の技術レベルが、高いだけではなく、
焼きものに対する、熱量の高さも感じた」とか、
「粘土・技術の違いだけではなく、
日本人とイタリア人の感性の違いも分かった」、
「展示した美濃焼への反応は、良かった。
茶道など、文化と一緒に紹介すれば、
市場を開拓できるのではないか」、
「言葉が通じなくても、身ぶり手ぶりで伝わるが、
陶磁器の専門用語については、
イタリア語が分からないと、厳しい」などと、
振り返った。
07-295.jpg08-352.jpg09-353.jpg
10-394.jpg11-417.jpg12-435.jpg
【イタリアでの写真=土岐市提供】
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年09月21日 (16:33)

土岐市から福井国体・福井大会へ【5競技に7選手が出場】

土岐市から、
「福井しあわせ元気国体2018」や、
「福井しあわせ元気大会2018」に、
出場する選手の激励会が、
土岐市役所で開かれた。
01DSC_3415.jpg02DSC_3446.jpg03DSC_3450.jpg
激励会には、
加藤靖也市長をはじめ、
加藤辰亥市議会議長や、
土岐市体育協会の酒井良郎会長、
土岐市福祉事務所の酒井幸昌所長が出席。
土岐市からは、
福井国体には4競技6選手が、
福井大会には1競技1選手が、
それぞれ出場する。
04DSC_3453.jpg05DSC_3463.jpg06DSC_3471.jpg
選手らは、
「国体出場は初めて。
個人としては、トップ10に入り、
団体戦に貢献できるように頑張ります」とか、
「初めての国体だが、自分が持っている、
精いっぱいの力を出し切り、入賞したい」、
「国体出場は、5回目だが、
おそらくいつも通り、緊張すると思う。
その緊張も含めて、国体を楽しみたい。
応援をよろしくお願いします」、
「わたしが1番の年寄りで、
穴があったら入りたい気分。
こんなところに出て来るほどではないが、
頑張ってきます」などと、
全国大会に向けた、意気込みを語った。
07DSC_3473.jpg08DSC_3481.jpg09DSC_3495.jpg
出場する選手は、次の皆さん。
◆明治150年記念・
第73回・国民体育大会・
福井しあわせ元気国体2018

【ゴルフ競技】
◎神谷そら
(かみやそら・女子・土岐津中学校3年・土岐津中出身)
【ウエイトリフティング競技】
(ウエートリフティング競技)
◎伊東龍二
(いとうりゅうじ・少年男子69キロ級・
土岐商業高校3年・肥田中出身)
◎戸松大
(とまつだい・成年男子105キロ級・
土岐紅陵高校体育科教師・26歳・下石町)
【馬術競技】
◎阿日塔
(あるた・成年男子トップスコア競技・
《株》Tokaiホースパーク・48歳・曽木町)
※本日は欠席。
◎小栗麻莉乃
(おぐりまりの・ダービー競技・リレー競技・
団体障害飛越競技・帝京大学可児高校2年・曽木町)
※本日は欠席。
小栗麻莉乃さんは、阿日塔さんの次女。
【ボウリング競技】
◎工藤由佳
(くどうゆか・成年女子・
《財》ききょうの丘健診プラザ・21歳・多治見市)
※本日は欠席。
10DSC_3498.jpg11DSC_3506_201809211924126d8.jpg12DSC_3510.jpg
◆明治150年記念・
第18回・全国障害者スポーツ大会・
福井しあわせ元気大会2018

【陸上競技】
◎中島美子
(なかしまよしこ・身体障害・85歳・駄知町)
13DSC_3518_201809211924184f0.jpg14DSC_3516.jpg15DSC_3522.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年09月20日 (10:48)

土岐織部LCが東濃特別支援学校に遊具を寄贈【結成25周年記念】

土岐織部ライオンズクラブ
(LC・楓陽光会長・会員65人)は、
結成25周年を記念し、
岐阜県立東濃特別支援学校
(土岐市泉町河合・伊藤芳博校長・
全校児童生徒=215人)に、
遊具「太鼓橋」を寄贈した。
贈呈式が、同校で開かれ、
土岐織部LCの加藤文雄前会長
(25周年記念事業実行委員長)が、
同校生徒会の近藤一書記
(高等部3年生・はじめ)に、
目録を手渡した。
01DSC_2796_20180920113445acc.jpg02DSC_2824.jpg03DSC_2817.jpg
土岐織部ライオンズクラブは、
土岐ライオンズクラブを、
スポンサークラブとし、
平成5(1993)年12月27日に結成。
東濃特別支援学校に対しては、
青少年育成活動の一環として、
ダンサー・パフォーマーらによる、
「芸術鑑賞会」の開催協力をはじめ、
「校庭の芝生化」や、
「東北被災地ボランティア体験」を、
児童生徒が行うための援助など、
さまざまな支援事業を実施している。
また、それらの縁から、歴代、
土岐織部LCの第一副会長が、
同校の学校評議員を務めている。
04DSC_2830.jpg05DSC_2835.jpg06DSC_2847.jpg
今回の結成25周年記念事業は、
東濃特別支援学校の要望を受けて、
遊具「太鼓橋」(約25万円相当)を、
贈ることにした。
遊具は、今年の8月下旬に、
同校のグラウンドに設置された。
07DSC_2852.jpg08DSC_2865.jpg09DSC_2868.jpg
贈呈式では、土岐織部LC
楓陽光会長(かえで・はるみつ)が、
「卒業式や運動会、教室、作業場など、
何度も見させていただいているが、
いつも感心し、感動することがある。
それは、皆さんが、一生懸命勉強したり、
作業に励んだりする姿が、見られること。
今回は、結成25周年ということで、
少し大きなプレゼントを、
皆さんに贈ることができた。
土岐織部ライオンズクラブは、
グラウンドの外から、
皆さんを応援しています。
先生の言うことをよく聴き、
立派に育って下さい」と述べた。
10DSC_2873.jpg11DSC_2919.jpg12DSC_2913.jpg
児童生徒を代表し、
柘植隆希生徒会長
(高等部2年生・りゅうき)が、
「すてきな遊具を寄贈していただき、
ありがとうございました。
みんなで大切に使わせていただきます」と、
お礼を述べた。
13DSC_2901.jpg14DSC_2906.jpg15DSC_2920.jpg
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年09月19日 (14:18)

