スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ325px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ450px以内のバナーが使えます スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます

2017年10月22日 (20:25)

子供素踊りによる「式三番叟」も【萬屋仁兵衛工房に感謝状】

岐阜県重要無形民俗文化財
(指定=昭和33《1958》年)
「半原操り人形浄瑠璃」(半原文楽)が、
瑞浪市日吉町の半原公民館(文楽館)で、
上演された。
01DSC_5603.jpg02DSC_5608.jpg03DSC_5621.jpg
04DSC_5630.jpg05DSC_5632.jpg06DSC_5637.jpg
地元の半原区(三浦優区長・すぐる)が主催し、
30~60歳代の区民ら、26人でつくる、
「半原操り人形浄瑠璃保存会」
(村瀬誠五会長・67歳)のメンバーが演じた。
07DSC_5638.jpg08DSC_5652.jpg09DSC_5661_2017102221552479b.jpg
10DSC_5616.jpg11DSC_5670_20171022215620d8a.jpg12DSC_5684.jpg
半原区では、10月の第4日曜日を、
「半原文楽の日」として、定めており、
毎年、定期公演を行っている。
14回目の今年は、
「式三番叟」(子供素踊り)、
「御所桜堀川夜討・弁慶上使の段」、
「壺坂霊験記・お里澤市山の段」の
3演目を披露した。
13DSC_5691.jpg14DSC_5699.jpg15DSC_5701_2017102221562620e.jpg
16DSC_5710.jpg17DSC_5712_20171022215627382.jpg18DSC_5713.jpg
「式三番叟」では、地元の日吉小学校の児童、
3年生が2人・6年生が2人と、
日吉中学校の1年生が1人の計5人が出演。
今年の5月から、月1回の練習を積んできたが、
9月と10月は、週1~2回、2時間に、
ペースを上げて、仕上げてきた。
児童らが、人形の動きをまねた、
愛らしい「素踊り」を披露すると、
詰め掛けた多くの観客から、
拍手が送られたり、おひねりが飛んだりした。
19DSC_5720.jpg20DSC_5726.jpg21DSC_5730.jpg
22DSC_5735.jpg23DSC_5736.jpg24DSC_5742.jpg
なお、破断・損傷箇所がある人形などを、
愛知県春日井市の木偶師(でくし)、
「有限会社からくり人形萬屋仁兵衛工房」に、
修繕に出していた。
修繕が完了したことに伴い、村瀬誠五会長が、
2代目・萬屋仁兵衛さんに、感謝状を手渡した。

下の映像は、
式三番叟(子供素踊り)」などを収録。
カテゴリ : 動画&特集記事のURL

2017年10月22日 (16:50)