やきもの生産日本一をアウトレットでPR【土岐市美濃焼振興室】

土岐市美濃焼振興室(小川美裕室長)は、
土岐プレミアム・アウトレット
(土岐市土岐ケ丘)内の広場に、
陶製灯篭(とうろう)や、
磁器製ランプシェードを並べ、
「やきもの生産日本一の土岐市」
(飲食食器の出荷額が全国1位)をPRしている。
土岐市が、アウトレットで行う、
「明かりのイベント」としては、初めて。
PR期間は、10月10日(水曜日)まで。
01DSC_5201見本02DSC_5222_20180919142940ef0.jpg
陶製灯篭は、
10月20日(土曜日)に開かれる、
「あかりの夕べ」で点灯させるため、
土岐市内の小学生が制作。
磁器製ランプシェードは、
土岐市立陶磁器試験場・セラテクノ土岐が制作し、
ハロウィーンにちなみ、カボチャの形をしている。
03DSC_5224.jpg04DSC_5229.jpg
展示している場所は、アウトレットの中央付近、
ユナイテッドアローズ」の店舗前の広場。
陶製灯篭は18基、
磁器製ランプシェードは12基を、
それぞれ並べている。
いずれもLEDで点灯。
点灯時間は、夕方から閉店まで。
05DSC_5232見本06DSC_5250_20180919142937ad8.jpg
9月14日(金曜日)には、
午後8時から、土岐市職員5人が、
土砂降りの雨の中で、設置した。
07DSC_5259見本08DSC_5271.jpg
ちなみに、今年の「あかりの夕べ」は、
午後4時から午後8時まで、
土岐市図書館(土岐津町土岐口)前、
土岐川河川敷で開かれる。

【写真提供=土岐市】
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2018年09月19日 (12:01)

核融合科学研究所がH30「防災訓練」【地元住民が初見学】

核融合科学研究所
(土岐市下石町・竹入康彦所長)は、
同研究所で、「防災訓練」を実施。
研究者や職員ら、約350人が参加した。
今年は、核融研を避難先にしている、
下石町石拾区小谷の住民らが訪れ、
訓練の様子を、初めて見守った。
01DSC_2599.jpg02DSC_2616.jpg03DSC_2618.jpg
04DSC_2631_20180919123153d0f.jpg05DSC_2636.jpg06DSC_2641.jpg
核融合科学研究所では、
災害などに対応するため、
研究者と職員、計136人で、
「自衛消防隊」を組織。
以前は、「自衛防災隊」としていたが、
平成26(2014)年に、名称を変更した。
この「自衛消防隊」は、
研究関係を主にした「本部隊」と、
大型ヘリカル装置(LHD)関係を主にした、
「地区隊」の2隊に分かれている。
本部隊・地区隊とも、
総務・救護・誘導・工作の各班を置き、
さらに、本部隊には「消火班」を、
地区隊には「現場対応班」を、
それぞれ配置している。
07DSC_2645_20180919123136e5c.jpg08DSC_2651.jpg09DSC_2654.jpg
また、図書館1階にある、
見学者用の広報室を改修し、
「危機管理指揮本部」を常設。
制御室の様子を確認するモニターや、
非常用電話などを置き、
平成27(2015)年から、
運用を開始している。
10DSC_2671.jpg11DSC_2689.jpg12DSC_2693.jpg
13DSC_2728_20180919124444f76.jpg14DSC_2698.jpg15DSC_2713_201809191243175eb.jpg
本日の訓練は、「南海トラフ」により、
震度6弱の巨大地震が、発生したと想定。
土岐市南消防署が協力し、
消防職員4人・消防車1台が出動した。
研究所の職員らは、
負傷者役を、担架で運び出したり、
LHDの状況を、本部に報告したりした。
16DSC_2715.jpg17DSC_2722.jpg18DSC_2742.jpg
核融研の竹入康彦所長は、
「研究者・職員・見学者らが、
300人以上もいる中で、安否確認を、
30分で、完了することができた。
訓練を重ねるごとに、進歩してきている。
今後も、精度を高めながら、より迅速に、
安否確認が行えるように、努めたい。
自衛消防隊のメンバー以外で、
ただ避難するだけの研究者や職員もいるが、
自分が置かれている状況を想像しながら、
もうひとつ高い意識を持って、
防災訓練に取り組んでほしい」と述べた。
19DSC_2754.jpg20DSC_2758.jpg21DSC_2762.jpg
22DSC_2775.jpg23DSC_2782.jpg24DSC_2786.jpg
なお、核融合科学研究所では、
今年の10月11日(木曜日)から、
第2年次となる「重水素実験」を、
開始する予定。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
プロフィール

株式会社東濃ニュース

Author:株式会社東濃ニュース
岐阜県の東濃地方にある土岐市と瑞浪市のニュースを配信。
ホームページは、こちらです!

カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。