利用者も一緒にバサラ演舞で盛り上がる【東濃ワークキャンパス祭】

障害福祉サービス事業所
「東濃ワークキャンパス」
(土岐市泉町河合・山口清園長)で、
東濃ワークキャンパス祭が開かれた。
01DSC_5592.jpg02DSC_5590_201710221733308ab.jpg03DSC_5505_201710221733345c6.jpg
東濃ワークキャンパスは、
社会福祉法人「東濃福祉会」
(佐々木武彦理事長)が運営。
平成元(1989)年4月に、
知的障害者通所授産施設として、開所した。
平成24(2012)年4月には、
「生活介護事業」と「就労継続支援B型事業」に、
事業を移行し、多機能型事業となった。
現在は、18歳から61歳まで、
45人が利用している。
04DSC_5496_20171022173334bd5.jpg05DSC_5500.jpg06DSC_5498.jpg
07DSC_5546.jpg08DSC_5510.jpg09DSC_5494.jpg
毎年、5月の第3日曜日に、
「東濃ワークキャンパス祭」を開いてきたが、
昨年、平成28(2016)年からは、
10月の開催に、変更した。
10DSC_5555.jpg11DSC_5557_2017102217341149f.jpg12DSC_5561.jpg
13DSC_5549.jpg14DSC_5553_20171022173414b64.jpg15DSC_5568.jpg
会場では、約80種類の手作りパンをはじめ、
クッキーやアロエ、ミニトマト、サツマイモ、
多肉植物など、同所の生産品を販売。
五平もち・焼きそばといった、各種模擬店も並び、
「土岐市青年団体協議会」のメンバーらが、
調理・販売などを手伝った。
また、「はなの木苑」・「土岐やまびこ作業所」・
「ふれあいの里可児」の3つの施設も協力した。
16DSC_5517.jpg17DSC_5527.jpg18DSC_5531_20171022173421b73.jpg
19DSC_5532.jpg20DSC_5538.jpg21DSC_5540.jpg
台風21号が接近し、今年は雨に見舞われた。
昨年に引き続き、恵那市のNPO法人、
「ミニ汽笛(みにきて)明智線」が、
バッテリー式の「ミニ新幹線」を、
走らせる予定だったが、中止になった。
また、ステージイベントのうち、
高校生によるチアリーディングと、
太鼓グループによる演奏も、中止になった。
22DSC_5574.jpg23DSC_5575.jpg24DSC_5581.jpg
室内では、フォークダンスグループ、
「マカレナフィート」が出演。
土岐市の泉公民館で活動しているグループで、
メンバー13人が、軽快な音楽に合わせて、
踊りの輪をつくった。
バサラ演舞(よさこいソーラン踊り)では、
「横道ruffles」と「響艶」が出演。
鳴子を借り、法被を着せてもらった利用者も、
一緒になって、元気に踊った。
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2017年10月21日 (14:29)

雨の中で第33回「美濃焼伝統工芸品まつり」【焼津大物産展も人気】

第33回「美濃焼伝統工芸品まつり」が、
本日、10月21日(土曜日)から、
土岐市泉町久尻の土岐市美濃陶芸村・
土岐市美濃焼伝統産業会館・
志野の里公園で、始まった。
明日、10月22日(日曜日)までで、
時間は、午前9時から午後4時まで。
※悪天候により、屋外の催事の一部が、
中止になる場合あり。
01DSC_5199.jpg02DSC_5207.jpg03DSC_5403.jpg
04DSC_5215_20171021132238d38.jpg05DSC_5234.jpg06DSC_5246.jpg
07DSC_5250.jpg08DSC_5258_20171021132245509.jpg09DSC_5269.jpg
土岐市美濃焼伝統工芸品まつり実行委員会
(委員長=佐々木辰二・
美濃焼伝統工芸品協同組合理事長)が主催。
美濃焼伝統工芸品まつりは、
昭和59(1984)年度から始まり、
今年で、33回目を迎えた
《平成25(2013)年は、台風で中止》。
10DSC_5265.jpg11DSC_5284.jpg12DSC_5303.jpg
13DSC_5290.jpg14DSC_5297_20171021132333bd1.jpg15DSC_5299_20171021132332e78.jpg
16DSC_5225.jpg17DSC_5229.jpg18DSC_5223.jpg
会場では、
東濃地域の11の窯元がテントを並べ、
「伝統工芸品・大窯元市」を開催。
今年は、「若手作家PRブース」が、
人気を集めている。
また、美濃陶芸村では、
7つの窯元が、陶房を公開している。
「スタンプラリー」は、5つの窯元に、
総合案内所を加えた、6カ所で実施している。
19DSC_5309.jpg20DSC_5316.jpg21DSC_5318_20171021132511168.jpg
22DSC_5322.jpg23DSC_5315.jpg24DSC_5475.jpg
25DSC_5327.jpg26DSC_5399.jpg27DSC_5332.jpg
また、「たべもの横丁・『かまぐれ亭』」では、
マツタケ入り五目ご飯と豚汁に、
持ち帰り用の「飯茶碗」をセットにして、
1500円で提供(無くなり次第、終了)。
土岐市と「スポーツ姉妹都市」になっている、
静岡県焼津市の物産展も、人気を集めている。
28DSC_5410.jpg29DSC_5463.jpg30DSC_5417.jpg
31DSC_5421.jpg32DSC_5428.jpg33DSC_5434_20171021132719125.jpg
34DSC_5469.jpg35DSC_5450.jpg36DSC_5447.jpg
台風21号が接近しており、
あいにくの雨に見舞われた。
傘を差したり、雨がっぱを着込んだりした客が、
お目当ての品・掘り出し物を買い求めていた。
37DSC_5461.jpg38DSC_5486.jpg39DSC_5351.jpg
40DSC_5390.jpg41DSC_5385.jpg42DSC_5481.jpg
43DSC_5337.jpg44DSC_5388.jpg45DSC_5371.jpg
佐々木辰二委員長(作家名=晨二・65歳)は、
「現在、伝統的工芸品を取り巻く陶磁器業界は、
消費者の多様化するニーズの変化や、
急激な社会変化のなかで、
大変厳しい状態が続いている。
しかし、日本の文化は、
諸外国から、高い評価を得ており、
国内でも、伝統的なものが、見直されてきている。
特に、土岐市は、やきもの生産日本一を掲げており、
創意工夫を凝らした、ものづくりを行う、
意欲と活力に満ちあふれた、作家が多い。
私たちは、祭りを通じて、ますます精進を重ね、
日本文化の担い手として、これからも頑張りたい。
伝統工芸品の産業を、活性化させるため、
ものづくりを続けていきます」と述べた。
EPSON009.jpgEPSON011.jpg
問い合わせは、
土岐市美濃焼伝統工芸品まつり実行委員会事務局
(TEL0572─55─5527)まで。
カテゴリ : 土岐市記事のURL

2017年10月20日 (17:40)

柳生泰杜さん(妻木小4年)が発明協会会長奨励賞【岐阜県発明くふう展】

岐阜県・岐阜市・一般社団法人岐阜県発明協会は、
「2017年岐阜県発明くふう展」の受賞者を、
決定した。
土岐市・瑞浪市の受賞者は、次の皆さん。
いずれも「児童・生徒の作品の部」。

【金賞・発明協会会長奨励賞】
◎柳生泰杜(土岐市立妻木小学校4年生)
「円測定器」
第55回土岐市発明くふう展では、
「土岐市議会議長賞」を受賞》
※発明協会会長奨励賞(受賞者1人)は、
最高賞の中部経済産業局長賞(受賞者1人)に、
次ぐもの。
04DSC_3510_20170909071714d40.jpg
【金賞・(一社)岐阜県発明協会長賞】
◎下條記綱(瑞浪市立日吉小学校6年生)
「手をかえさなくてもすくえる洗面器・汁だけおたま」
第44回瑞浪市発明くふう展では、
「県知事賞」を受賞》
※(一社)岐阜県発明協会長賞は、
12人が受賞。
04DSC_3922.jpg
【奨励賞】
◎大島千空(土岐市立泉西小学校5年生)
「雨がふっても安心ブレラ」
《第55回土岐市発明くふう展では、
「土岐市教育長賞」を受賞》
07DSC_3534.jpg
【奨励賞】
◎安藤耕平(土岐市立西陵中学校1年生)
「土が落ちる草とり台車」
《第55回土岐市発明くふう展では、
「土岐市長賞」を受賞》
03DSC_3505_201709090717148e0.jpg

2017年10月20日 (15:11)

本年度の「あかりの夕べ」は中止【台風21号が接近】

土岐市土岐津町の住民らでつくる、
「あかりの夕べ実行委員会」
(田端繁道実行委員長)は、
明日、10月21日(土曜日)に、
開催予定だった「あかりの夕べ」について、
本年度は、中止することを、決定した。
web-EPSON006.jpg
あかりの夕べは、
平成17(2005)年から開催しており、
今年で、13回目を迎える予定だったが、
台風21号が接近しているため、
中止を決めたもの。
なお、10月22日(日曜日)への順延も行わず、
本年度の開催は、取りやめとした。

問い合わせは、
土岐津陶磁器工業協同組合
(TEL0572─55─2151)まで。
カテゴリ : 土岐市記事のURL
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ200px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。
スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。 スポンサーを募集しています。この部分には、ワイドサイズ100px以内のバナーが使えます。